ジョホール・バル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョホール・バル駅
Johor Bahru -
所在地 マレーシアの旗 マレーシア ジョホール州 ジョホール・バル
所属事業者 マレーシア鉄道公社
所属路線 ウエスト・コースト線
駅構造 地上駅
ホーム 相対式ホーム 2面2線
開業年月日 1909年7月1日
廃止年月日 2010年10月21日

座標: 北緯1度27分40秒 東経103度45分55秒 / 北緯1.46111度 東経103.76528度 / 1.46111; 103.76528

ジョホール・バル駅 (Johor Bahru Railway Station) は、マレーシアジョホール州ジョホール・バルにあったマレー鉄道の駅。

概要[編集]

KTMインターシティの全列車が停車していた。

シンガポールとの国境駅であり、駅舎待合室南側に出国審査場があり、当駅から乗車するシンガポール行きの旅客の出国審査が行われる。当駅以北からシンガポールに直通する列車に乗車中の旅客の出国審査は当駅停車中に当該列車の車内にて実施される。これ以外のシンガポールとの入出国に関しては、ウッドランズ・トレイン・チェックポイントの「変則的な出入国」を参照のこと。 

当駅の東側にJBセントラル駅が建設されたため、当駅は廃止された。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎は西側の上りホームに面していた。下りホームとは構内の跨線橋で結ばれていた。

駅舎内には、出札口、待合室、売店、出国審査場があった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]