バーベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
濃いピンク部分が装甲部分で、そのうち砲塔基部の薄い灰色の円筒部がバーベット部。
フランス海軍の装甲艦ル・ルドゥタブルの露砲塔。大砲と砲員を囲む輪がバーベットの上端。

バーベット (barbette) とは、主に軍艦搭載用の砲台構造の一種で、上甲板に突き出した円筒形の装甲部を指す。その頂部に火砲が設置される。

近代的な砲塔式の軍艦では、バーベット部の上に砲塔の旋回部分が設置される。

バーベットの内部には、エレベーター状の揚弾筒など、弾薬庫から砲弾・装薬を揚荷するための設備が保護されている。バーベットは、内部に弾薬がある関係で被弾した場合の危険度が高いため、舷側の垂直装甲、甲板の水平装甲とならんで戦艦の装甲では重要視される。

露砲塔[編集]

露砲塔とは、火砲の装填機構や旋回・俯仰角機構を収めた基部のみをバーベットの装甲で覆う型式を指す。現在の砲塔形式とは違い、完全な砲塔にはなっていない。19世紀後期の装甲艦などに見られた。弾薬の装填は砲を最大仰角にしてから行った。

この時代の艦砲は現在と異なり、直接照準の水平弾道で撃ち合ったので、防御も砲員を守るため砲部の基部のみとし、水平方向以外からの脅威は考えられていなかった。基部から上は吹き晒しの露天式、もしくは命中弾の断片(スプリンター)に対する防御ができる程度の装甲でできたお椀状の屋根(フード)をつけた。

しかし、次第にスプリンターの脅威が増すとともに、大砲の射程が伸びて砲弾の落下角度が大きくなり、砲の上部の防御が不十分に成ったため、本格的な砲塔に移行した。

露砲塔を主兵装とする軍艦は、バーベット艦、あるいは露砲塔艦とも呼んだ。フランス海軍の装甲艦「ル・ルドゥタブル」やイギリス海軍前弩級戦艦ロイヤル・サブリン級」などは露天式だった。清国海軍の「定遠型」やイタリア海軍の「デュイリオ級」はフード付きだった。

関連項目[編集]