ホオアカトキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホオアカトキ
ホオアカトキ
ホオアカトキ Geronticus eremita
保全状況評価[a 1][a 2]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: トキ科 Threskiornithidae
: Geronticus
: ホオアカトキ G. eremita
学名
Geronticus eremita (Linnaeus, 1758)
和名
ホオアカトキ
英名
Hermit ibis
Northern bald ibis
Red-cheeked ibis
Waldrapp

ホオアカトキGeronticus eremita) は、鳥綱コウノトリ目トキ科に分類される鳥類。

分布[編集]

モロッコ[1]

絶滅した分布域[編集]

エリトリアスイススーダンドイツトルコなど[1]

形態[編集]

全長80センチメートル[1]。翼長41センチメートル[1]。後頸には短い羽毛が伸長する(冠羽)[1]。全身の羽衣は金属光沢がある紫がかった緑色[1]

頭部には羽毛がなく、赤や橙、黒などの斑紋が入る[1]虹彩は橙赤色[1]。嘴峰長13センチメートル[1]。嘴の色彩は暗赤色[1]

生態[編集]

乾燥地の河川や海岸沿いの崖や岩場に生息する。群れを形成して生活することが多い[1]

食性は動物食で、昆虫カエルなどを食べる[1]。水辺や涸れた川底、牧草地などで採食を行う[1]

繁殖形態は卵生。数十ペアからなる小規模な集団繁殖地(コロニー)を形成する[1]。断崖の岩棚に木の枝、枯草、根などを組み合わせた巣を作り、3-4月に2-4個の卵を産む[1]。抱卵期間は24-28日である。雛は43-47日で巣立ちする。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、殺虫剤の使用などにより、生息数が減少したと考えられている[1]。スイスやドイツで繁殖していた個体群は17世紀に絶滅した[1]。トルコ南部では一時期保護により生息数が増加しエリトリアやスーダンで越冬する個体群が復活したものの、後に絶滅した[1]


英名の別名Waldrappは、「森のカラス」を意味するドイツオーストリアの古い方言である。18-19世紀初め頃までは、本種はカラスの一種として考えられていたこともあった。

1950年代にスイスバーゼル動物園で繁殖に成功し、ここで生まれた個体が世界各地の動物園へ送られ飼育されている。現在、血統管理下での繁殖計画が進められている。

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、71、181頁。
  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、89-90、119頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2010. Geronticus eremita. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.
執筆の途中です この項目「ホオアカトキ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類