バーバリライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーバリライオン
BarbaryLionB1898bw.jpg
1898年の絵
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: ヒョウ属 Panthera
: ライオン P. leo
亜種 : バーバリライオン P. l. leo
学名
Panthera leo leoLinnaeus, 1758
和名
バーバリーライオン
英名
Barbary Lion
Atlas Lion
Nubian Lion

バーバリライオンPanthera leo leo)は、食肉目ネコ科に属するライオンの一亜種で、アフリカ北部(現在のエジプトからモロッコにかけて)に生息していた。別名アトラスライオン

全長は4m以上で胸板が厚く、現存のどの亜種よりも大型であったと言われる。たてがみは長く伸びて胴にまで達していた。

他のライオンとは違い、山間の森林を好んだ。

絶滅[編集]

Sultan the Barbary Lion, New York Zoo, 1897

古くから人間の活動が盛んであった地中海周辺では、バーバリライオンの雄姿は見世物として重宝された。カエサルは400頭、ポンペイウスは600頭のバーバリライオンを戦勝パレード用にローマに連れてきたという。競技場で剣闘士と戦わせられたともいう。

ローマ帝国が衰亡した後も、人間の活動域の拡大に伴ってバーバリライオンの生息地は減っていった。そして近代にはいると、娯楽としての狩猟と動物園用の捕獲がさらにバーバリライオンを追いつめた。アルジェリアチュニジアからは1891年に姿を消し、モロッコでは最後の野生個体が1922年に射殺され絶滅したというのが通説となっていた。

再発見[編集]

しかし、1996年に再発見され、2007年に1頭生息しているのが確認された[1]。しかし、これが純血種のバーバリライオンであるかどうかは定かではない。また、混血種の飼育下繁殖は現在でも行われており、フランスの動物園で50頭ほど飼育されている[2]

その後、原産地のモロッコのムハンマド5世の私的動物園で飼育されていた純血種の個体群が生き残っていた事が判明。2012年に首都ラバトに開園したラバト動物園にて、全世界で確認されている個体数の半数にあたる32頭が飼育されており、動物園開業直後に3頭誕生している[3]

エピソード[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]