ミサイルサイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミサイルサイロ(Missile silo)とは、ICBMなどの大型ミサイルを格納する建築物のことである。単にサイロとも呼ぶ。この名称は穀物を貯蔵するサイロに由来すると考えられる。特に地下式サイロはミサイルの外形に合わせた円筒形の細長い穴となっており、上からミサイルを吊り降ろして配備する。敵の攻撃に備えて地下司令設備とともに硬化された(Hardened)施設となっており、至近の核爆発に耐える構造となっている。

サイロ内のタイタンII ICBM。周囲の簀の子は整備用プラットフォームで使用時に倒される。

概要[編集]

最初期の弾道ミサイルは、地表面からの発射方式であり、待機中のミサイルは攻撃に対し、非常に脆弱なものであった。発射システムを地下式サイロとすることにより、待機中や発射準備中のミサイルにおける脆弱性は大きく改善することができる。

サイロの構造としては、ミサイル収納用の鉛直な穴がメインとなっている。これは、コンクリートなどで構成された対爆用の蓋で覆われており、ミサイル発射時にはこの蓋が移動し、穴の上部が開放されることとなる。このほか、サイロには、ミサイルの整備用の通路やロケットの噴煙排気路、ミサイル発射管制施設、場合によっては液体燃料用の燃料タンクが設けられる。

地下式ミサイルサイロの建築は高価なものであり、これらを大規模に運用している国はアメリカ合衆国旧ソ連ロシア)に限られる。イギリスは冷戦初期に計画していたブルーストリークIRBM用サイロ建造を経済的な理由で中止した。フランスは本土南東部アルビオン高原のアプト・セイント・クリストール空軍基地においてSSBS S-3 IRBMの18基のサイロを有していたが、冷戦終結後の1996年にIRBMおよびサイロ運用を停止した。中国は約20機のDF-5(CSS-4)がサイロに配備され運用されている[1]

冷戦期1960年代から建造が開始されている。アメリカ合衆国の初期のICBMであるアトラス初期型は地表に設置するだけで防護措置は何も取られていなかった。アトラスEでは、地上の棺桶型のバンカーに寝かせて配備されるようになった。後期型のアトラスFやタイタンIを配備した頃よりサイロの運用が行われるようになっている。

冷戦終結後、アメリカでは不要となったタイタンIIICBMやピースキーパーICBMが使用していたミサイルサイロが売却され、倉庫や民間人が所有する個人住宅となっているものもある。アリゾナ州ではサイロが博物館(The Titan Missile Museum)として開放されている。

旧ソ連(ロシア)では第二次戦略兵器削減条約(START-II)で使用が禁止されたR-36M重ICBM(SS-18)用のミサイルサイロは爆破された上で埋め立てられて二度と使用できないようにされた。条約で再利用が認められた一部のサイロはコンクリートを充填して全長を短くし、より小型のRT-2PM1トーポリM(SS-27)ICBM用に利用されている。しかしながらSTART-II自体の履行が完全ではなかったこともあってサイロの廃棄は一部にとどまり依然として多くのR-36が配備されていると考えられている。

発射方式[編集]

サイロにおけるミサイル発射方式ついては、ホットローンチ方式とコールドローンチ方式がある。アトラスFやタイタンIなどの初期のホットローンチ方式は、推進剤の充填を行ってから地表までミサイルを移動させ発射する方式であった。その後の即応性を高めたホットローンチ方式では、ミサイルサイロ内でミサイルのロケットエンジンに点火される。そのため、サイロ内部が高温のロケットエンジンの排気に晒されて損傷・破壊される。

コールドローンチは高圧ガス(水蒸気等)によりミサイルをサイロ外へ射出し、サイロ外の一定の高度に到達した時点でエンジンを点火する方式である。この方式であれば、サイロは高熱に晒されることも無く、ミサイル発射後も機能に問題を生じず、迅速な再利用が可能とされていた。アメリカではピースキーパーがコールドローンチ方式である。

ミサイルサイロ内で整備中のミニットマンII ICBM

参考文献[編集]

関連項目[編集]