ブキッ・ティマ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブキッ・ティマ駅
ブキッ・ティマ駅
ブキッ・ティマ駅
Bukit Timah
(11.75km) シンガポール
所在地 シンガポールの旗 シンガポール
所属事業者 マレーシア鉄道公社
駅コード 38300
所属路線 ウエスト・コースト線
キロ程 772.75km(バターワース起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
開業年月日 1932年5月3日
廃止年月日 2011年6月30日 *
備考 廃止年月日は運行終了日

ブキッ・ティマ駅 (Bukit Timah Railway Station) は、シンガポールにあったマレー鉄道である。

概要[編集]

最初のブキッ・ティマ駅は、1903年1月1日に現在のマレー鉄道の前身であるシンガポール・クランジ鉄道 (Singapore Government Railway) が開業した際に設置された。その位置は、現在の駅より北西にあった。1932年5月3日に、ブキッ・パンジャン (Bukit Panjang) 付近から以南の線路が付け替えとなり、当駅は現在の位置に移転した。

後年は旅客・貨物ともに取扱いを行わず、実質的に信号場としての存在であった。2011年6月のシンガポール国内区間の廃線により廃駅となった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅である。駅舎は線路の西側にありホームに面している。東側に行違線があり、列車交換をすることができる。タブレット交換を行うための係員が配置されている。通過列車ではタブレットの通過授受を行う。出入国管理設備がなく当駅で列車の乗降はできない。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]