クサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クサール (アラビア語マグリブ方言: قصر, ksar/qsar, クサル) は、マグレブオアシス住民の伝統的村落。一般的にはモスクを中心に家や穀倉が配置され、しばしば城壁で囲まれた。また、防御を容易にする目的で、山に形成されることもある。建材には、日干し煉瓦が用いられるのが普通で、石が併用されることもある。

「クサール」という表記は英語・仏語表記からの転訛で、現地での発音は「クサル」に近い。クサルはアラビア語قصرqaṣr, 「城」)のマグリブ方言で、複数形はクスールقصور, ksour)である。ベルベル語で対応するのは、アグレム(単数形)/ イグレム(複数形)である。マグレブでは地名にも使われ、特にアトラス山脈サハラ側やドラー川渓谷で広く使われた。

スペインに見られる地名アルカサルも本来は要塞だったことから、このアラビア語に由来する名称がついたのである。

地名としてのクサール[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]