ジョホール海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポール側から見るコーズウェイ。対岸はジョホールバル。コーズウェイ上には3本の水道管が設置されている。

ジョホール海峡(ジョホールかいきょう、Selat Johor)は、マレー半島南端のマレーシア連邦ジョホール州ジョホールバルシンガポール島との間の海峡であり、マレーシアとシンガポールの国境にもなっている。ジョホール水道とも言う。

概要[編集]

海峡中央部は、ジョホール・シンガポール・コーズウェイ(長堤を意味する英語の一般名詞コーズウェイCausewayが固有名詞的に使われている)が築堤され道路・歩道と鉄道(単線)により結ばれていている。シンガポール側にはウッドランズ・チェックポイントが設けられており、往来が激しい。この長堤のため、船で横断はできない。シンガポールは国土が狭く高い山がないので降雨の貯水や海水淡水化などでは給水量を賄えないため、マレーシアから水を購入しており、その水道管もジョホール海峡を横断する。

1998年には、西部には橋(マレーシア・シンガポール・セカンドリンク)が完成している。

コーズウェイ部分では、鉄道駅JBセントラル駅)・道路インターチェンジなどが引き続き整備中である。 マレーシア側の新しいCIQ施設は、2008年12月より使用を開始した。これに伴いコーズウェイの徒歩による横断は禁止された。 ジョホール・バル駅東側に建設されたJBセントラル駅は、2010年10月に開業した。

また、ジョホール・シンガポール・コーズウェイ脇に新しい鉄道橋道路橋の建設計画があり、完成するとコーズウェイのマレーシア側の一部が撤去され、幅75m・喫水10m・海面上25mまでの船舶が航行できるようになる予定である。