すのこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すのこ

すのこ簀子、簀の子)は太いの角材の上に薄い木の板を直角に打ち付けたもの。

外見が似ているが、資材や荷物を移動・運搬する際に使用される木製の台はパレットといい、すのことは別の物である。(構造や強度が違う)

三重県の一部地方では「さな板(いた)」、愛知県などでは「ざら板(いた)」、滋賀県では「みざら」とも呼ばれている。

滑り防止のため風呂場の床に敷いたり、湿気による収納物のカビ発生予防のために押入れの床部に敷いて使われている。


防湿の為のすのこ[編集]

湿気予防においては、空気の流通が行われる(対象物が放湿した湿気を含む空気が、乾いた空気と入れ替わる)ようになることがまず大きい。次に、木は水気を吸い取りそれを発散させるので、すのこは湿気の多いところで重宝される。

最近は敷き布団の下に敷く為のすのこや、従来のマットレスをすのこと布団に置き換えた「すのこベッド」も登場している。

すのこの材質は主にひのきが使用される。ひのきは水気に強く、材質強度に粘りがあるため割れにくいと言われている。もっとも、通気性・吸湿性の面では他の木材でも同様の効果が得られるので、放湿面から見れば必ずしも高価な檜材にこだわる必要はない。

パソコン用のすのこ[編集]

ノートパソコンゲーム機の冷却を目的とした、アルミニウム製のすのこも存在する。これらの機器の底面の脚は可搬性・安定性の為に極めて短く、底面の空気流動性は大きくはない。通常の機種ではそのままで支障はない。しかし、高性能(≒高発熱)な機種等で冷却が追いつかない場合には、1)熱くなった筐体の底面を流通する空気と触れさせて放熱を少しでも促す為 2)底面にある吸気口の抵抗軽減の為 のいずれかまたは両方の為に、すのこを使用するユーザが居る。

しかし、実際の効果はそれほど大きなものではないようである[1][2]


脚注[編集]

関連項目[編集]