バンダル・タシッ・スラタン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンダル・タシッ・スラタン駅
バンダル・タシッ・スラタン駅
バンダル・タシッ・スラタン駅
Bandar Tasik Selatan
所在地 マレーシアの旗 マレーシア
クアラ・ルンプールバンダル・タシッ・スラタン
所属事業者 マレーシア鉄道公社
ラピドKL
エクスプレス・レール・リンク
駅コード 19600
駅構造 地上駅
ホーム マレー鉄道:2面2線
アンパン線:1面2線
KLIAトランジット:2面4線
開業年月日 マレー鉄道:1995年11月10日
アンパン線:1998年7月11日
KLIAトランジット:2002年7月20日
乗入路線 3 路線
所属路線 ウエスト・コースト線
駅番号  KB04 
キロ程 397.70km(バターワース起点)
所属路線 アンパン線
スリ・ペタリンルート
駅番号  PH5 
キロ程 チャン・ソウ・リン起点)
所属路線 KLIAトランジット
キロ程 KLセントラル起点)
マレー鉄道バンダル・タシッ・スラタン駅ホーム
マレー鉄道バンダル・タシッ・スラタン駅ホーム
ラピドKL バンダル・タシッ・スラタン駅ホーム
ラピドKL バンダル・タシッ・スラタン駅ホーム
KLIAトランジット バンダル・タシッ・スラタン駅全景
KLIAトランジット バンダル・タシッ・スラタン駅全景
KLIAトランジット バンダル・タシッ・スラタン駅ホーム
KLIAトランジット バンダル・タシッ・スラタン駅ホーム

バンダル・タシッ・スラタン駅 (バンダル・タシッ・スラタンえき、マレー語:Bandar Tasik Selatan Station) は、マレーシアクアラ・ルンプール バンダル・タシッ・スラタンにある3路線が乗り入れる総合である。

概要[編集]

マレー鉄道ウエスト・コースト線ラピドKLアンパン線KLIAトランジットの駅が集まっており、それぞれの駅舎が跨線橋で結ばれている。ラピドKLバスのハブになっており、駅前にバス・ターミナルがある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

マレー鉄道[編集]

(Bandar Tasik Selatan Raiway Halt)

相対式ホーム2面2線もつ地上駅である。駅舎はラピドKLの線路を跨いで南東側にある。上下ホームとは構内の跨線橋で結ばれている。

KTMコミューター ラワンスレンバン線の電車が停車する。

のりば
1 KTMコミューター ラワン~スレンバン路線(下り) スレンバン方面
2 KTMコミューター ラワン~スレンバン路線(上り) クアラ・ルンプールラワン方面

ラビドKLアンパン線[編集]

(Bandar Tasik Selatan LRT Station)

島式ホーム1面2線もつ地上駅である。駅舎は南東側にある。ホームとは構内の跨線橋で結ばれている。

のりば
1 アンパン線(下り) スリ・プタリン方面
2 アンパン線(上り) チャン・ソウ・リンスントゥル・ティムール方面

KLIAトランジット[編集]

島式ホーム2面4線もつ地上駅である。駅舎は北西側にある。上下ホームとは構内の跨線橋で結ばれている。

KLIAエクスプレスは停車しない。

駅周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]