鉄条網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄条網
フェンスの上に、乗り越えられないよう忍び返し効果を狙って設置された鉄条網。棘形状のものとカミソリ形状のものが併用されている

鉄条網(てつじょうもう)は、鉄線、特に有刺鉄線で作られた

概要[編集]

鉄条網とは鉄線で作られた柵である。特に有刺鉄線で作られたものは越えようとする者を傷つけるため土地を囲ったり、線やコイル状に配置して障害物とする。人あるいは動物の外部からの進入あるいは内部からの脱走を阻止する。電気を流して感電させる物もある。

常設の物は土地の管理に用いられ、対人と対動物に大別できる。対人の常設鉄条網は施設・土地の警備、特に刑務所軍事基地国境線などに設置される。また仮設の物では戦場に設置される物が代表で野戦築城で欠かせない物である。対動物は野生動物や家畜が境界線を越えることを防ぐためのもので、対人に比べると単純で費用対効果を重視した構造になっている。

軍事利用[編集]

主に陣地の前面に構築され敵歩兵の侵入を防ぐ。構造的に爆風を受け流す(風さえ透過してしまう)ので砲爆撃だけで排除するのは難しく、砲撃なら砲弾を正確に命中させて破る必要がある。一般にはワイヤーカッターや強力ニッパーで切断したり(手間と時間はかかる)、強力な爆弾(バンガロール爆薬筒が有名)で支柱から吹き飛ばす、あるいは戦車で踏み潰すなどする。現代の銃剣にワイヤーカッター機能がついていることが多いのはこのためである。

鉄条網を切断する工具や兵器が無い場合や、多数の兵力で迅速且つ強引な突破を掛ける際には、兵士個人が小銃を腹に当てて鉄条網に覆い被さり(刺さると痛いので)、友軍兵士が鉄条網に覆い被さった戦友の背中を踏んで越える手法を採る場合もある。陣地に対する攻防をモチーフにした映画などでも時折見られる他、現在の陸上自衛隊でも鉄条網の突破法の一つとしてこの方法が訓練されている。また鉄条網に毛布や衣服、板などをかぶせることも有効である。

歴史[編集]

元々は牧場で簡単に設置できる柵の材料として製造されていたが、家畜泥棒などがかかり易くするために各種の棘が工夫され対人用に発達した。

ボーア戦争で英軍が築いた陣地には、塹壕の周囲に鉄条網が張り巡らされて機関銃が配備されており、後の日露戦争第一次大戦で構築された塹壕陣地の原型となった。

日露戦争当時の日本陸軍内に鉄条網についての知識は皆無に近く、旅順攻囲戦で有刺鉄線に遭遇して、始めてその実態が理解された。[1]

第一次大戦の塹壕戦で大々的に使用され戦線が膠着する原因になった。機関銃と塹壕、そして鉄条網の存在が塹壕戦を生んだと言っても過言ではない。この鉄条網を越えるために戦車が発明され様々な工兵装備が開発された。

現代でも各種の鉄条網が代表的な陣地構築資材として使用され続けているため、多くの国で使われている銃剣小銃の一部にはワイヤカッターとしての機能が持たされている。

ブラックジョークのなかには“世界の三大発明”を鉄条網・機関銃・戦車とするもの(あるいは飛行機を加えて四大発明とも)がある。

蒐集[編集]

鉄条網の棘から各民族の性質を見出す意見があり、これを収集・分類する事を趣味とする人達が存在する。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これに対処するため日本軍が用意できた唯一の装備はワイヤカッター(鉄線鋏)だったが、これすらも懇意の外国商人が提供してくれたものだった。
    陸満普大日記 明治42年 「満大日記 自1月 至12月」
    在横浜ファーブルブラント 明治42年1月~明治42年12月 陸軍省
    滿一坤第四〇〇九号 鉄線鋏提供ニ関スル件 砲滿一第一五一号 通牒 官房ヨリブァーブルブラシドへ 七月三日附ボエレル兄第適会ヨリ送付ノ鉄線鋏提供ニ関スル書面正ニ領ス該鉄線鋏ハ頗ル優等ノモノタルハ充分ニ認知セラレ候得共目下我軍ニ於テハ特別ノ考案ニ基ク鉄線鋏ヲ使用致居候ニ付差当ク@文ノ必要モ無之候条様知有之度滿發第五九八二号 追テ見本品ハ当省へ預置候条返戻ヲ要スレハ更ニ申越相成度 大臣宛在横浜[ファーブルブランド]ヨリノ書面訳 拜啓拙者儀ボエレル兄弟商会ヨリ接手致シ候報示ニ従ヒ工商会ノ名義ヲ以テ新式ノ鉄線鋏ヲ閣下二供呈仕候此鋏ハ戦時二於テ通路等ヲ防塞セル鉄線ヲカヲ葷セス切断シ得ルモノ二有之製造者共ノ申ス所二テハ歐洲現存ノ諸式中一モ之二優ルノ良器無之趣二御座候

関連項目[編集]