セウタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セウタ
Ciudad Autónoma de Ceuta
Flag Ceuta.svg Coat of Arms
紋章
スペイン領セウタ
面積
 – 総面積
 
28 km²
人口
 – 総人口 (2008)
 – 人口密度

 78,320
 2688.43/km²
住人の呼称
 – スペイン語

ceutí
自治法 1995年3月14日
ISO 3166-2:ES ES-CE
議席割当
 下院
 上院
1
2
首長 ファン・ヘスス・ビーバス・ララ (PP)
セウタ政府公式サイト

セウタ (Ceuta) は、アフリカ大陸北部にあるスペイン飛地領。ジブラルタル海峡に近い地中海沿岸に位置する。面積28km2、2008年現在の人口は78,320人。

地理[編集]

セウタの地図

スペイン軍が駐留するモンテ・アチョ (Monte Hacho) と呼ばれる丘の周辺に町が広がっている。沖合いの小島、サンタ・カタリーナ島も含まれている。ギリシャ神話に登場するヘラクレスの柱は、モンテアチョか、セウタから西数kmのモロッコ領のヘベルムサ山(Jebel Musa、Jebelはアラビア語で山を表すのでムサ山)のことではないかと考えられている。地中海性気候である。三方を海に囲まれているため夏と冬が温暖で、降雨は不定期である。

アフリカ大陸の旧スペイン領モロッコの一部にあたるため、メリリャ共々、スペインの植民地(海外領土)と言われることがあるが、スペイン政府はユーラシア大陸の本土と同等の領土と見做している。ただし1954年に独立したモロッコは、メリリャなどと共に領有を主張しているが、スペイン側は固有の領土として応じていない。

由来[編集]

セウタの名は、七つの丘を意味するラテン語名Septem Fratresから派生したとされる。

歴史[編集]

セウタ西側の丘から望むセウタの全景

セウタは海上交通また軍事上の要衝として、重視されてきた。紀元前7世紀にはフェニキア人が定住地を築き、アビラと呼んだ。その後この地を占領したギリシャ人は、Hepta Adelphoiと呼んだ。紀元前319年にはカルタゴが支配下においた。紀元前201年、第二次ポエニ戦争でカルタゴが降伏すると、街はヌミディア王国へ割譲された。紀元前47年にはマウレタニア領となった。紀元後40年カリギュラ帝がマウレタニアを併合し、ローマ属州マウレタニア・ティンギタナの都市になった。このときの名はセプティムという。5世紀半ばにはローマ人の手を離れヴァンダル人の支配に帰したが、ユスティニアヌス1世時代に将軍ベリサリウスが占領し、東ローマ帝国領となった。

710年イスラームを奉するウマイヤ朝が侵攻すると、当時の西ゴート王国の知事ユリアヌスは寝返り、イスラム軍に対してスペイン侵略を説いた。アラブ側史料によれば、その背景には西ゴート王ロデリックがユリアヌスの娘に乱暴を働いた恨みがあるという。セウタはまもなくイスラム軍のイベリア半島攻撃の拠点となった。ユリアヌスの死後、セウタの支配はイスラム側に帰した。

788年、モロッコイドリース朝がセウタを占領した。931年、後ウマイヤ朝のカリフ、アブデラーマン3世がイベリア半島にあったカリフ領を征服した。その後、グラナダ王国フェズ王国の係争地となり、カスティーリャ王国アラゴン王国がセウタ攻略に介入することがたびたびあった。

1415年エンリケ航海王子がセウタを奪取し、セウタはポルトガル王国領となった。この攻撃の目的は、この地域一帯からイスラム勢力を駆逐し、キリスト教を振興することにあった。ポルトガル領だった名残は、セウタの紋章がポルトガル王国の国章に酷似している点に表れている。

1580年、ポルトガルのアヴィス王朝が断絶した後、アブスブルゴ朝スペインフェリペ2世がポルトガル王位を継承し、セウタはスペイン領となった。1668年1月1日リスボン条約でポルトガルの独立が再び認められた際、セウタは正式にポルトガルからスペインに割譲された。

18世紀から、ジブラルタルを攻略したイギリス海軍が海から、陸からはアラウィー朝モロッコのスルタンがセウタを脅かした。18世紀には4度、モロッコによって包囲されている。1925年にはカディス県から分離された。1936年にスペイン内戦が勃発すると、軍が蜂起し大した抵抗もなく全権を掌握した。1956年のモロッコ独立に際して、セウタ周辺のスペイン領モロッコはモロッコ領となったが、セウタはメリリャとともにスペイン領で残された。

現代では、セウタはその国際的な性質と、類を見ないヨーロッパの影響で知られ、このため観光客を集めている。

1995年から現在まで、セウタの行政的地位は、スペインの自治権をもつ地方行政区である。セウタはヨーロッパ連合に加盟した一地域になっている。セウタはスペインが1986年にヨーロッパ連合に加盟するまでは自由港だった。現在では欧州通貨システムの中での減税システムをもっている。

モロッコは、スペインがジブラルタルを自国の領土だと主張していることと対比させて、カナリア諸島ならびに自国領土に隣接するセウタおよびメリリャの編入を求めているが、スペイン政府も、セウタ、メリリャの両住民もこれを拒否している。これは、イギリスの海外領土であるジブラルタルが連合王国の一部であったことはないのに対し、セウタとメリリャはスペイン国の一部であることに論拠を置いている。

2007年11月5日、スペイン王室としては80年ぶりに、国王フアン・カルロス1世と王妃ソフィアが公式にセウタを訪問した。

ISO 3166-1はEAをセウタとメリリャに割り当てている。

住民[編集]

スペイン系のキリスト教徒モロッコ出身者が多数を占めるイスラム教徒の他、ユダヤ人、そして少数のパキスタン人やインド人が暮らす。

交通[編集]

スペイン本土のアルヘシラスなどの都市との間には、フェリー便が頻繁に運航されている。また、モロッコの隣接地とはバス自動車で結ばれている。

経済[編集]

セウタ経済は第三次産業に偏っている。農業や牧畜業はごくわずかに行われ、第一次産業で重要なのは漁業となっている。起伏の多い地形、水資源、エネルギー、原材料の不足がセウタの発展を妨げている。第二次産業および建設業は、土地が少ないことから限られている。

見所[編集]

  • アスンシオン・デ・セウタ聖堂 - アラブ時代に建てられたモスクを前身とする。1415年にポルトガルがセウタを征服後、教会へ変えた。
  • 城壁とサン・フェリペ壕 - ポルトガル時代から建設された、海上からの攻撃から都市を守るための防衛設備。
  • アフリカの聖母教会 - エンリケ航海王子によって寄進された。
  • 市役所建物 - 1926年建設
  • グラン・カジノ
  • アラブ浴場 - 13世紀の遺跡
  • ローマ時代後期の教会 - 現在は博物館
セウタ港へ入るユーロフェリー 
サン・フェリペ壕と城壁 
 

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]