ピースキーパー (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイロから発射されたピースキーパーICBM。アメリカで最初にコールドローンチ方式[1]を採用したピースキーパーICBMの発射にあたっては、最初に高圧ガスによってサイロからミサイルが打ち出され、一定の高度に到達した時点でミサイルの推進エンジンに点火されてミサイルが上昇を開始する。従来のホットローンチ方式ではサイロ内でミサイルのロケットエンジンに点火されるためサイロ内部が高温のロケットエンジンの排気に晒されて破壊されてしまうが、コールドローンチ方式であればサイロはミサイル発射後も機能に問題を生じることが無く再利用が可能とされていた。
W87核弾頭を搭載するMk.21再突入体の搭載要領を示したピースキーパーの透視図。ミサイル先端のフェアリングが透視されて中の再突入体の搭載状況が示されている。

LGM-118A ピースキーパー(Peacekeeper)はアメリカ空軍がかつて運用していた、大陸間弾道ミサイルである。マーティン・マリエッタ社が主契約者となり生産された。START-IIモスクワ条約の締結により2002年に退役が決定、2005年9月15日に退役・廃棄が完了している。

概要[編集]

ミニットマンの後継として、1966年よりBGM-75 AICBMが検討されていたが、これは1967年にキャンセルされた。あらためて1972年より、後継ミサイルの開発が開始されている[1]。開発時には、実験的ミサイル(Missile-eXperimental)の略称としてMXと呼ばれていた。生残性を高めるために競馬場方式(Racetrack)とよばれた地下坑道を常に移動する配備方式[1]空中投下・発射方式[2]なども検討されたが、費用対効果の面から1976年に従来型のサイロ発射式と決まり、1982年にピースキーパー(平和維持者)と命名されている。1983年6月17日にミサイル発射、弾頭投下の実験に成功、1986年に配備が開始され、1988年に全50基の配備が完了した。

全ミサイルの配備場所はワイオミング州フランシス E. ワーレン空軍基地に展開した第90戦略ミサイル航空団(90SMW)であった。なお、1986年からは再び、移動配備として鉄道移動方式も検討され、1992年までの実用化を目指していた。しかし、冷戦終結に伴い1991年にキャンセルされ、結局実用化されなかった[1]

MIRV方式のミサイルであり、核出力300 ktW87核弾頭を格納しているMk.21再突入体を10個搭載した[1]。なお、ミサイルの能力的には11個の弾頭運搬能力があったが、第二次戦略兵器制限交渉による制限によりICBMには10個までしか弾頭を搭載できないために、弾頭10個での運用となった。

ピースキーパーミサイルは固体ロケットロケットエンジン三段と液体燃料エンジンによるバス、またはPost Boost Vehicle(PBV)と呼ばれる最終段一段の計4段からなっており、固体ロケットによって宇宙空間まで打ち上げられ、液体ロケットによるバスによって各弾頭をそれぞれの目標位置まで運ぶようになっている。ミサイルサイロからの発射はコールドローンチ方式で、圧縮空気によってサイロからミサイルを排出したあとに上空でロケットエンジンに点火されることとなっていた。この方式の採用により、ミサイル発射後のサイロの再利用が可能となった。

START-IIはMIRV方式のICBMを全廃することを目指していたために、ピースキーパーは削減対象と考えられた。START-IIは完全履行されなかったものの、モスクワ条約に則り、過大な核戦力とされ、2005年までに退役した。

退役したミサイルは、オービタル・サイエンシズ社が取得し、使い捨て型ロケットミノタウロスIVとして人工衛星打ち上げ用に転用されている。また、再突入体/弾頭部はミニットマンICBMの近代化部品として再利用されている。

主要諸元[編集]

  • 全長: 21.6 m
  • 直径: 2.34 m
  • 発射重量: 88,450 kg
  • 機関:
  • 射程: 14,000 km
  • 半数必中界 (CEP) : 100 m以下

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]