ジブラルタル海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジブラルタル海峡(黒矢印)。
ジブラルタル海峡。左手前がヨーロッパ大陸、右奥がアフリカ大陸。

ジブラルタル海峡(ジブラルタルかいきょう、: Strait of Gibraltar西: Estrecho de Gibraltar)は、ヨーロッパ大陸アフリカ大陸を隔てる海峡。北はスペインイベリア半島)およびジブラルタル、南はモロッコであり、西の大西洋と東の地中海をつなぐ出入り口として軍事上・海上交通上、きわめて重要な位置を占めてきた[1][2]

幅は、イベリア半島最南端のタリファ岬〜モロッコのアルカサル・エ・セリル間が最も狭く14キロメートル、西端のトラファルガー岬〜スパルテル岬の間が最も広く45キロメートルとなる[2]。水深はスパルテル岬沖が最も浅く345メートル、ジブラルタル〜セウタ間が最も深く942メートルとなる[2]。西から東へ毎時4キロメートルの表面潮流があり、塩分濃度の濃い反対流が下層にある[2]

地中海側の両岸の岩山は、古代より「ヘラクレスの柱」として知られてきた[1][2]ゲルマン民族の大移動ハンニバルの侵攻、ウマイヤ朝の支配、イギリス植民地化等、古来から戦略的に重要な位置づけにあった。現在、北岸のジブラルタルにはイギリス軍が、南岸のセウタにはスペイン軍が駐屯し、それぞれは軍港として機能している[2]。現代[いつ?]においては麻薬密輸ルートとしての機能が指摘されている。現在[いつ?]、この海峡の底を通るジブラルタルトンネルが計画中である。

ジブラルタル海峡の形成[編集]

かつて地中海(テチス海)と大西洋は、現在のジブラルタル海峡の北側もしくは南側で連絡しており、ジブラルタル海峡の一帯は陸地であった。約600万年前、何らかの変化により両海の連絡ができなくなり、地中海の塩湖化(メッシニアン塩分危機)が進んだ。それが533万年前に解消された際に、一番低地であった場所が、ジブラルタル海峡であると考えられている。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界大百科事典』第12巻、平凡社2007年、改訂新版、pp.511-512。
  2. ^ a b c d e f 日本大百科全書』第11巻、小学館1994年、第2版、pp.147-148。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度58分18秒 西経5度29分09秒 / 北緯35.97167度 西経5.48583度 / 35.97167; -5.48583

Southern-Europe-Extend-map.png この「ジブラルタル海峡」は、南ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPortal:ヨーロッパ)。