砂砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サハラ砂漠(砂砂漠)

砂砂漠(すなさばく)とは、岩石砂漠の周囲に分布する、砂礫でできた砂漠のこと。砂は2mm以下の粒を指す。

砂漠でもっとも分布が広いのは岩石砂漠であるが、日本では観光写真としては砂砂漠砂丘ラクダが歩いている写真がよく使われるため、砂漠というと砂砂漠をイメージされることが非常に多い。アフリカサハラ砂漠では、全体の70%が礫砂漠であり、砂砂漠の部分は20%から30%程度である[1]

世界の砂漠のおよそ20%が砂砂漠である[2]

砂砂漠では砂丘が発達している[3]

なお、鳥取砂丘は砂砂漠ではなく、海岸砂丘である[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 砂漠化について”. ecoecoinfo. 2011年8月21日閲覧。
  2. ^ 砂漠って何?”. 鳥取大学乾燥地研究センター. 2011年8月21日閲覧。
  3. ^ 砂砂漠”. Yahoo!辞書. 2011年8月21日閲覧。
  4. ^ 秋の砂丘をゆく”. 自然公園財団 (2010年9月7日). 2011年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]