爾雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
儒家経典
五経
九経
易経
書経
詩経
礼経
儀礼/周礼
春秋経
礼記
春秋左氏伝
春秋公羊伝
春秋穀梁伝
七経 十二経
論語
孝経
爾雅
十三経
孟子

爾雅(じが Ěryǎ)は、中国最古の類語辞典・語釈辞典。儒教では周公制作説があるが、春秋戦国時代以降に行われた古典の語義解釈を初の学者が整理補充したものと考えられている。訓詁学の書。『漢書芸文志には3巻20篇と記載されているが、現行本は19篇である。

漢唐の古文学清朝考証学において非常に重視され、後には十三経の一つに挙げられている。唐代には開成石経にも刻まれた。

構成[編集]

巻頭3篇は同義語を分類したもの。これらは例えば「初・哉・首・基・肇・祖・元・胎・俶・落・権輿は始という意味である」(釈詁)という形式をとる。「釈詁」篇は古人が用いた同義語を分類し、「釈言」篇は日常語を、「釈訓」篇はオノマトペを主とする連綿語(2音節語)などの同義語を分類している。

以後の「釈親」「釈宮」「釈器」「釈楽」「釈天」「釈地」「釈丘」「釈山」「釈水」「釈草」「釈木」「釈蟲」「釈魚」「釈鳥」「釈獣」「釈畜」は、事物の名前や語義を解説している。

注釈[編集]

注釈には西晋郭璞の注・北宋邢昺疏の『爾雅注疏』(『十三経注疏』所収)、邵晋涵『爾雅正義』・郝懿行『爾雅義疏』などがある。

日本への影響[編集]

日本では律令制大学寮において、『文選』・正史と並んで紀伝道(文章道)の教科書として重んじられた。『爾雅』を規範として平安中期、源順が『和名類聚抄』を編んでいる。また江戸時代、貝原好古が『和爾雅』(1694年)を、新井白石が『東雅』(1719年、「東方の爾雅」の意)を作っている。

外部リンク[編集]