海台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海台(かいだい、: plateau)は頂部が比較的平坦で、その広さが100km2以上あり、底部と頂部の比高が0.2km以上ある海底の隆起部。周縁部は比較的急な斜面で限られる場合と、緩斜面の場合がある。

測深技術が未発達で、資料が十分ではなかった時代には、頂上部が平坦であると考えられたものもあったが、最近になって測深技術が発達し、かならずしも平坦ではないものも発見された。

海台の成因はさまざまであり、フロリダ沖のブレーク海台は付近の大陸棚より深い台地で、海流堆積を妨げた結果とされており、ニュージーランド南方のキャンベル海台断層による沈降の結果とされている。ヘス海台では、海嶺三重点の再編成に伴って白亜紀初期に形成され、一部では火成活動構造運動が白亜紀後期まで続いた結果であるとされている[1]オーストラリアニューカレドニア間にあるサンゴ海海台、ベロナ海台は巨大な環礁沈水したものとされており、この他にも大陸性地塊が沈下したものがある。

海台の一覧[編集]

大陸性の海台[編集]

火山性の海台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青木斌ほか 『地球の水圏 : 海洋と陸水』 地学団体研究会編、東海大学出版会〈新版地学教育講座〉、1995年ISBN 4-486-01310-7
  2. ^ Uenzelmann-Neben, G., K. Gohl, A. Ehrhardt, and M. Seargent (1999). Agulhas Plateau, SW Indian Ocean: New Evidence for Excessive Volcanism, Geophysical Research Letters, 26(13), 1941–1944.

関連項目[編集]