ソコトラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソコトラ島
Satellite image over Socotra island
座標 北緯12度29分20.97秒 東経53度54分25.73秒 / 北緯12.4891583度 東経53.9071472度 / 12.4891583; 53.9071472座標: 北緯12度29分20.97秒 東経53度54分25.73秒 / 北緯12.4891583度 東経53.9071472度 / 12.4891583; 53.9071472
面積 3,796 km²
最高標高 1,503 m
所在海域 インド洋
所属国・地域 イエメンの旗 イエメン
テンプレートを表示
世界遺産 ソコトラ群島
イエメン
ソコトラ群島の地図
ソコトラ群島の地図
英名 Socotra Archipelago
仏名 Archipel de Socotra
面積 410,460 ha
(緩衝地域:1,740,958 ha)
登録区分 自然遺産
登録基準 (10)
登録年 2008年
IUCN分類 Unassigned
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ソコトラ島(ソコトラとう、سقطرى, Suquṭra)は、イエメンハドラマウト県に属するインド洋上の。周辺の島と合わせてソコトラ群島ソコトラ諸島などと総称されることも多い(後述する世界遺産での扱いなど)。

世界遺産に登録される独特の生態系と、その奇観で知られる。 紅海の入り口に位置し、ジブラルタルと並んで地政学的に重要なこともあって、第二次世界大戦やそれに類する戦争を扱った架空戦記などにもしばしば登場している。

地理[編集]

アラビア半島の南300km、アフリカ大陸の東端アシル岬の東北東240kmに浮かぶ。大きさは東西に約100km、南北に約40km。人口42,842人(2004年)。住民のほとんどはアラブ人。もっとも大きな街は北岸沿いにあるハディヴ。島のすぐ西側は、アラビア半島とアフリカソマリア半島に挟まれたアデン湾となっている。 ソコトラ島は群島の主要な島で、ほかに小さな3つの島がある。地形的には海岸の狭い平野と石灰岩台地、そしてハギール(Haghier)山地である。台地はカルスト地形を示し、ハラー(Halah)洞窟が知られる。

年間降水量は約250mmで、そのほとんどが12月から2月にかけてモンスーンによってから運ばれた湿った風が山にぶつかり発生するによるものである。

歴史・社会・産業[編集]

海上貿易の中継地点として、古代からアラブ人インド人ギリシャ人などの商船が寄港し栄えた歴史がある。航路が衰退した現在は農業が中心であり、牧畜としてヤギが島内のほぼ全域で放牧されている。竜血樹から取れる竜血シナバル)は古代ローマ時代から中世欧州、あるいは中国で珍重され、いまでも現地住民の貴重な現金収入だが、竜血樹の繁殖域は減少しつつあるうえ、世界遺産に登録された事により竜血が土産物として扱われるようになったことで仲買人から竜血が買い叩かれる事態が発生している。

住民は南アラビア諸語の一派であるソコトリ語を話す。ソコトリ語は文字を持たないため、言語の消滅が危惧されている。

一時、ソコトラ島は、紅海からインド洋への出口という地理的な要因のため、旧ソ連等の社会主義国家の艦船給油施設が存在した。1967年の独立以来南イエメン領であったが、1990年の南北イエメン合併によりイエメン領となった。

かつてはアデン県に属していたが、2004年以降はハドラマウト県に移管されている。

生態系[編集]

Socotra overview.PNG

ソコトラ島は、超大陸(ゴンドワナ大陸)の分裂でアデン湾が形成した2300万年~500万年前にアフリカ大陸から分離したと考えられている。苛酷な気象条件の下で動植物が独自の系統的進化を遂げ、イエメン本土のあるアラビア半島とは異なった生態系を形成しており、固有種率は極めて高い。そのため「インド洋ガラパゴス」とも呼ばれている。地球温暖化による環境変化や人間による開発などのため、数百種が絶滅を危惧されている[1]

印象的な独特の樹形で知られる竜血樹 Dracaena cinnabari をはじめ、世界で唯一のウリ科の樹木 Dendrosicyos socotranus、幹が巨大な徳利状になり貯水の機能を果たす Dorstenia gigas、乳香を生じる Boswellia dioscorides、原始的なザクロの一種 Punica protopunica など、植物に独自の進化を遂げたものが多く、これらが作り出す独特の景観が島の観光資源ともなっている。 ほか、鳥類昆虫クモ類など、これら植物とともに暮らす動物の固有種も多い。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

ギャラリー[編集]

ソコトラ島の竜血樹
Dracaena cinnabari 
Dendrosicyos socotranus
太く直立した幹の上にいかにもウリ類らしい葉・花・実をつける。 
島の東部にあるハラー洞窟 

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楽園の樹木、危機に(MSN産経ニュース 2007年9月28日)

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg イエメンの世界遺産
World Heritage Sites in Yemen

文化遺産
サナア旧市街 | シバームの旧城壁都市 | 古都ザビード
自然遺産
ソコトラ群島
世界遺産 | アジアの世界遺産 | イエメンの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、イエメンの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。