喫水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦首にある喫水目盛
測定目盛

喫水または吃水(きっすい)とは船舶水上にある際に船体が沈む深さすなわち船体の一番下から水面までの垂直距離のことである。普通、わかりやすい様に船首船尾メートル法ヤードポンド法で高さを表示する。なお、水面に接する分界線のことを喫水線(きっすいせん)という。船の積み荷を増やすと喫水は深くなり喫水線も上昇するが当然その分沈没する危険性が高まるため船に載せられる積み荷限界を記した満載喫水線(まんさいきっすいせん)が船体中央部の両舷に表示されている。

参考資料[編集]