グスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスクの城壁

グスク(御城)もしくはスク(城)とは、南西諸島の内、旧琉球王国領域である奄美群島鹿児島県)から八重山諸島沖縄県)の琉球弧とも呼ばれる地域にかけて、多数存在する古琉球時代(グスク時代)の遺跡

地域により形態や呼び方に違いがある。三山時代には王や按司の居城となっていた。

起源[編集]

グシク、グスクは本土でいうところの「」であるが、学問的には、本土のように単に軍事拠点として作られたものとは考えられていない。但し奄美群島においては、最初から軍事拠点であったとの指摘もなされている。この様に、グスクの起源には様々な説がある。

1)「聖域説」
琉球の信仰の聖地として、御嶽(うたき)があるが、グスクはもともと御嶽であったと考える説。
2)「集落説」
もともと集落として発生し、周辺を石垣で囲ったものとする説。また、1)とあわせ、御嶽を中心に発達した集落であるとする説。
3)「城館説」
地域の有力者の居城として構築されたとする説。

特徴[編集]

沖縄本島以南では早くから野積みの石垣が使われているが、その構築技術は極めて高く、マチュ・ピチュの石造技術と比較されることもある。沖縄本島北部の一部や奄美群島では石垣を用いない「土のグスク」もある。また古いグスクには必ず、その中に御嶽があることが確認できるともされるが、奄美群島では未調査のものが多く大半が確認出来ていない。

主なグスク[編集]

沖縄本島[編集]

奄美群島[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]