リアス式海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニーの南、ジョージ川河口に広がるリアス式海岸 シドニーを良港たらしめた重要な地形である
舞鶴湾のリアス式海岸

リアス式海岸(リアスしきかいがん、: ria coast)は、せまい湾が複雑に入り込んだ沈水海岸のこと。リアス海岸リア式海岸ともいう[1]

形成まで[編集]

沈降してできた入り江を、溺れ谷(おぼれだに、drowned valley)という。もともと海岸線に対して垂直方向に伸び、河川により浸食されてできた開析谷が溺れ谷になり、それが連続しての歯のようにギザギザに連なっているような地形をリアス式海岸という。海岸線に対して平行な開析谷が沈水した場合は、ダルマチア式海岸と呼ばれる。海岸線に直角な隆伏の激しい地形が沈水するとリアス式海岸になり、さらに沈水が進むと多島海になる。元々、これらの沈水は谷の周辺の沈降によって起きたと考えられていたが、気候変動などの研究が進み、最終氷期が終わったことによる世界的な海水面の上昇によるものと考えられるようになった。

リアス式海岸の鋸の歯のように複雑に入り組んだ入り江内は、が低く水深が深いため、として古くから使われた。溺れ谷に河川が流れ込み続けるなど、汽水域としての環境もあり、沿岸漁業養殖などの漁業が中心として営まれる。

しかし、陸地は起伏が多く、急な傾斜の山地が海岸にまで迫ることもあり、平地が少ないため、陸路での移動は不便になりやすい。このため、長らく船以外に外部との交通手段がない陸の孤島となっていた所もある。

災害時の被害[編集]

リアス式海岸は、海岸線に対して垂直に開き、湾口に較べて奥の方が狭く浅くなっている入り江なので、沖合では低い津波も波高が急激に高くなり、大きな被害をもたらすことがある[2][3]。そのため、津波を防ぐための高い防潮堤を設けるなどの対策が取られている。また、湾内では一度押し寄せた津波が反射波となり対岸同士を繰り返し襲い、津波の継続時間が長いことも知られている。

用語[編集]

リアス式海岸という名称は、スペイン北西部のガリシア地方で多く見られる入り江に由来する。ドイツ探検家であり近代地形学の草分けであるフェルディナント・フォン・リヒトホーフェン1886年に『研究旅行者への手引き』(Führer für Forschungsreisende)を発行し、この中でガリシア語等で「入り江」を意味する単語であるリア(ría)あるいは、入り江の多い地方の名前(Rías AltasRías Baixas)を元に命名した。ただし、リヒトホーフェンは、海岸線と垂直な方向に伸びる溺れ谷の連続する複雑な形の海岸線をリアス式海岸と定義していた。

1919年アメリカ地形学者のジョンソンは、より広い言葉として沈水海岸を定義し、リヒトホーフェンの定義したリアス式海岸のうち、河川の浸食によってできた開析谷が沈水して溺れ谷となっている場合をリアス式海岸氷河の浸食によってできたU字谷が元になっている場合をフィヨルドと定義し、これが定着した。

リアスは複数形であるがオットー・シュリュータードイツ語版1924年フィヨルドのように単数形を用いたリア式海岸と呼ぶ方が妥当と論じた[1]

日本の学校教育の教材では昭和30年頃から平成20年頃まではリアス式海岸と表記していたが、それ以後はリアス海岸と表記するようになった[4][5]


リアス式海岸の例[編集]

海外[編集]

日本国内[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]