溶岩洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
溶岩洞、米国カリフォルニア州

溶岩洞(ようがんどう、: lava tube)は、火山噴火に伴う溶岩流出により生成される洞窟(洞穴)のこと。溶岩チューブ溶岩トンネル溶岩洞窟ともいう。

成因[編集]

溶岩洞、米国ハワイ州
  1. 溶岩流が流れ下る際、表面が冷えて固まるものの、内部が冷え切らず再移動を起こす場合がある。この際、表面付近で固化した溶岩が抜け殻のように残り洞窟となることがある。流動性に富む溶岩流出の際に特徴的に見られる。
  2. 溶岩流が固まる際に、内部に閉じこめられた火山ガスが地表付近へ向けて噴出し、噴出跡が閉じる前に固まったもの。

溶岩の流出量や流動性(二酸化ケイ素の含有量)により左右されるほか、構造が脆く浸食に弱いことから、地質時代的に新しい山麓でのみ見られる。

上記2つの成因の付加的な要素として、溶岩流が樹木を巻き込み内部で燃え切ってしまった際に、樹木の形に洞窟ができる場合(溶岩樹型)がある。

その他[編集]

日本では、富士山山麓の洞窟群がよく知られている。アメリカハワイ州ハワイ島では、観光のアトラクションになっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]