海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海峡(かいきょう)とは、陸地によって狭められている水域のうち、定期的な船舶の航行があるもののこと。日本語では「海」の一字が含まれるが、必ずしもに限ったものではない[1]

同義語に「瀬戸」と「水道」がある。これらの語に意味上の本質的な違いはなく、同じ海域について別の語を用いた別称や副称をもつものもある。

海上交通路が絞られるポイント(チョークポイント)である海峡は、その確保や制限(海上封鎖)のために、軍事・国際政治上の焦点となることも多かった。

生物地理学[編集]

陸上生物の移動は往々に海によって阻害される。そのため、海峡は陸上生物の分布の境界となることが多く、いわゆる分布境界線は海峡に引かれることが多い。生物区系の境界も海峡であることは多い。ベーリング海峡旧北区新北区を区切る。

世界の海峡[編集]

日本の海峡[編集]

海峡[編集]

瀬戸[編集]

二見沖から明石海峡大橋を望む(左側に見える陸地は明石あたり
紀淡海峡と友ヶ島(手前から地ノ島、沖ノ島、その向こうが淡路島

水道[編集]

補注[編集]

  1. ^ 五大湖スペリオル湖ミシガン湖結ぶマキノー海峡など。
  2. ^ 小豆島にある世界で最も狭い海峡で、9.93m。ギネスブックにも掲載された。