エウローパ岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジブラルタル海峡から見たエウローパ岬

エウローパ岬英語: Europa Point, スペイン語: Punta de Europa or スペイン語: Punta Europa)は、イギリスの海外領土であるジブラルタルの最南端地点にある

ジブラルタルの岩(ザ・ロック)の末端部南側の土地は平坦で、グラウンドや建物などで占有されている。晴れた日には、地中海西端のジブラルタル海峡を挟んで対岸にあるセウタモロッコリーフ山地などを見渡すことができ、ジブラルタル湾を挟んで対岸にあるスペイン領の町やその海岸線を見渡すことができる。ジブラルタルの旧市街からはエウローパ道路英語版でアクセスすることができる。

主要な建築物には、ハーディングの砲台英語版イブラヒム=アル=イブラヒムのモスク英語版ローマ・カトリック聖母マリア教会エウローパ岬灯台修道女の井戸英語版などがある。エウローパ岬はまた、クリケットジブラルタル代表がプレーするクリケット専用グラウンドを見渡せる唯一の場所であり[1]、2013年にはシコルスキ記念碑が建てられた。

エウローパ岬はダドリー・ウォード・トンネル英語版を通じて、サンデイ湾、カタラン湾などジブラルタルの岩(ザ・ロック)の東側とつながっている。重大な落石から8年後の2010年、トンネルは再オープンした。2011年、ジブラルタル自治政府は440万ジブラルタルポンドを費やしてエウローパ岬の改装を行い、首相のピーター・カルアナによって再開所式が行われた[2]

著名な建築物[編集]

ハーディングの砲台[編集]

今日のエウローパ沈床弾薬庫

エウローパ岬はイギリス人によって自然な防御壁だった崖に要塞が構築されたのと同様に、スペイン人やムーア人の要塞でもあった。絶壁、足や手をかける場所もない断崖、多くの砲台などが地元の兵舎を支えた[3]。今日、ハーディングの砲台はジブラルタル末端部の土地の中心にある。19世紀に建設されたこの砲台は、ジブラルタル海峡の対岸まで800ポンドの投射物を発射できた大砲の規模を明らかにしている。これらの兵器を備えるエウローパ沈床弾薬庫は、今日ではビジターセンターとして使用されている。

エウローパ岬灯台[編集]

エウローパ岬灯台は1838年から1841年の間に、ジブラルタル総督アレクザンダー・ジョージ・ウッドフォード英語版によって建設された。1994年2月には完全自動化されて無人となり、その光は27キロメートルの距離から見ることができる。エウローパ岬灯台はトリニティ・ハウスが担当する最南端の灯台であり[4]、イギリスの外部にある唯一の灯台である。

ジブラルタルの住民は灯台をラ・ファロラ(la farola)と呼び、これはラテン語に由来している。ジブラルタル・アマチュア無線協会は灯台周辺から放送している[5]

イブラヒム=アル=イブラヒムのモスク[編集]

キング・ファハド・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウド・モスク(King Fahd bin Abdulaziz al-Saud Mosque)またはMosque of the Custodian of the Two Holy Mosquesとして知られるモスクがエウローパ岬に建っている。建物はサウジアラビアのファハド国王から贈られ、2年の歳月と約500万ポンドの資金をかけて建設され、1997年8月8日に公式に竣工した。モスクは複合施設であり、宗教学校、図書館、講堂が内包されている。2,000人以上のムスリムを抱えるジブラルタルで唯一のムスリム専用のモスクである。

聖母マリア教会[編集]

聖母マリア教会

1462年8月20日の聖バーナード記念の日、ロドリゴ・ポンセ・デ・レオンに率いられたカスティーリャ王国の軍隊は、ムーア人からジブラルタルを奪還した。彼らはエウローパ岬に小さなモスクを築き、エウローパの守護聖人である聖母を称えたキリスト教会に変えた。1979年に教皇ヨハネ・パウロ2世は、ジブラルタルの守護聖人としてエウローパの聖母マリアの称号を公式に承認し、つづいて教会が修復された。

修道女の井戸[編集]

修道女の井戸英語版は、キートリー・ウェイ・トンネル末端部の反対側にある地下水の古い備蓄庫である。19世紀、地下水はビール製造に使用された。ジブラルタルへの訪問者が使用できるよう、1988年には建物が修復された[6]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gibraltar Oval, Cricket Europe, accessed December 2012
  2. ^ Oliva, F (2011年10月21日). “CARUANA OPENS £4.4m Refurbishment of Europa Point Leisure zone”. Gibraltar Chronicle. http://www.chronicle.gi/headlines_details.php?id=23041 2013年4月24日閲覧。 
  3. ^ Ehlen, Judy; Harmon, Russell S. (2001). The environmental legacy of military operations. Geological Society of America. p. 110. ISBN 978-0-8137-4114-7. http://books.google.com/books?id=kbpS12tpG3AC&pg=PA110 2013年4月2日閲覧。. 
  4. ^ Lighthouses of Gibraltar”. unc.edu. Russ Rowlett and the University of North Carolina at Chapel Hill. 2012年12月18日閲覧。
  5. ^ Gibraltar Amateur Radio, accessed December 2012
  6. ^ Nun's Well « Things To See « Gibraltar”. Gibraltar.costasur.com. 2012年12月19日閲覧。

座標: 北緯36度06分35秒 西経5度20分47秒 / 北緯36.109609度 西経5.34626度 / 36.109609; -5.34626