無主地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無主地(むしゅち、ラテン語:Terra nullius)は、特定の領主あるいは年貢負担者の定まらない土地である[1]

国際法における“無主地先占”という概念によると、他の国が先にいずれの国にも属していない土地を占拠する上で、自分の領土として領有するようになる[2]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 無主地
  2. ^ 先占

関連項目[編集]