メッシニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メッシニアン(Messinian、メッシーナ期)は、中新世末期を示す時代区分。7.246±0.005百万年前〜5.332±0.005百万年前の間。一つ前はトートニアン。次は鮮新世ザンクリアン

メッシニアン塩分危機[編集]

地中海が一部あるいは完全に干上がった596万年前の地質学上の事象である。19世紀チューリッヒチャールズ・マイヤーアイマー1826年1907年)が石膏層の間の化石を調べ中新世末期のものと同定、その時期をシシリー島メッシーナからメッシニアンと命名した。地中海諸国で認められる岩塩と石膏を含む地層がすべて同時期のものとされた。

1970年には、大西洋深海掘削計画で活躍したグローマー・チャレンジャー号が地中海一帯の海底を調査。その結果、海水の蒸発によって形成された苦灰岩や石膏が広域にわたって堆積していることを確認。海洋地質学の視点からも、大西洋から地中海への海水流入が止まり、一時的に干上がったり塩湖を形成していたことが裏付けられた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]