対馬市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つしまし
対馬市
Flag of Tsushima, Nagasaki.svg
対馬市旗
Symbol of Tsushima Nagasaki.svg
対馬市章
市旗・市章、共に2004年平成16年)3月1日制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県 対馬振興局
団体コード 42209-6
面積 709.01km²
総人口 31,634
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 44.6人/km²
隣接自治体 なし
市の木 ひとつばたご
市の花 玄海つつじ
市の鳥 高麗きじ
対馬市役所
所在地 817-0022
長崎県対馬市厳原町国分1441番地
北緯34度12分10秒東経129度17分15.1秒
市役所(2010年11月3日)
外部リンク 対馬市ホームページ

対馬市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

対馬市(つしまし)は、長崎県対馬に位置するである。対馬振興局の所在地。

本項では、地方自治体としての対馬市について記述する。島としての対馬に関する事柄は、対馬を参照のこと。

地理[編集]

清水山から望む厳原市街
(2003年5月3日)
烏帽子岳展望所からの望む浅茅湾
(2003年5月4日)

全体に山がちでほとんど平地は無い。最大の市街地は南東部の厳原地区である。また、九州地方で最も人口密度の少ない市である。

※この項では「けち」という地名に「鶏知」の字を当てているが、「け」の正しい字は旧字体の鶏の字の右側(鳥の部分)が隹である字「雞」を使う。

  • 東端:東経129度30分
  • 西端:東経129度10分
  • 北端:北緯34度42分
  • 南端:北緯34度5分

隣接する自治体[編集]

対馬市は一島一市の自治体であるため陸で隣接する自治体はない。 しかし以下の自治体と海路・空路で結ばれている。

歴史[編集]

明治[編集]

  • 1908年明治41年)4月1日 -島嶼町村制施行により、現在の対馬市の領域にあたる以下の各村が発足する。
    • 下県郡厳原(いづはら)村・久田(くた)村・豆酘(つつ)村・佐須(さす)村・鶏知(けち)村・竹敷(たけしき)村・船越(ふなこし)村・仁位(にい)村・奴加岳(ぬかだけ)村
    • 上県郡峰(みね)村・仁田(にた)村・佐須奈(さすな)村・豊崎(とよさき)村・琴(きん)村

大正[編集]

  • 1919年大正8年)4月1日 -厳原村が町制施行し、厳原町となる。

昭和[編集]

  • 1932年昭和7年)4月1日 -鶏知村が竹敷村を編入する。
  • 1940年(昭和15年)10月17日 -鶏知村が町制施行により、鶏知町となる。
  • 1948年(昭和23年)12月1日 -豊崎村が町制施行により、豊崎町となる。
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月1日 -豊崎町・琴村が合併(新設合併)し、上対馬(かみつしま)町が発足する。
    • 3月1日 -鶏知町・船越村が合併(新設合併)し、美津島(みつしま)町が発足する。
    • 3月20日 -仁位村・奴加岳村が合併(新設合併)し、豊玉(とよたま)村が発足する。
    • 4月15日 -仁田村・佐須奈村が合併(新設合併)し、上県(かみあがた)町が発足する。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 -厳原町・久田村・豆酘村・佐須村が合併(新設合併)し、厳原町が発足する。
  • 1975年(昭和50年)
    • 3月4日 -対馬空港が完成。
    • 4月1日 -豊玉村が町制施行により、豊玉町となる。
  • 1976年(昭和51年)4月1日 -峰村が町制施行により、峰町となる。

平成[編集]

行政[編集]

市長[編集]

  • 初代 - 松村良幸(旧美津島町町長)(2004年就任 1期)
  • 二・三代 - 財部能成(たからべやすなり)(2008年就任 2期目)

市議会[編集]

  • 定数は26人

行政区域[編集]

  • 対馬全域を行政区域とする。

組織[編集]

市役所は旧厳原町・市議会は旧豊玉町・市教育委員会は旧上対馬町に置かれている。これは合併協議会で市役所をどこに置くかで議論され、市役所を対馬の中心地である厳原に置く代わりに、中部の豊玉町と旧上県郡の中心地である上対馬にも機関を置くことで島内のバランスを保とうとしたためである。 また、旧6町役場はそれぞれ市役所の支所となっており、多くの行政サービスを旧町単位で行っている。また、2008年(平成20年)8月より、「支所」を「地域活性化センター」に改称している。

  • 対馬市役所
    • 本庁(厳原庁舎/対馬市厳原町国分1441番地)
      • 総務部(総務課・情報政策課・財政課・管財課)、会計課、地域再生推進本部、観光水産推進本部
      • 市民生活部(市民課・税務課・環境政策部)、パスポート窓口
      • 福祉保健部(福祉課・保護課・長寿支援課・健康保険課・福祉保健センター)
      • 農林水産部(農林振興課・水産振興課・基盤整備課)、建設部(管理課・建設課・北部建設事務所)
      • 水道部水道課、水道局水道課、選挙管理委員会、監査委員事務局
    • 美津島地域活性化センター(対馬市美津島町知甲550番地2)
      • 地域支援課、住民生活課
    • 豊玉地域活性化センター(対馬市豊玉町仁位380番地)
      • 地域支援課、住民生活課、議会事務局
    • 峰地域活性化センター(対馬市峰町三根451番地)
      • 地域支援課、住民生活課
    • 上県地域活性化センター(対馬市上県町佐須奈甲567番地3)
      • 地域支援課、住民生活課、農業委員会事務局
    • 上対馬地域活性化センター(対馬市上対馬町比田勝575番地1)
      • 地域支援課、住民生活課、パスポート窓口、教育委員会
    • 出張所-豆酘出張所、佐須出張所、佐賀出張所、仁田出張所、琴出張所
      • 証明、登録、税納入など。

財政[編集]

対馬市発足後から一般会計予算規模は年々縮小しており、平成16年度(2004年度)は約383億円だったが平成19年度(2007年度)は287.7億円となった。平成19年度の歳入に占める自主財源の比率は19.4%(約56億円)で、うち市税は32億3890万円(歳入の11.3%)、依存財源のうち市債は30億7520万円(歳入の10.7%)である。歳出に占める義務的経費の比率は56.7%となっている。[7]

また、平成19年度の特別会計予算は10会計があり、予算総額は147億4742万円となっている。企業会計予算(厳原市街地での水道事業)は1億1188万円の赤字となっている。[7]

その他[編集]

2009年1月26日、対馬市長と同市会議長は防衛省を訪問し防衛大臣宛てに対馬の自衛隊を増強するように自衛隊誘致・増強提案書を渡した。[8]

県議会[編集]

衆議院選挙区[編集]

経済[編集]

対馬市は長崎県に属するが、経済的な結びつきではむしろ福岡県のほうが強い。近年、高速フェリーの導入や韓国人への短期ビザ免除等で韓国釜山港経由の観光客が急増しており、島の不動産が続々と韓国資本に買い占められている。

漁業[編集]

漁業は対馬市の基幹産業のひとつで、沿岸や日本海でのイカ釣漁が盛ん。その他にもタイブリなどの一本釣漁や沿岸での定置網漁が行われている。主な魚種の漁獲量は以下のようになっている[9]

2003年度の総漁獲量は22,404トン、総漁獲額は140億5100万円である[10]

また、浅茅湾を中心に養殖業が行われており、特に真珠養殖が盛ん。養殖業の主な種別の漁獲額と合計額は以下のようになっている[11]

  • 真珠:33億4800万円
  • ブリ類:8億5300万円
  • 合計:52億5400万円

林業[編集]

対馬は面積の80%以上が山林で、林業が営まれている。の生産が主で「対馬ひのき」としてブランド展開されている。またシイタケ栽培が盛んで、県内生産の9割以上を占める。主な林産物の生産額と合計額は以下のうようになっている[12]

  • 乾シイタケ:34億1510万円
  • 製材用素材:17億6542万円
  • しいたけ原木:9億5830万円
  • 生シイタケ:2億3270万円
  • 合計:71億2082万円

鉱業[編集]

かつては鉱業も盛んだった。対馬銀山は日本で初めてが産出した場所でもある。江戸時代には銀やが採掘された。また20世紀の初頭には厳原町佐須地区に亜鉛鉱山が開かれた。同地区では1960年代には年間20万トンを産出し東洋一の亜鉛鉱山と呼ばれたが、1973年に閉山された。現在、銀・鉛・亜鉛の採掘は行われていないが、厳原町阿須地区で陶石類の採掘が行われている。同地区は年間5万トンを生産し、日本三大産地の一つに数えられている。

姉妹都市・提携都市など[編集]

国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography42209.svg
対馬市と全国の年齢別人口分布(2005年) 対馬市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 対馬市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
対馬市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 58,672人
1975年 52,472人
1980年 50,810人
1985年 48,875人
1990年 46,064人
1995年 43,513人
2000年 41,230人
2005年 38,481人
2010年 34,399人
総務省統計局 国勢調査より

住所表記[編集]

基本的に、合併前は〇〇郡△△町大字××と表記していたものを、対馬市△△町××という表記に変更した。ただし例外も有り、旧・上県郡上対馬町大字葦見は対馬市上対馬町芦見に、旧・下県郡厳原町大字厳原北里/大字厳原東里/大字厳原西里は対馬市厳原町北里/厳原町東里/厳原町西里にそれぞれ変更された。 また、「町」の読みは旧・厳原町のみ「まち」だったが、合併後は他の5町も「まち」に統一されている。 以下、町字の一覧を記す。また、代表的な集落名も記す(一部は日常的に住所表記にも用いられる)。

厳原町
  • 北里(きたざと)
  • 東里(ひがしざと)
    • 阿須(あず)[15]
  • 西里(にしざと)
  • 曲(まがり)
  • 小浦(こうら)
  • 南室(なむろ)
  • 桟原(さじきばら)
  • 宮谷(みやだに)
  • 日吉(ひよし)
  • 天道茂(てんどうしげ)
  • 中村(なかむら)
  • 田渕(たぶち)
  • 今屋敷(いまやしき)
  • 大手橋(おおてばし)
  • 国分(こくぶ)
  • 久田道(くたみち)
  • 久田(くた)
    • 白子(しらこ?)
    • 堀田(ほった?)
  • 尾浦(おうら)
  • 安神(あがみ)
  • 久和(くわ)
  • 与良内院(よらないいん)
  • 豆酘内院(つつないいん)
  • 内山(うちやま)
    • 桃木(もものき)
  • 豆酘(つつ)
  • 浅藻(あざも)
  • 豆酘瀬(つつせ)
  • 佐須瀬(さすせ)
  • 阿連(あれ)
  • 小茂田(こもだ)
  • 下原(しもばる)
  • 樫根(かしね)
    • 日掛(ひかげ)
  • 椎根(しいね)
  • 上槻(こうつき)
  • 久根田舎(くねいなか)
  • 久根浜(くねはま)
美津島町
  • 雞知[16](けち)
  • 根緒(ねお)
  • 洲藻(すも)
  • 箕形(みかた)
  • 吹崎(ふくざき)
  • 加志(かし)
  • 今里(いまざと)
  • 尾崎(おざき)
  • 昼ヶ浦(ひるがうら)
  • 黒瀬(くろせ)
  • 竹敷(たけしき)
  • 島山(しまやま)
  • 大船越(おおふなこし)
  • 久須保(くすぼ)
    • 女護島(めごしま)
  • 緒方(おがた)
  • 犬吠(いぬぼえ)
  • 大山(おおやま)
  • 小船越(こふなこし)
  • 芦浦(よしがうら)
  • 濃部(のぶ)
  • 賀谷(がや)
  • 鴨居瀬(かもいせ)
    • 赤島(あかしま)
    • 住吉(すみよし)
豊玉町
  • 仁位(にい)
  • 佐志賀(さしか)
  • 嵯峨(さが)
    • 水崎(みずさき)
  • 貝鮒(かいふな)
    • 東加藤(ひがしかとう)
  • 糸瀬(いとせ)
  • 和板(わいた)
  • 横浦(よこうら)
    • 塩浜(しおはま)
    • 見世浦(みせうら)
  • 鑓川(やりかわ)
  • 千尋藻(ちろも)
  • 曽(そ)
    • 位の端(いのはし)
  • 卯麦(うむぎ)
  • 佐保(さほ)
  • 貝口(かいぐち)
  • 唐洲(からす)
    • 加志々(かしし)
  • 廻(まわり)
  • 志多浦(したうら)
  • 大綱(おおつな)
  • 小綱(こつな)
  • 銘(めい)
  • 田(た)


峰町
  • 三根(みね)
  • 津柳(つやなぎ)
  • 青海(おうみ)
  • 木坂(きさか)
  • 狩尾(かりお)
  • 賀佐(かさ)
  • 吉田(よしだ)
  • 櫛(くし)
  • 佐賀(さか)
  • 志多賀(したか)
    • 志越(しごえ)
上県町
  • 西津屋(にしつや)
  • 佐須奈甲(さすなこう)
  • 佐須奈乙(さすなおつ)
  • 佐護北里(さごきたざと)
    • 恵古(えこ)
    • 井口(いぐち)
    • 友谷(ともたに)
  • 佐護西里(さごにしざと)
    • 湊(みなと)
  • 佐護東里(さごひがしざと)
    • 深山(ふかやま)
  • 佐護南里(さごみなみざと)
    • 仁田ノ内(にたのうち)
    • 中山(なかやま)
  • 志多留(したる)
    • 田の浜(たのはま)
  • 伊奈(いな)
  • 越高(こしたか)
  • 御園(みその)
  • 犬ケ浦(いぬがうら)
  • 樫滝(かしたき)
    • 越の坂(こしのさか)
  • 瀬田(せた)
  • 飼所(かいどころ)
  • 鹿見(ししみ)
  • 久原(くばら)
  • 女連(うなつら)
上対馬町
  • 河内(かわち)
  • 大浦(おおうら)
  • 鰐浦(わにうら)
  • 豊(とよ)
  • 泉(いずみ)
  • 西泊(にしどまり)
  • 古里(ふるさと)
  • 比田勝(ひたかつ)
  • 網代(あじろ)
  • 冨浦(とみがうら)
  • 唐舟志(とうじゅうし)
  • 浜久須(はまくす)
    • 津和(つわ)
  • 玖須(くす)
  • 大増(おおます)
  • 舟志(しゅうし)
  • 五根緒(ごねお)
  • 琴(きん)
  • 芦見(あしみ)
  • 一重(ひとえ)
  • 小鹿(おしか)


警察[編集]

消防・救急[編集]

美津島出張所、豊玉出張所、峰出張所、上県出張所、上対馬出張所

自衛隊[編集]

対馬駐屯地など(第4師団対馬警備隊
海栗島分屯基地など(西部航空警戒管制団第19警戒隊
対馬警備所佐世保地方隊対馬防備隊
上対馬警備所(上対馬警備所)
下対馬警備所(下対馬警備所)

海上保安庁[編集]

公立病院[編集]

学校教育[編集]

幼稚園[編集]

全部で5園---市立4園、私立1園(2011年4月現在)

市立
  • 厳原幼稚園
  • 久田幼稚園
  • 鶏鳴幼稚園
  • 比田勝幼稚園
私立
  • 親愛幼稚園(旧対馬市立北幼稚園、社会福祉法人 親愛福祉会 親愛こども園)


※規模適正化で統廃合された幼稚園については長崎県幼稚園の廃園一覧#対馬市を参考。

保育所[編集]

全部で24カ所(2011年4月現在)

厳原地区

  • 親愛保育園(社会福祉法人 親愛福祉会 親愛こども園)
  • 厳原南保育所(社会福祉法人 あすか福祉会)
  • 久根僻地保育所(財団法人 厳原愛育会)
  • 佐須へき地保育所(同上)
  • 豆酘僻地保育所(同上)

美津島地区

  • 対馬市立鶏知保育所
  • 対馬市立大船越へき地保育所
  • 対馬市立小船越へき地保育所
  • 対馬市立賀谷へき地保育所
  • 対馬市立竹敷へき地保育所
  • 対馬市立西へき地保育所

豊玉地区

  • 対馬市立豊玉南保育所
  • 対馬市立仁位へき地保育所
  • 対馬市立乙宮へき地保育所
  • 対馬市立小綱へき地保育所

峰地区

  • 対馬市立佐賀保育所
  • 対馬市立三根保育所

上県地区

  • 対馬市立仁田保育所
  • 対馬市立佐須奈保育所
  • 対馬市立佐護へき地保育所
  • 対馬市立久原へき地保育所

上対馬地区

  • 対馬市立比田勝保育所
  • 対馬市立泉保育所
  • 対馬市立一重へき地保育所


※2011年(平成23年)3月-「阿連へき地保育所(財団法人 厳原愛育会)」と「対馬市立塩浜へき地保育所」が閉所した。

小学校[編集]

すべて市立 - 23校(2013年(平成25年)4月現在)


※小規模校が多く、厳原や鶏鳴などを除いてほとんどの学校が1学年1クラス以下(複式学級の所もある)である。なお、旧厳原町立北小学校と旧美津島町立北部小学校は、対馬市発足と同時にそれぞれ厳原北小学校・美津島北部小学校と改称された。一方、旧豊玉町立南小学校は改称されなかったため、市の中部にあるのに南小学校という状況になっている。
※規模適正化で統廃合された小学校については長崎県小学校の廃校一覧#対馬市を参考。

中学校[編集]

すべて市立 - 13校(2013年4月現在)


※小規模校が多く、厳原や鶏知などを除いてほとんどの学校が1学年1クラスである。
※規模適正化で統廃合された中学校については長崎県中学校の廃校一覧#対馬市を参考。

高等学校[編集]

特別支援学校[編集]

社会教育[編集]

ホール・集会場[編集]

  • 対馬市交流センター
  • 対馬市公会堂
  • 美津島文化会館
  • 豊玉文化会館
  • 下対馬開発総合センター
  • 中対馬開発総合センター
  • 上対馬総合センター

公民館[編集]

  • 中央公民館
  • 豆酘地区公民館
  • 厳原地区公民館分館ありあけ会館
  • 佐須地区公民館
  • 美津島地区公民館
  • 豊玉地区公民館
  • 峰地区公民館
  • 上県地区公民館
  • 上対馬地区公民館

コミュニティーセンター[編集]

  • 竹敷地区コミュニティーセンター
  • 美津島自治コミュニティーセンター
  • 玉調コミュニティーセンター
  • 小船越コミュニティーセンター
  • 根緒離島体験施設
  • 糸瀬コミュニティーセンター
  • 仁田地区コミュニティーセンター

資料館・収蔵庫・図書館[編集]

体育施設[編集]

総合運動公園[編集]
  • 厳原総合運動公園
  • 野球場
  • 陸上競技場
  • テニスコート
  • ゲートボール場
  • 対馬グリーンパーク
  • 野球場
  • テニスコート
  • あそうベイパーク
  • 多目的広場
  • パットゴルフ場
  • カヌー・ボート
  • 豊玉総合運動公園
  • 野球場
  • パールドーム(体育館)
  • テニスコート
  • プール
  • 峰総合運動公園
  • 野球場
  • 陸上競技場
  • プール
  • 上県総合運動公園
  • 野球場
  • 体育館
  • 温水プール
  • 上対馬総合運動公園
  • 野球場
  • 多目的広場
  • 体育館
  • テニスコート
  • 弓道場


体育館[編集]
  • 厳原体育館
  • 佐須体育館
  • 美津島体育館
  • 緒方体育館
  • 西地区体育館
  • シャインドームみね
  • 上県体育館
  • 伊奈体育館
屋外運動場[編集]
  • 清水が丘多目的広場
  • 佐賀運動広場
  • かみあがたふれあいの広場
  • 湊浜シーランドステージ
プール[編集]
  • 厳原B&G海洋センター
  • 湯多里ランド対馬温水プール
  • 佐賀水泳プール
  • 志多賀水泳プール
その他体育施設[編集]
  • 日新館武道場
  • 峰弓道場
  • グリーンピア対馬パークゴルフ場

金融機関[編集]

  • 西日本シティ銀行対馬支店(平成25年4月19日(金)をもって廃止。本店営業部に統合。ただし、ATMコーナーは平成25年5月31日(金)まで営業。)
  • 十八銀行対馬支店、美津島出張所、豊玉支店、比田勝支店
  • 親和銀行対馬支店
  • 対馬農業協同組合JAバンク)対馬本店、美津島支店、中対馬支店、上対馬支店
  • 漁業協同組合JFマリンバンク):厳原町漁協、上県町漁協、上対馬南漁協、佐須奈漁協、豊玉町漁協、美津島町漁協、美津島町西海漁協、美津島町高浜漁協、峰町東部漁協
  • 郵便局ゆうちょ銀行)が37局ある。
    • 集配局 13局
      • 厳原局、豆酘局、小茂田局、鶏知局、尾崎局、竹敷局、豊玉局、峯局、対馬佐賀局、鹿見局、比田勝局、小鹿局、琴局
    • 無集配局 14局
      • 浅藻局、厳原宮谷局、伊奈局、大船越局、鴨居瀬局、小綱局、小船越局、佐護局、佐須奈局、志多賀局、曽局、仁田局、水崎局、鰐浦局
    • 簡易郵便局 10局
      • 泉簡易局、厳原久田簡易局、厳原久和簡易局、厳原小浦簡易局、賀谷簡易局、久根田簡易局、塩浜簡易局、下原簡易局、舟志簡易局、一重簡易局

交通[編集]

市内に鉄道軌道は無く、島内交通には専ら自動車が用いられる。

公共交通機関は、対馬交通バスを運行している。また、浅茅湾には市営渡海船(ニューとよたま)が就航している。旧豊玉町から引き継いだもので、豊玉町内の浅茅湾内各地と美津島町樽ヶ浜を結んでいる。

航空[編集]

対馬空港

道路[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

  • 長崎県道24号厳原豆酘美津島線
  • 長崎県道39号上対馬豊玉線
  • 長崎県道44号桟原小茂田線
  • 長崎県道48号木坂佐賀線
  • 長崎県道56号上県小鹿港線
  • 長崎県道64号対馬空港線

一般県道[編集]

  • 長崎県道178号舟志佐須奈線
  • 長崎県道179号グリーンピアつしま線
  • 長崎県道180号舟志宮原線
  • 長崎県道181号比田勝港線
  • 長崎県道182号大浦比田勝線
  • 長崎県道189号鹿見港線
  • 長崎県道192号瀬浦厳原港線
  • 長崎県道197号竹敷鶏知線
  • 長崎県道232号唐崎岬線
詳しくは長崎県の県道一覧を参考。

海運[編集]

港湾[編集]

島外への航路を持つ港湾は、以下の2港がある

国内航路[編集]

国際航路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

レジャー施設・公園[編集]

  • 鮎もどし自然公園
  • 上見坂展望台
  • あそうベイパーク
  • 神話の里自然公園
  • 烏帽子岳展望台
  • 峰町ファミリーパーク
  • 棹崎公園
  • バードウォッチング公園
  • 韓国展望所

海水浴場[編集]

  • 湊浜海水浴場
  • 三宇田浜海水浴場
  • 井口浜海水浴場
  • 茂木浜海水浴場
  • 美津島町海水浴場
  • 青潮の里・尾浦海水浴場
  • 豆酘板形海水浴場

神社・仏閣[編集]

温泉[編集]

  • 厳原温泉(漁り火の湯)
  • 美津島温泉(真珠(たま)の湯)
  • 峰温泉(ほたるの湯)
  • 上対馬温泉(渚の湯)

体験型施設[編集]

  • 体験であい塾「匠」
  • 対馬ふるさと伝承館
  • そば道場 あがたの里

史跡など[編集]

  • 国の特別史跡
  • 国の史跡
    • 金石城
    • 清水山城
    • 対馬藩主宗家墓所
    • 塔の首遺跡
    • 根曽古墳群
    • 矢立山古墳群
  • その他
    • 朝日山古墳
    • 今屋敷の防火壁(県指定有形文化財
    • 旧日新館門(県指定有形文化財)
    • 椎根の石屋根倉庫(県指定有形文化財)
    • 朝鮮国訳官使殉難之碑
    • 対馬円通字宗家墓地(県指定史跡)
    • 対馬藩お船江跡(県指定史跡)
    • 豊砲台跡

博物館[編集]

祭事・催事[編集]

対馬市出身の著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1998年(平成10年)まで北九州市(福岡県)とフェリーで結ばれていた。
  2. ^ 対馬市民球団誕生〜対馬まさかりドリームス〜 (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2005年4月号. 対馬市. pp. 4 (2005年4月). 2008年1月23日閲覧。
  3. ^ 小浦ダムが完成! (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2005年12月号. 対馬市. pp. 2 (2005年12月). 2008年1月23日閲覧。
  4. ^ まちづくりコミュニティ支援交流館(通称:半井桃水館)〜厳原町中村地区にオープン〜 (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2006年8月号. 対馬市. pp. 4 (2006年8月). 2008年1月23日閲覧。
  5. ^ 対馬市交流センター オープン (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2006年11月号. 対馬市. pp. 2 (2006年11月). 2008年1月23日閲覧。
  6. ^ 久田小学校内山分校が閉校 119年の歴史に幕 (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2007年4月号. 対馬市. pp. 12 (2007年4月). 2008年1月23日閲覧。
  7. ^ a b 対馬市公式ウェブサイト|予算・決算|平成17年度
  8. ^ 朝雲新聞「対馬の自衛隊増強を」市長と市議会 1個連隊常駐など要望 2009年1月29日
  9. ^ 2003年度、対馬市市勢要覧 DATA(資料編) (PDF) 56p下段 主な魚種別漁獲量の推移
  10. ^ 対馬市市勢要覧 DATA(資料編) (PDF) 57p中段 漁業種別漁獲量・漁獲額の推移
  11. ^ 2003年度、対馬市市勢要覧 DATA(資料編) (PDF) 57p上段 海面養殖業種別収穫量・収穫額の推移
  12. ^ 2004年度、対馬市市勢要覧 DATA(資料編) (PDF) 55p下段 林産物の生産と生産額
  13. ^ 岐阜県中津川市と姉妹都市縁組を締結 (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2007年12月号. 対馬市. pp. 2 (2007年12月). 2008年1月23日閲覧。
  14. ^ 岡山県瀬戸内市と姉妹市縁組を締結 (PDF)”. 対馬市広報誌『広報つしま』2006年12月号. 対馬市. pp. 2 (2006年12月). 2008年1月23日閲覧。
  15. ^ 北里・東里の各一部
  16. ^ 機種依存文字であるため、「鶏知」で代用することも多い
  17. ^ a b 2011年(平成23年)- 対馬市は第1回市議会定例会において、対馬いづはら病院と中対馬病院を統合し、2014年(平成26年)10月に開院する新病院の建設場所を、美津島町グリーンピアに決定したことを明らかにしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光