十字砲火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十字砲火の図

十字砲火(じゅうじほうか、英:Crossfire、別名:interlocking fire)とは機関銃のような連射火器を使用した戦法の一つで、二つの火器から放たれる火線が交差(Cross)するところからクロスファイアと呼ばれる。 この戦法は第一次世界大戦で登場した。

概要[編集]

防御において大きな効果を発揮する戦法で、相互支援原則に従った武器の配置例の代表格であり、相互にお互いを支援しあうことで攻撃側が防御側陣地へ到達することを困難にしている。塹壕有刺鉄線地雷と組み合わせることで防御力は飛躍的に高まり、現代でも攻略することが困難な戦法である。 また、前面からだけでなく側面からも銃弾が飛んでくるので、うまく隠ぺいされ、知らずに射程内へ入った場合、回避の難しい戦法である。 なお、集団でおこなう場合、互いの銃弾が味方に当たらないように注意する必要がある。

関連項目[編集]