タンジョン・パガー駅 (マレー鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンジョン・パガー駅
タンジョン・パガー駅
タンジョン・パガー駅
Tanjong Pagar
-
所在地 シンガポールの旗 シンガポールケッペル・ロード
所属事業者 マレーシア鉄道公社
駅コード 38900
所属路線 ウエスト・コースト線
キロ程 784.5km(バターワース起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
島式ホーム1面2線
開業年月日 1932年5月3日
廃止年月日 2011年6月30日

タンジョン・パガー駅 (マレー語Stesen Keretapi Tanjung Pagar, 英語Tanjong Pagar railway station, 中国語丹戎巴葛火车总站)は、シンガポールにあったマレー鉄道である。シンガポール駅もしくはケッペル・ロード駅と呼ばれることもある。

概要[編集]

マレー鉄道におけるシンガポール領内唯一の旅客取扱駅であった。最初のシンガポール駅は1903年1月1日にフォート・カンニング・ヒル西南の麓に開業。1907年1月21日にタンク・ロードに面したタンク・ロード駅に移転。1932年5月3日ブキッ・ティマ駅以南が付け替えとなり、現在のケッペル・ロードに面したタンジョン・パガー駅が開業した。

なお、MRTに同名のタンジョン・パガー駅があり、当駅の北東約1.5kmに位置する。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のをもつ地上駅であった。終着駅であり、櫛形ホームとなっていた。駅舎ホーム終端の東側に位置し、北側の到着ホームが単式である。南側の出発ホームは島式であったが、ホームの中心が格子柵で仕切られており、内側が出発ホームとして使用されていた。到着線出発線のあいだに、機回し線が1本あった。

出発ホームの終端側には、マレーシア国境検問所があり、マレーシアの入国審査税関があった。なお、1998年8月から当駅が廃止された2011年6月30日まで、マレー鉄道におけるマレーシアとシンガポールの入出国については変則的であった。

詳細は、ウッドランズ・トレイン・チェックポイントの「変則的な出入国」を参照のこと。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

シンガポール領土内においてもマレー鉄道の敷地および線路・駅などの施設は、マレーシアの政府全額出資会社である鉄道資産公社の所有であり、シンガポール政府の委託を受け、運営・運行をマレーシア鉄道公社が行っていた。 2010年5月24日の両国首脳会談で、2011年7月迄の同駅移転が決まり、シンガポール側の終着駅は、2011年7月1日に、国境近くのウッドランズ・トレイン・チェックポイントに移転した。 [1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]