水道 (地理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水道(すいどう)とは、において陸地が両側に迫って狭くなった通路状の箇所のこと。水の流れる道、あるいは船の通り道という意味。

同様の言葉に海峡瀬戸があるが、これらの間に本質的な違いはなく、同じ海域について海峡・水道・瀬戸の複数の名称を有するものもある(豊予海峡と豊後水道と速吸瀬戸(ただし、豊後水道は豊予海峡南側の海域を指す場合もある[1])、朝鮮海峡と対馬海峡西水道、ドーヴァー海峡とイギリス水道など)。

また、行政上は河川であるが、慣習的に水道と呼ばれている水域も存在する(境水道)。

主な水道[編集]

「水道」と呼ばれることの方が多いものを挙げる。(五十音順)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 瀬戸内海の環境 > エリアでみる > 豊後水道 瀬戸内海環境情報センター