コーナーショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタンダードタイプのコーナーショット

コーナーショット (CornerShot) とは射撃手の体を完全に敵から隠しながら撃つという目的に特化したで、2000年代初頭に人質事件や対テロリスト用としてSWATチームや特殊部隊向けとしてイスラエルで開発された。

基本仕様[編集]

基本仕様のコーナーショットではセミ・オートマティック拳銃をコーナーショット前方部に取り付ける。コーナーショット後方部に取り付けられたトリガーは無線技術によって拳銃側トリガーと同調して、後方部のトリガーを引くことによって直接射撃することが可能である。トリガー・プルは21ニュートン、全長82cm、重量は3.86kgである。

40mmグレネード・ランチャー[編集]

40mmグレネード・ランチャーはブリーチ・ローディング式(バレルの後ろ側から弾を詰める方式。マズル・ローディング式の逆。)で装弾数は一発である。使用済み薬莢は次のリロードのために自動排出される。これと同じ物の37mm仕様が、法執行機関向けに用意されている。40mmグレネード・ランチャーのライフリングは1:1.224、全長90cm、重量は4.4kg、銃弾速度74.5m/s(M-406グレネード)、一点を狙った場合の正確射撃の距離は150mで、榴弾を使用した場合の有効範囲は350mである。

アサルト・ピストル・ライフル(APR)[編集]

アサルト・ライフルを小型化した、特注のアサルト・ピストルをコーナーショットに接続することによって5.56mmのライフル用の銃弾を使用することができる。またアサルト・ピストルをコーナーショット本体からはずし、単体で使用することもできる。

コーナーショット・パンツァーファウスト(CSP)[編集]

2004年、パリで行われたミリタリートレードショウでデビューしたCSPは対装甲車両用として、パンツァーファウスト対戦車ロケットを発射できる。また、基本仕様の60°から90°へと可動角度が広がっている。

機能説明[編集]

基本仕様のコーナーショットは拳銃を水平60度に曲げることができる装置の前方部に取り付け、マズルの下にフラッシュライトと共に取り付けられたビデオカメラから画像を取り込み、トリガー、フラッシュライトビデオカメラ用のスイッチなどで構成された装置後方部に付いた液晶画面から確認する事ができる。

類似機能を持つ武器[編集]

似た機能を持つものとして第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが使用した曲射銃身「クルム・ラウフ Krummlauf」が挙げられる。曲射銃身の場合は、銃口に曲射アタッチメントを外付けする、あるいは銃身そのものを曲げるのに対して、コーナーショットの場合は銃をコーナーショット側に取り付けると言うのが適切であるかのように両装置の間に大きな違いが見て取れる。 また、第1次世界大戦中から戦間期にかけて、塹壕の中から射撃するためにクランクに似た形の曲銃床が作られている。 米軍および自衛隊では、グリースガンに取り付けられる曲射銃身をテストしたことがある。 これはナチス・ドイツのStG44などに使用されたボーザッツラウフ (VorsatzまたはVorsatzlauf、正しいドイツ語読みはフォアザッツ) に近い。

登場作品[編集]

  • CSI:マイアミSeason5 #02 暴走族が警察の潜入捜査官を狙撃するのに使用。また、密売もしていた。
  • ウォンテッド(08年劇場公開作品)においてアンジェリーナ・ジョリー扮するフォックスがドラッグストア内で使用。本体に拳銃を装着するシーン。稼働、射撃シーンあり。
  • フルメタル・パニック!(TVアニメ)3作目、The second raid 3-4話にてミスリル兵士がサイレンサーを装備した本銃を使用。
  • 交渉人:standoff(tvドラマ)s.w.a.t.隊員が使用 グロックを装着している
  • さばげぶっ! トイガン仕様として登場。テレビ番組「フューチャーウェポン」などで先端カモフラージュ用として紹介されている子猫のぬいぐるみの銃口カバーを併用している。

外部リンク[編集]