砂州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天橋立(湾口砂州
[1]

砂州(さす)とは、流水によって形成される砂の堆積構造。河口付近では、沿岸流によって形成される細長い堆積地形であり、海岸や湖岸の近くに見られる[1]。岩石海岸が浸食されてできた、あるいは河川から流れ込む砂によって構成される[1]

概要[編集]

日本では一般的に湾口にできた砂嘴が発達し、対岸またはその付近までに至った地形と言われるが、砂州と砂嘴との厳密な区分基準は定義されていない
[1]

砂州には様々な種類があり、湾口砂州湾央砂州舌状砂州環状砂州河口砂州陸繋砂州(トンボロとも呼ぶ)などに分類される。海岸線に沿って伸びるバリアー[2]も砂州と呼ばれることがあるが、日本にはこのタイプの砂州はない[1]。なお、専門書・教科書・辞書によって使用語がかなり異なり、国内外において用語が統一されていない現状にある
[1]

砂州によって隔てられた水域を潟湖(ラグーン)と呼ぶ。陸繋砂州は陸繋島と陸地をつなぐ部分である。

主な砂州[編集]

アジア[編集]

日本[編集]

陸繋砂州

インド[編集]

ヨーロッパ[編集]

陸繋砂州

河川における砂州[編集]

河川では、中規模な河床形態として規則的に出現する砂の堆積、侵食パターンを砂州という。形成は、河幅と水深の比により左右され、おおよそ10倍から20倍程度以上となる河川の区間で出現する。砂の堆積が左岸、右岸交互に出現する砂州を交互砂州。川幅が広がると、交互砂州の組み合わせが進み左岸、右岸の堆積、侵食が同じ場所で生じる複列砂州、さらに複列砂州の組み合わせが進み鱗状砂州となる。大井川では、14列にも及ぶ鱗状砂州が存在している[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]