アトラス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトラス山脈
Atlas (Gebirge).png
所在地 モロッコの旗 モロッコ
アルジェリアの旗 アルジェリア
チュニジアの旗 チュニジア
最高峰 ツブカル山 (4,167m)
延長 2,400km
-km
テンプレートを表示
アトラス山脈の位置

アトラス山脈(アトラスさんみゃく、ベルベル語: ⵉⴷⵓⵔⴰⵔ ⵏ ⵓⴰⵟⵍⴰⵙ, アラビア語: جبال الأطلس‎)とはアフリカ北西部、モロッコからチュニジアにかけて東西に伸びる褶曲山脈である。名称はギリシア神話の巨神アトラスにちなんでいる。

概要[編集]

西側が最も高く、東に行くにつれ低くなる。長さは2,400km。 モロッコでは標高3,000mを超え、北緯31度3分43秒、西経7度54分58秒にあるモロッコの最高峰ツブカル山(4,167m)などがある。また、北からリフ山脈、モワヤンアトラス山脈(中アトラス)、オートアトラス山脈(高アトラス)、アンティアトラス山脈(小アトラス)の4つに分かれている。 アルジェリアではアトラス高原をはさんで北のテルアトラス山脈と南のサハラアトラス山脈の2列になっている。 標高は1,600-2,000m程度で最高峰はシュリア山(2,320m)である。 チュニジアでは標高1,000m以下となる。

3,000m級の高地(モロッコ)では雪が降る。スキー・リゾート地として開発されている場所も存在する[1]

出典[編集]

  1. ^ “世界の一風変わったスキーリゾート”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年12月28日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2918260/10035104?utm_source=afpbb&utm_medium=detail&utm_campaign=must_read 2012年12月29日閲覧。 

関連項目[編集]