火炎放射器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テロリストが身を隠せないように茂みを火炎放射器で焼却するアメリカ陸軍の兵士(イラク)。現在では戦闘用としては使用されていないが作業用として採用されている

火炎放射器(かえんほうしゃき、flamethrower)は、「炎」を投射する、もしくは「火がついた液体」を投射する武器兵器、ないしは道具。

道具としては、農業や一般家庭などにおける雑草の駆除などに使用されるものがある。

軍用火炎放射器[編集]

概要[編集]

炎によって、対象物を焼却する。工兵資材として障害物や危険物の処理に使用される。武器としては銃弾砲弾の破片に比べて殺傷力が低く、射程が著しく劣っているため主力兵器とはならなかったが、トーチカなどの建造物および洞窟といった閉所に対して使用すると酸欠をもたらし相手を窒息死させることができるため、立て篭もった敵を掃討するために使われた。現代ではそのような用途はサーモバリック弾などに置き換えられている。また、肉薄兵器として対戦車戦闘に使われることがあった。

構造[編集]

火炎放射器を使用するアメリカ兵(ベトナム戦争

一人で持ち運べる火炎放射器のうち、背中に背負うタイプのものをバックパック式と呼ぶ。このバックパックは、2本もしくは3本のシリンダーから構成される。1本のシリンダーには重油やゲル化ガソリンなどの可燃性の液体が、もう1本には可燃性もしくは不燃性の圧搾ガスが充てんされている。シリンダーが3本のものは、全体のバランスをとるために、外側の2本に可燃性液体、中央の1本にガスを配置する。このガスは、シリンダーにパイプでつながれた銃部に可燃性液体を押し出す働きをする。

銃部は、小さな貯蔵器、バネ式の弁、点火システムから構成されている。オペレーターがトリガーを引くと弁が開き、ガスによって加圧された液体が点火システムを通って噴出する仕組みである。

点火システムには多くのバリエーションがある。最も初期の単純なものとしては電熱線のコイルがあるが、可燃性液体の流速が速過ぎて着火に失敗する事故も起きたようだ。より複雑な構造を持ったものとしては、シリンダー内の可燃性ガスを(ガスライターのように)火種として用いるものなどもある。また、空砲を発火したガスを着火源とするものもある。これは寒冷地や冬季においても確実に着火させるためである。

効果[編集]

野戦ではに対して優位が無いが、閉所に対して使用すると酸欠を引き起こし敵兵を窒息死させることができるため対陣地用の工兵資材としても使われた。むろん窒息に至らなくても、炎によって敵兵にひどい火傷を負わせることもできる。

火炎放射器は「炎」というよりむしろ「燃える液体のジェット噴流」を作り出すため、塹壕トーチカの内部のような見通しの利かない空間の壁や天井で「跳ねる」ように撒き散らすことができる。

着火しない状態で燃料を目標に噴射し、目標が燃料まみれになったところで着火して火炎放射を行い被害を拡大することも行われる。この場合はトーチカなどの構造物の細かい隙間にも燃料がよりいきわたるため隠れた対象にも効果が上がる。この方法は対装甲車両戦にも有効(エンジン室内に燃料が浸透するため)であり、ドイツ火炎放射戦車などが行っている。また、着火されなくても人体に燃料が付着すると強烈な痛みと炎症を引き起こし、ゴム製品などが腐食する。

だが、使用には燃料が必要ゆえにタンクが重く、小さいので長時間の使用はできない。射程が18mと短い上に、直立した姿勢での使用になるため、放射中は無防備であり、真っ先に敵の標的になる。「戦場での平均寿命は5分」とも言われるほどである。可燃性のガソリンを充填したタンクを背負っているので、火炎放射器を装備した兵士が被弾すると、引火し火だるまになってしまうこともあるなど、扱いの難しい側面がある。

歴史[編集]

ギリシアの火

中世の東ローマ帝国では「ギリシアの火(ギリシア火薬)」という、火炎放射器のような兵器が使用されていたが、国家機密とされていたため帝国の滅亡と共に失われ、後世には伝わっていない。においては猛火油櫃という、ナフサを詰めたタンクに、それを目標へ吹き付けるためのポンプと噴射口を備えつけた兵器が運用されていた。

現在のような火炎放射器を、史上初めて開発したのは、ドイツの技師リヒャルト・フィードラーだとされている。1901年、彼はドイツ軍に火炎放射器(Flammenwerfer)の最初のモデルを実験した[1]

フィードラーの火炎放射器は、高さ4フィート(1.2m)の単一のシリンダーからなる可搬式装置であった。シリンダーは水平に2分割され、下層には圧搾ガス、上層には可燃性の油が納められていた。レバーを押し下げるとガスが油を押し上げ、ゴム・チューブを通って単純な点火装置を内蔵した鋼のノズルから火炎流を噴出させる仕組みであった。

この兵器は、20ヤード(18m)の範囲で2分間、猛烈な煙を伴った炎の噴流を発生させた。欠点として、これが単発で、一回の発射ごとに燃料と発火装置を交換しなければならなかった点があげられる。

第一次世界大戦[編集]

第一次世界大戦時の西部戦線で火炎放射器を使用するドイツ兵

この可搬式据付型の装置は1911年まで採用されることは無かったが、その後ドイツ軍には専門とする12個中隊が作られた[1]第一次世界大戦においては1916年2月ヴェルダンの戦いフランス軍に対し一気に勝負をつけたい時に、敵陣地に12mまで迫って使われ、同年7月にHoogeでイギリス軍の掘った塹壕に対して用いられたが、それまでは全く使われることはなかった。しかし、いったん使用されると、限定的ながらも印象的な成功を果たした。

ただし、火炎放射器のオペレーターは非常に狙われやすく、特に火炎放射器自体に攻撃が加えられると炎上して周囲に致命的な結果をもたらすことも多かった。このためイギリス軍とフランス軍においては、システムの試験・検討はされたものの、この時点で採用されることはなかった。

ドイツ軍は第一次世界大戦の全期間を通じて、火炎放射器の配備を続け、最終的には1隊あたり平均6台の火炎放射器を装備した300以上の部隊が編成された。

この当時の火炎放射器の噴射剤には増粘剤(ナパーム剤)が添加されていなかったため、炎が跳ね返ってきたり、流れ出したりしてしまう欠点があった。天然ゴムを使った増粘剤が開発されたが、あまりに高価であり、貴重な戦略資源を浪費するため採用されなかった。

第二次世界大戦[編集]

北フランスにおいて、火炎放射器で訓練するドイツ兵(1944年)防護服を着ている

火炎放射器は、第二次世界大戦において各国の軍隊で広く用いられた。

射程の短さと、基本的に徒歩であるオペレーターの脆弱を解決するため、単独の兵士が運用できる、タンクを据え付けた背負い式ユニット(フレイムタンクと呼ばれた)の開発が検討され始めた。

ドイツ軍は、西ヨーロッパへの侵攻の初期にはかなり頻繁に陣地攻撃に火炎放射器を使用したが、その後は利用頻度が低下し、報復作戦にしか用いられなくなった。東部戦線に関しては、焦土作戦の実施に伴い、終戦まで使用が続けられた。ドイツ軍の火炎放射器は、後ろや側面に加圧タンクをもった大きな単一の燃料タンクで構成されており、着用者の通常装備を邪魔しないように、背嚢の下部に装備できる構造になっていた。

イギリス軍の火炎放射器(Ack Pack)は、ドーナツ形の燃料タンクとその中央部に小さな球形の加圧ガスタンクが配されており、その形状から「救命浮き輪(lifebuoys) 」の愛称で呼ばれた。

アメリカ軍は、火炎放射器が太平洋戦域で旧日本軍が構築した網の目のような塹壕を掃討するのに特に役立つことに気がついた。深い洞窟や塹壕においては、炎自体が敵兵に届かなくても、爆発的な酸素消費、煙や排気ガスによる窒息効果で敵を掃討することができたからである。アメリカ軍は硫黄島の戦い沖縄戦などで頻繁に使用した。アメリカ海兵隊では、ロンソン社製の火炎放射システムを装備したM4中戦車が登場するまで、M2-2型火炎放射器が継続して使用された。また、敵兵の立て篭もる洞窟や地下陣地をまず火炎放射器で焼き払い、その後に入り口を爆破する戦法をアメリカ海兵隊では「トーチランプ&栓抜き戦法(blowtorch&corkscrew) 」と呼び、特に沖縄戦で多用された。

M4火炎放射戦車[編集]

硫黄島で戦闘を行う火炎放射戦車

第二次世界大戦中、数ヶ国が火炎放射器を搭載した戦車を使用している。詳細については火炎放射戦車を参照。ここでは、代表的な火炎放射戦車のひとつであるM4火炎放射戦車について述べる。

  • アメリカ軍M4中戦車(シャーマン)には火炎放射器を搭載したタイプがいくつか作られ、グアムの戦い硫黄島沖縄などの戦線に投入された。
    • M4A2の車体右前面機銃を外してE5火炎放射器を搭載したもの。
    • M4の車体機銃部にE4-5型火炎放射キットを装着したもの。
    • M4の車体機銃手ハッチにE12R3火炎放射キットを装着したもの。
    • M4A1・M4A3の主砲を外し、E12-7R1型火炎放射器を搭載したもの。
    • M4の主砲を外し、POA-CWS-H1火炎放射器を搭載したもの。

その後の戦争[編集]

火炎放射を行うアメリカ海軍の河川哨戒艇(ベトナム戦争)

アメリカ海兵隊は、朝鮮戦争およびベトナム戦争においても火炎放射器を広く運用した。しかし現代戦における重要性の低下と世論に対する影響を考慮し、1978年アメリカ国防総省は戦闘用の火炎放射器を米軍装備から廃止した。

一方、日本陸上自衛隊などでは現在も携帯放射器の名称で火炎放射器の装備と調達を継続している。これは建築物の立て籠もりテロ生物化学兵器に汚染された物の焼却消毒などで有効であると判断されているからである(雑誌『コンバットマガジン』より)。

また、火炎放射器の代替品として、個人で携帯可能な対戦車ロケットランチャーの技術を応用して弾頭焼夷弾サーモバリック弾に更新した携帯式ロケットランチャーが開発されている。代表的な例としてはソ連ロシアRPO-A/RPO-ZアメリカM202ロケットランチャーなどがあげられる。
この他、RPG-7用のTBG-7VやRPG-29用のTBG-29V、SMAW用のSMAW-NEなどのように既存の非使い捨て式ロケットランチャーに対してもサーモバリック弾が開発供給される例は多い。

民生用火炎放射器[編集]

灯油やカセット式コンロなどに使用される液化天然ガスのボンベを燃料とし、数cmから数十cmの炎を噴射するものが市販されている。これは除草バーナーや草焼きバーナー、グラスバーナーなどと呼ばれ、庭や畑などの雑草や害虫を焼却するのに用いられる。軍事用のような水平噴射ができないよう、筒が下向きでなければ噴射を止める安全装置が組み込まれていることも多い。ただしこれらが放射するのは燃えるガスの噴流であり、着火したゲル状の燃料(命中後もナパーム同様まとわりつくように燃え続ける)を放射する軍用のものほどの威力はない。映画などの劇中に登場する架空の火炎放射器は、軍用ほど危険ではない液化ガス式のものが多く見られる。

また、冬季に大量の雪が降る国や地方では、火炎放射器が融雪に用いられたことがある。日本においては、三八豪雪の際に災害派遣により出動した自衛隊が北陸各地で火炎放射器を用いて消雪活動を試みたが、短時間の火炎放射では降り積もった雪の表面を溶かすだけでほとんど消雪効果がなく、シャベルなどを用いて直接除雪することに匹敵するほどの雪を溶かすには莫大な量の燃料を必要とすることになり、大きな成果はあげられなかった。

主な火炎放射器[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 火炎放射器-豪華を放つ地獄の近接兵器- 松代守弘 歴史群像 2006年12月号 P12-15 学習研究社

関連項目[編集]