日本の城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本の城(にっぽんのしろ・にほんのしろ)では、日本国内に築かれたについて解説する。アイヌのチャシや琉球王国・古琉球のグスクについても一部解説する。

日本における城は、古代環濠集落から石垣天守を持つ近世の城まで多様なものが含まれる。幕末台場砲台も、城に含めることがある。造営は、土塁を築く普請(ふしん、土木工事)と、を造る作事(さくじ、建築)からなる。屋敷や天守も作事に含まれる。

中世の日本では、主に戦闘員である武士がいた。大名などの居城では、その家族も内部に住み、日常の世話をする女性もいた。大きな城郭では、周囲の町も取り込んだ外郭を築くこともあった。近世の1615年一国一城令が発布されるまでは、城は各地に多数存在し、のような小さなものも含めると数万城あったといわれる。中世・近世に、平地に築かれた館や館造りの陣屋等は城には含まないものの城郭構の陣屋や館、少しでも城に近づけて造られたものは、城とすることがある。

“しろ”の語源[編集]

漢字「城」(音読み:じょう)を訓読みで“しろ”と読むようになったのは、(遅くとも)室町時代であった。

現在では「城」という字をで“しろ”と読むが、かつては“しろ”という大和言葉は存在しなかったと思われる。古代から中世初期までは、「城」のほかに「」という字も用い、ともに“き”と呼ばれていた(→城 (き))。たとえば、大宰府のそばにある大野城は“おおののき”であり、山形県出羽柵は“いではのき”であった。

しかし、延暦13年(794年)11月15日に“やましろ”と訓じられていた山背国が山城国に改名されると、「山城」という語を“やましろ”と読むようになる。その後、山に城を造って領国を守る時代が訪れ、中世後期には「城」は“しろ”と読まれた[1]文明6年(1474年)の文明本『節用集』には、「城」に“シロ”の訓がある。

歴史[編集]

古代まで[編集]

大規模環濠集落跡の吉野ヶ里遺跡(佐賀県)

弥生時代の日本には、集落に濠をめぐらせた環濠集落や山などの高いところにつくられた要塞集落である高地性集落が数多く存在したが、政治的統一が進むにつれて衰退した。

城の文献上の初見は、664年天智天皇が築いた水城(みずき)で、この時代には文献に見えないものも含め多数の城が九州北部から瀬戸内海沿岸に作られた。また、蝦夷(えみし)との戦争が続いた東北地方では、7世紀から9世紀にかけて多賀城出羽柵秋田城などの軍事拠点と行政拠点を兼ねた城柵が築かれた。これらの城は、中国風の城壁都市の概念から来るものであり、国府として用いられたが、城壁建築技術が低かったため、柵などを築くことで代用している。これらの城は律令制が崩れると共に廃れ始め、武士の時代に築かれ始めたものが戦闘拠点としての狭義の城である。

中世[編集]

平安時代後期・鎌倉期の城[編集]

中世の日本では、武士の平時の居住地への防護と、戦時に険阻な山に拠る際の防護と、2つの必要から城が発達した。平安時代後期、治承・寿永の乱においては『吾妻鏡』や『平家物語』、『山槐記』などの記録史料・日記に城郭の存在が記され、この頃の「城郭」は堀・掻盾。逆茂木など敵の進路を遮断するために設置したバリケードであると考えられている。

戦国時代の城[編集]

  • 戦国時代初期まで「城」と呼ばれるものは圧倒的に後者の山城が多かった。領主の居城では、外敵に攻められた際、領主は要塞堅固の山城へこもり防御拠点とした。この場合の山城は麓の根小屋に対して、詰めの城と呼ばれた。
  • 前者の領主が平時に起居する館は、麓に建てられた。地域によって「根小屋」「館(やかた/たち/たて)」「屋形(やかた)」などと呼ばれ、周囲に堀を巡らし、門に櫓を配置するなど、実質的に城としての機能を備えていた。周囲には、家来の屋敷や農町民の町並み(原始的な城下町)ができた。

戦国時代中期から城の数は飛躍的に増大し、平地に臨む丘陵に築いた平山城(ひらやまじろ)や平地そのものに築いた平城(ひらじろ)が主流となり、防御には優れるが政治的支配の拠点としては不向きであった山城は数が減っていく。

また、この時期の特徴としては「村の城」とも呼ばれる施設が全国的に造られたことも挙げることができる。これは戦乱が日常化したため、地域の住民が戦乱発生時の避難施設として設けたもので、時には領主への抵抗運動や近隣集落との抗争時に立て籠もる軍事施設としても機能した。これらの施設は山頂に平場を作事するなど純粋な軍事施設の「城」に比べると簡素な造りで狭小であることが多い。

近世[編集]

現在の城のイメージの中心となる石垣天守などの形式は、室町末期以降、特に松永久秀多聞山城信貴山城を築城した前後や織田信長安土城を築城した前後の時代に発生したと考えられている[2]。その後豊臣秀吉により大坂城伏見城などが築かれ、天守に石垣、枡形や馬出しを備えた城門といった一般的イメージでの「城」が完成し、日本の城郭文化は栄華を極めた。この形式の城郭を歴史学上、織豊系城郭と呼ぶ。織豊系城郭は全国的に作られたわけではなく、その名称のように織田信長、豊臣秀吉麾下の諸大名が主に建設した。東北関東四国九州戦国大名達は各地の実情にあわせた城郭を築いている。豊臣、徳川政権は各地の大名に天下普請として自己の城郭建設を積極的に請け負わせた。このことにより、織豊系城郭の手法が広まり、一部取り入れた折衷型城郭に移行したりしている。また、地方に配置された譜代大名が純粋な織豊系城郭を建設する例も多く見られる。織豊時代の城の外壁は土壁や板塀、黒塗り(柿渋)の物が殆どで、現代の人々が日本の城の外壁の色として考える白色は徳川家康江戸城以降に一般的になったと言われているが、これは当時の漆喰が水分に弱く、外壁の塗装としては維持に手がかかることが理由の一つとされる。

日本で最後に江戸幕府の許しで再建された松山城本壇(天守曲輪)

江戸時代になり、一国一城令が発令されたため、原則一大名家に付き一城を残し多くの城は破却された(「城主大名」も参照)。破却された城の多くは、中世的な山城であった。各大名は近世的な支配秩序を確立するために、積極的に家臣達の城を破却し、己の城下に集住させた。城は軍事拠点との意味付けより、政治の拠点、領主の権威と権力の象徴、地域のランドマークとしての意味が強くなる。さらに、家臣たちを集住させ、領国の経済拠点として商工人も集住させ、近世的な城下町が成立する。現在、城下町と呼ばれているところの多くが慶長年間に成立しているのも、この流れによるものである。近世城郭の多くも慶長年間に建設された。しかし、城や天守などが火災などで焼失することが多かったが、多くのは次第に財政難に陥ったり、武家諸法度などの幕府による締め付けもあって再建が許された例は数少ない。

江戸時代に存在した陣屋と呼ばれる施設や、幕末に外国船への対策として日本各地に築かれた台場砲台も城の一種である。また、大砲戦に対応した西洋式築城の影響を受けて、五稜郭四稜郭など稜堡式要塞の影響を受けて築城された城もいくつか存在するが、五稜郭以外は、工期・予算を大幅に短縮又は圧縮されてとても実戦に耐えうるものではないもの、廃藩置県により工事が中止になったものがほとんどである。

近代以降[編集]

現存天守の例:高知城(手前は現存する本丸御殿)

明治時代に入ると、各地の城郭は、1873年(明治6年)に布告された廃城令による破却や管理放棄に伴う焼失、更には大日本帝国陸軍による資材の接収による崩壊などが進んだ。城跡には引き続き役所が置かれたり、新たに公園や神社が設置されたことが多かったが、主要都市ではほぼすべての城跡に大日本帝国陸軍が駐屯した[3]。それら駐屯地となった城跡は、大東亜戦争中に米軍の標的とされ、空襲原子爆弾等により、名古屋城岡山城和歌山城広島城などの戦前に国宝(現在の重要文化財に相当)として指定されていた天守や櫓、門など、多くの現存していた江戸時代以前の城郭建築が損失した。現在は、姫路城や高知城などの現存12天守や、大坂城や名古屋城などに一部の櫓や門などが現存する。また、城郭のなどは、天守に比べれば、火災や戦災を免れて残存しているものが多く、ほとんどが重要文化財に指定されている。

復興と復元[編集]

木造による復元天守の例(大洲城天守

昭和の戦前より城郭建築の復興事業、特に天守の建設が行われ、洲本城上野城などに模擬天守、大坂城には復興天守が建てられた。昭和戦後も、昭和29年(1954年)の富山城模擬天守建設以降、「天守閣復興ブーム」[4]や「お城復興ブーム」[5]などと呼ばれる昭和30年代、同40年代を中心に、主に天守の復興が多く行われたが、竹下政権ふるさと創生事業が実施された1988年以降には文化庁などの方針によって史跡での再建行為が忠実なものであることが求められるようになると、平成2年(1990年)の白河小峰城三重櫓の木造復元以降は、資料に基づいた木造での復元や復興が原則となった。また、掛川城天守、熊本城の城郭建築群、篠山城大書院など、資料に基づく復元事業が行われ、この時期を「平成の復興ブーム」[4]や「第2次復興ブーム」[5]など呼んでいる。この時期では、天守に限らず、櫓や城門、御殿、土塁、石垣などの復元、また出土した中世・戦国の城郭を再現した事例がある。しかし、伝統的な技法での復元工事では、建築基準法や消防法等に抵触するため、門や櫓は人の立ち入りが制限されたり、天守に至っては高さや防災上の規制により建築自体ができないなどのジレンマもあったため、近代的な技法を一部導入したり、仙台城の三重櫓のように再建計画自体が断念される事例もある。復元された建物内部は、概ね郷土博物館や歴史資料館として一般開放されていることが多い。

復元天守・復興天守・模擬天守・天守閣風建物の各詳細に関しては近・現代の天守建設を参照のこと。


構造[編集]

地勢による分類[編集]

江戸時代の軍学者による地勢に基づく城の分類には、「平城(ひらじろ)」・「平山城(ひらやまじろ)」・「山城(やまじろ)」・の3つがある。これらの区別は明確ではない。

縄張[編集]

築城に際しての基本設計を縄張(なわばり)あるいは径始・経始(けいし)といい、その中心は曲輪の配置にあった。“縄張”の語源も曲輪の配置を実地で縄を張って検証したことに由来するとされる。近世に入ると、軍学者たちにより、様々な分類・分析がなされた。縄張の基本的な形式としては、曲輪を本丸・二の丸・三の丸と同心円状に配置する「輪郭式(りんかくしき)」、山や海川を背後におき(後堅固)本丸がその方向に寄っている「梯郭式(ていかくしき)」、尾根上などに独立した曲輪を連ねる「連郭式(れんかくしき)」などがあるが、実際にはそれらの複合形を取ることが多い。

曲輪[編集]

堀や土塁・石垣で囲まれた区画を曲輪[6](くるわ)といい、城はこの曲輪をいくつも連ねることで成り立っていた。江戸時代には(まる)ともいわれた。防御の中心となる曲輪は本丸(=本曲輪・主郭)であり、他に二の丸・三の丸が設けられることが多かった。城によっては、櫓曲輪・水手曲輪・天守曲輪・西の丸(大名の隠居所)などが設けられることもあった。馬出(うまだし)が大規模化したものを馬出曲輪、ある城に隣接している独立性の高い曲輪は出曲輪・出郭(でぐるわ)、出丸(でまる)という。大坂の役真田丸熊本城の西出丸といったものがある。

一般に山城では各曲輪の面積が狭く設置可能な施設は限られていたが、平城では各曲輪の面積が広く御殿など大規模な施設の設置が可能であった。

外郭[編集]

城が中世の臨時的な軍事基地から恒久的な統治拠点になると、城下町や家臣団防備の目的で従来の城の機能的構成部分(内郭)から、さらにもう一重外側に防御線が設けられることがあった。これを「外郭(がいかく)」または「外曲輪(そとくるわ)」「惣構(そうがまえ)」などという。普通、城という場合、内郭だけを指し、外郭は天然の地勢(山・河川)をも含むため、どこまでをいうのか不明瞭なものもあった。

切岸・堀・土塁・石垣[編集]

篠山城の内堀、石垣

城を構成する基本的な防御施設として、初期の山城では切岸(きりぎし)が用いられたが、やがて(ほり)・土塁(どるい)が多用され、石垣(いしがき)が多くなった。堀は水堀の他、空堀、畝状竪堀などの形態があり、土塁は土居(どい)ともいい、堀を掘った土を盛って外壁とするものである。土塁の上部に柵や塀を設けることもあり、斜面には逆茂木(さかもぎ)を置いて敵の侵入を阻むなど、防備は厳重を極めた。石垣は中世においても城郭の要に一部用いられることはあったが、安土桃山時代になると、重い櫓を郭の際に建てる必要から、土塁の表面に石材を積んで強化した石垣が発達した。安土城以降は、土木技術の発達と相まって、大規模な石垣建造物が西日本に数多く建設された。

虎口[編集]

城の出入口を、虎口(こぐち)という。大抵は曲げられて造られることが多く、城門や虎口の正面に蔀(しとみ)や芎(かざし)と呼ばれる土塁を設けてまっすぐ進めなくすることもある。城の正面(近世城郭では通常は南)の虎口には大手門・追手門(おおてもん)、裏の虎口には搦手門(からめてもん)が構えられた。虎口は城兵の出入り口であるとともに、敵の侵入口にもなるため特に厳重に防備が固められた。虎口に塁壁で四角形の空間を形成して門を2重に構えたものを桝形虎口(ますがたこぐち)という。虎口の外側にある堀の対岸に、橋頭堡としてさらに堀で囲まれた小さな曲輪を造ることがあり、これを馬出(うまだし)といった。

敵と対面する虎口の堀には土橋や木橋が架けられた。木橋の場合は、必要に応じて城内と城外、郭内と郭外を遮断するために、木橋の板をはずすか、または破壊することができた。特殊なものとして、あらかじめ可動式にした橋があったらしい。算盤橋(そろばんばし)や車橋(くるまばし)などの郭内に引き入れる引橋があったといわれる。虎口の門柱によって橋を釣り上げる桔橋・跳橋(はねばし)もあった。

[編集]

姫路城の狭間

曲輪内を仕切るほか、防御の目的で石垣土塁の上にも築かれた。中世には土塀・板塀・塗込塀などが、近世には防火のため、漆喰塀・海鼠塀が用いられた。塀や櫓には矢・弾丸などを射出するための小窓が設けられ、これを狭間(さま・はざま)といった。その窓の形により丸狭間・菱形狭間・将棋駒形狭間・鎬狭間・箱狭間などと呼ばれ、塀の下の石垣の最上部に切込みを入れるようにあけられた石狭間もあった。その用途によって矢狭間・鉄砲狭間・大砲狭間などと呼ばれた。

[編集]

五階櫓:熊本城宇土櫓(現存)

櫓・矢倉(やぐら)は、物見台や倉庫、防衛を兼ねた建物をいう。櫓は通常、番号、方位を冠して巽(たつみ)・艮(うしとら)・乾(いぬい)櫓などといい、また用途などによって着見・月見・太鼓櫓などと呼ばれるものもあった。郭の角にある隅櫓は、近世城郭では通常二重櫓、大きな城などでは小規模な三重櫓が用いられることもあったが、中には大坂城本丸にあった三重櫓や熊本城にある五階櫓のように天守に匹敵する構造を持つ櫓があげられていた例がある。

天守[編集]

望楼型天守:松江城(現存天守)

城郭の最終防衛拠点と位置付けられ、城の象徴でもある天守は、大型の望楼櫓が発展したともいわれる。
名称の由来は、仏教の多聞天、梵天、帝釈天(=天主)を祀ったところから命名されたものという説、城主の館を「殿主」「殿守」といったところから来たという説などがある。しかも、天守の文献上の初見は、摂津伊丹城[7]とするものや松永久秀の大和多聞山城とするもの、また、織田信長安土城の天主とするものなどの説があり、起源については未だに十分解明されていない。多様な形式・形状の天守が築かれたが、築城のピークは関ヶ原の戦い前後で、特に西日本には姫路城天守のように高さ20メートル前後から30メートル前後のものが築かれたのも特徴である。

琉球のグスク[編集]

沖縄県奄美群島では、城(しろ)にあたるものとしてグスクが挙げられる。起源については聖域説や集落説など様々な説がある。内部には御嶽とよばれる聖域があるものも多い。知念森城(ちねんもりぐすく)は沖縄の歌集『おもろさうし』に神が初めに現れた城として登場する。建物や遺跡の復元整備が進められている首里城(しゅりぐすく、しゅりじょう)は、現存するものでは最大規模の遺構であり、中城(なかぐすく)や今帰仁城(なきじんぐすく)とともに世界遺産に登録されている[8]

アイヌのチャシ[編集]

チャシの山﨑岬(山﨑山林)

北海道のアイヌが築いた、城(しろ)にあたるものとしてチャシ)が挙げられる。基本的に城砦として使用され、アイヌ間の抗争や対和人、対ウィルタにも利用された。儀式等に用いられることもあり、機能は一概には言えない。

城の研究者[編集]

城郭にかかわる団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「しろ」『古語大辞典』 角川書店、1987年
  2. ^ 三浦正幸監修 『【決定版】図説・天守のすべて』 学習研究社〈歴史群像シリーズ〉、2007年
  3. ^ 都市の中心に広大な敷地を有する城郭は、元来戦時のために作られたものでもあるので、防衛拠点として最適だったのである
  4. ^ a b 西ヶ谷恭弘(監修) 『復元 名城天守』 学習研究社、1996年
  5. ^ a b 中井均・三浦正幸(監修)加藤理文ほか著 『城を復元する』 学習研究社〈よみがえる日本の城 30〉、2006年
  6. ^ 輪郭を意識したときに「郭」、内部の平地を意識したときに「曲輪」と使い分けることもある
  7. ^ 『細川両家記』永正18年(1521年
  8. ^ 財団法人日本城郭協会 『日本100名城 公式ガイドブック』 学習研究社、2007年

関連項目[編集]