トーチカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバニアのトーチカ

トーチカロシア語: долговременная огневая точка英語: pillbox)は、鉄筋コンクリート製の防御陣地を指す軍事用語。

日本語では特火点と訳される。英語ではpillbox(携帯用錠剤ケース)などと呼ばれ、掩体壕の一種に分類される。ロシア東欧の一部では、ロシア語の略称からДОТ(DOT)とも呼ばれる。

語源[編集]

語源は、долговременная огневая точкаточка(tochka=「点」)に由来し、直訳すると、「長期的な着火点」を意味する。

概要[編集]

偽の屋根や、描かれたなど、一般家屋に擬装されたスイスのトーチカ

トーチカが城塞と区別される点は機関銃やそれに準ずる自動火器、あるいは小型高性能な火砲の登場でごく小規模な単位で、敵部隊の攻撃を阻止できるようになった事である。

トーチカは一般に円形や方形などの単純な外形で、全長が数メートルから十数メートル程度、銃眼となる開口部を除いて壁でよく保護された防御施設である。土嚢で作った壁の上に丸太類を渡して土を盛り天蓋とするだけでも簡易トーチカとすることができる。特筆すべきはコンクリート製の本格的なもので、榴弾砲の直撃にも耐えうるため、排除が困難を極めるところであり、資材が不十分な場合でも、必要とあれば現地部隊の努力でサンゴ礁の硬い、廃材など、あらゆるものが利用される。一般の家屋を改造してトーチカとすることもある。トーチカの壁には視察用と銃眼を兼ねた必要最小限の穴が設けられている。また、戦車を埋め、砲塔のみを露出させて即席トーチカとすることもある。初めから余剰の戦車/海軍艦艇の砲塔を利用して建築されたトーチカも見られた。

構造の大部分が地面より下になっており、他のトーチカなどに接続される場合の通路は掘り下げられた溝状の塹壕(トレンチ)や、地上からの直接の出入り口がなく地下道によって接続されるもの、さらにはその地下道によって後方の大きな保塁要塞とつながっているものもあった。

トーチカは、正面を向いた銃眼以外にはほとんど穴が空いていないため、視察観測が不能となる死角が多く生じる。このため、通常は複数のトーチカを並べて互いにカバーしあい、敵に対して十字砲火を浴びせられるように配置される。「大西洋の壁」のドイツ軍の一部の機関銃トーチカのように、海岸と正対する位置に(敵の艦砲射撃の的になる)銃眼を設けず、左右斜め前方に射線を形成できるようにしたものを組み合わせ、上陸してくる敵兵を十字砲火で制圧するように設計されているものもあった。

日本においても、遺構として北海道根室市-苫小牧市にかけての太平洋岸に複数のトーチカ群が残されており、硫黄島では、破壊された一式陸上攻撃機を活用した掩体壕の残骸を現在も見ることができる。北方領土には、ソ連がトーチカとして設置したIS-3重戦車が遺棄されている。

また、現在でもシリアなど砂漠平野での戦車戦が予想される中近東諸国では、旧式化した戦車を固定陣地化しているケースもある。

トーチカに対する攻撃方法[編集]

集中砲火で破壊されたサン・マロ鋳鋼製トーチカ
ラ・ロシェルUボート・ブンカー跡。連合軍空襲に備えたものだが、これすら貫通可能な新型航空爆弾も開発された
後方から見た「東方の壁砲塔I型」
砲塔下部が完全に埋められないままで使用されている

戦車航空機といった兵器が登場したばかりの第一次世界大戦当時までは、人間が接近して銃眼から爆薬を投げ込むといった攻撃方法しかなかったため、多数のトーチカ、砲兵陣地地雷原などが有機的に結合する要塞の制圧は難しかった。しかし、各種兵器がより強力に発達した第二次世界大戦では、いくつかの有効な制圧方法が編み出された。

戦車[編集]

トーチカを攻撃する戦闘工兵を、戦車が直接支援する。

空挺作戦[編集]

トーチカの火線の後方に戦闘工兵などが空挺降下して、トーチカの戦闘能力を無力化する。

攻城砲の使用[編集]

通常の砲兵が運用するものよりかなり大きな列車砲のような攻城砲は、長い射程と大きな破壊力を有するため、歩兵戦車が近づけないような縦深陣地群やトーチカ群に対して用いられる。ただし、準備に時間が掛かり、兵站への負担も大きいため、重要な要塞の攻略など、その攻撃対象は限られる。一方、高初速の徹甲榴弾を用いた高射砲の水平射撃や、大型対戦車砲の直接射撃によって破壊することもあった。

艦砲射撃[編集]

艦砲射撃によって沿岸部のトーチカを攻撃する。敵前上陸の必要な上陸作戦では、艦砲による事前準備攻撃が重要となる。

爆撃[編集]

第二次世界大戦では急降下爆撃、現代では誘導爆弾などによるピンポイント爆撃により破壊する。特火点ではない頑強な掩体壕型施設(ドイツUボート・ブンカーイラクの地下軍事施設)に対する、貫通力に優れた地中貫通爆弾による攻撃も行われた。

その他[編集]

  • 前述のように、戦車掩体壕に入れて砲塔だけ出し、トーチカとして代用する例や、旧式戦車などから取り外された砲塔をトーチカの火器として利用する例、パンター戦車の砲塔を使った設置式の対戦車トーチカ「東方の壁砲塔」など、戦車を流用したものも多く見られる。

外部リンク[編集]