狙撃銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

狙撃銃(そげきじゅう、 Sniper Rifle)は、狙撃用に特化した小銃。一般には、高倍率の光学照準器(スコープ)を取り付けて遠距離射撃を容易にした小銃を指す。

アメリカ陸軍で採用されている狙撃銃とその性能

概要[編集]

弾薬 最大有効射程
7.62x39mm 350m
5.56x45mm 550m
7.62x51mm 800m
7.62x54mm R 800m
.30-06 スプリングフィールド 800m
7mm レミントン マグナム 900-1,100m
.300 ウィンチェスター マグナム 900-1,200m
.338 ラプア マグナム 1,200-1,500m
.50 BMG (12.7x99mm NATO)
12.7x108mm (ロシア)
1,500-2,000m
14.5x114mm 1,800-2,300m
.408 チェイタック 2,300m

狙撃銃は、命中率が良く遠距離から狙撃するための小銃である。小銃のうち遠距離の照準をつけやすくするためにスコープなどの照準装置を備えるものを特に狙撃銃と呼ぶことが多く、頬当てやバイポッドなどで安定性を保ち易くしているものも多い。高い精度専用に設計されたものと、アサルトライフルなど、本来は狙撃用ではない小銃から精度の優れたものを選抜したうえで改造されるものがある。

歴史[編集]

17世紀まで、狙撃という概念はなかった。人間を狙えるほど正確な武器自体はなく、もっぱら動物の狩猟に弓矢を使っていたが、1700年代初頭からマスケット銃が登場した。マスケット銃は有効射程が50メートル程度で精度は低かったが、様々な技術革新によりライフルとして進化し、距離も200メートル以上と精度が著しく向上した。

小銃はその発生時より狙撃銃としての性格を持っていたが、第一次世界大戦時に精度の良い小銃と腕の良い射手による戦術的成果が認識されはじめ、戦間期から第二次世界大戦中にかけて専用の狙撃銃として小銃より分化し、狙撃手の用兵法の確立と共に専門化されていった。

種類[編集]

現代の狙撃兵や警察狙撃手は専門化が進み、精度の高い実弾射撃競技ライフルをベースとした狙撃銃を使用する傾向がある。一方、選抜射手(マークスマン)に用意されるマークスマンライフルなど、歩兵が運用する狙撃銃は既存のアサルトライフルバトルライフルをベースにしたものが多い。これは専用の狙撃兵は単独、もしくはスポッターとの少数行動で専門的狙撃を行うために精度が重視されるからであり、選抜射手は歩兵分隊の一員として行動するために火力や柔軟性を重視するほか、弾薬部品を分隊の小銃手と共通化するためでもある。

狙撃銃は一般に7.62mmや5.56mmクラスの小銃弾を使用し、概ね100-600m程度の射撃に適する。5km程度まで弾丸は届き、1-2kmくらいまでならば致命傷を与えることができるが、この距離だと重力湿度など、様々な要因に干渉されるので、基本的に命中は期待できない。

また、12.7mmを超える弾丸を使用する対物ライフルも超長距離の弾道直進性を買われて狙撃に用いられる。小銃弾より桁違いに重い弾丸重量のおかげで、1,000メートルを超える狙撃でも風のような外部干渉要因に左右されにくく、命中を期待できる。高貫通力かつ高威力でもあるため、採用する軍や警察が増えている。一部にはハーグ陸戦条約の「不必要な苦痛を与える兵器」に該当するのではないかという見方もあるが、ハーグ条約の条文に大口径銃弾への記述があるわけでもなく、具体的に使用を制限する条約や法律は存在しない。

構造[編集]

かつての軍用狙撃銃は、一般の小銃の中から特に精度の良い物を選別し、スコープを取り付けただけの物が多かった。これに対し最初から狙撃専用として設計された銃は、一般の小銃に比べて部品の精度が非常に高く、弾道を安定させるために銃身は長く重く作られている。銃床(台座部分)と銃身は干渉しないようにフローティングバレル[1]が採用され、銃床も従来は木製(ウォールナット材が多かった)だったのが、材質も気温や湿度の影響を考慮して熱膨張率の低い合成樹脂繊維強化プラスチック金属基複合材料などを用いる傾向にある。

現在は銃身、機関部、銃床、スコープは目的に応じた各メーカー製品あるいは一部特注した仕様の製品を組み合わせ、ウェポンシステム化したものが主流になりつつあり、狙撃システムと呼ばれる製品が増えている。

弾薬[編集]

狙撃銃には、通常の軍用実包military ball/M80やM193など)より加工精度が高く実包ごとの公差も少ない市販の標的競技弾(マッチ弾/match bullet)や、標的競技弾に準じた精度と狙撃に適した弾頭形状と重量・初速などを持つ狙撃専用弾(M118やM855など)が使用される。

給弾方式[編集]

給弾については、狙撃銃も小銃と同じくボルトアクション方式オートマチック方式がある。

ボルトアクション(手動装填)方式[編集]

M40A3の排莢

ボルトアクション方式は薬室への実包の装填、閉鎖、発射済み薬莢の排出を一発ずつ手動で行う機構の銃である。構造が簡単で信頼性があり、高い精度をだしやすい。また、安価である。そのため幅広く使用されている。特に警察や競技用など精度を最重視する場合などでよく利用される。反面、連射する際の発射速度が遅いという欠点がある。戦場では最初の一発のみで戦闘が終了する事は少ない。軍はもとより警察でも問題になった。ボルトアクション方式の問題は、手動装填のため連射速度が遅いという単純な点だけでなく、次弾を装填する際に、

  1. ボルトを操作するために引き金から手を離さなくてはならない
  2. その際に目標と照準がずれてしまう

ということが起きる。そのため、狙撃目標が複数ある場合や初弾を外した場合には、致命的ともいえる動作(問題)を伴う点にある。警察では、後述のオートマチック方式の狙撃銃が登場するまで、狙撃手には外した場合に備えたバックアップ武器として自動小銃を携行させた。

オートマチック(自動装填)方式[編集]

オートマチック方式は弾丸が自動で装填されるため連射速度が速い。自動小銃をベースに開発される狙撃銃もこれにあたる。軍においては主流と言える方式である。警察でもミュンヘンオリンピック事件以後、導入したケースもある。欠点は絶対的な射撃精度ではボルトアクション方式より劣ること、構造が複雑である事と比較的高価である事。また、発射ガスを装填に利用するため弾薬選択の幅が狭まる。

スムーズに次弾を装填する為には弾を固定している薬室に間隙の余裕を持たせる必要があり、これによって弾道に誤差が生じて狙撃の精度を落とす恐れがあるため、高度な製造技術が求められる。その例として、ミュンヘン事件を受け狙撃専用に開発されたH&KPSG-1は7000ドルもする。高価すぎるためドイツ連邦軍は導入せず、代わりに同社製のPSG-1の軍用軽量廉価版であるMSG-90を制式にしている[2]。同じ経緯でワルサー社が開発したワルサーWA2000は、高価なためどこにも採用されず、生産を中止となっている。

最近ではセミ・オートのスナイパーライフルの精度が向上した為米陸軍では7.62mmNATO弾を使用するスナイパーライフルを従来のM24SWSからナイツ社製のSR-25に変更した。

照準器[編集]

スコープのレティクル

ほとんどの狙撃銃の上部には光学照準器スコープ)がついており、その倍率は20世紀初頭の古いものでも2倍以上、21世紀初頭の新しいものでは10倍から50倍にも達する(ただし狙撃の用途や想定交戦距離により最適な倍率は異なるため、倍率が高ければ有利という訳ではない)連射した場合、銃身の放熱で映像が揺らぐのを防ぐため、銃身には陽炎ベルト(mirage belt)を装着することが多い。

単眼鏡の中に現れる照準(レティクル/reticle)に目標を照らし合わせて狙撃を行うが、実際の弾道は直線ではなく、重力の影響を考慮するため遠距離では上向きの放物線を描くことになり、さらに手ぶれや風、湿度、気圧火薬の劣化などの複数の影響が加わるため、長距離で弾が当たる場所を正確に予測するのは難しい。このため、射手は高度な技術と経験を頼りに照準を垂直/水平微調整(elevation/windage)して目標を狙う必要がある。最近では距離の測定にはレーザーを併用する場合もある。また、狙撃手(スナイパー/sniper)に必要な風や目標、着弾点の情報を報告する観測手(スポッター/spotter)が狙撃を補助する場合もある。照準器も参照。

近年では夜間での射撃を可能にする暗視式スコープ、距離を測定するレーザー式のレンジファインダー、距離や風、目標物との角度による弾道を計算するソフトウェアを内蔵した専用の端末などの電子機器の性能も向上し、また、これらを複合的に組み合わせるシステム等が開発、実用化されている。

代表的な軍・警察用狙撃銃[編集]

アメリカ合衆国[編集]

ソビエト連邦 / ロシア[編集]

  • M1891/30 - 精度の高いM1891/30を転用。ボルトアクション方式。
  • M1940 - 精度の高いM1940を転用。半オートマチック方式。
  • SVD - オートマチック方式。
  • VSS - 消音に徹した特殊な狙撃銃。オートマチック方式。
  • SV-98 - ボルトアクション方式。

ドイツ[編集]

イギリス[編集]

日本[編集]

フランス[編集]

フィンランド[編集]

  • SAKO TRG-21 - サコ社。ボルトアクション方式

狙撃銃としてのアサルトライフル[編集]

M16の狙撃銃としての能力[編集]

サービスライフル競技1,000ヤード種目/米海兵隊優勝チーム。これはC部門であるためスコープは使用せず、ピープサイトで照準している

一般にオートマチックライフルは、薬室や機関の遊びを大きく取っており、狙撃対象や環境に合わせて弾薬の薬量等を適宜調整する事が難しいため、ボルトアクションライフルに比べ命中精度や信頼性が劣る。

M16を特徴付けるダイレクト・ガス・アクションによるボルト開閉機構は、信頼性の面で早くから他の機構に対して劣っていることが指摘されてきた。ベトナム戦争による悪評が兵士の整備不足による冤罪ではあったとしても、泥水に付けても作動するAK-47アサルトライフルに対し、M16やM4が先のイラク戦争で、汚れたグリス類と砂漠地帯特有の細かい砂による汚れで作動不良を起こしたことはよく知られている。しかしこの特殊な機構が他のオートマチックアクションに比べて、とりわけ射撃精度の点で優れているということに人々が関心を持ったのは、近年のオートマチックライフルによる射撃競技の発展を迎えてからである。

しかしこれらはあくまで軍や警察などの話で、より手の行き届いたカスタムや選定を行える民間の精密射撃競技においては5.56ミリ弾というのはあまり人気がない。

つまり、『ゴルゴ13』のような、“数キロメートル先から一発で標的を仕留める”描写はあり得ない(作者のさいとう・たかをも、M16の実際の能力についてはあまりよく知らず、その武骨な外見のみでゴルゴに使わせたと認めている)

M16をベースとした狙撃銃[編集]

SPR Mk12 Mod 0/M16をベースとする米軍の特殊目的ライフル(=狙撃銃)
SAMR/M16をベースとする米海兵隊の分隊上級射手ライフル(=狙撃銃)

アメリカ軍特殊部隊用として、M16を軽狙撃/精密射撃任務用にカスタマイズしたSPR Mk12などの特殊目的ライフル(Special Purpose Rifle)や、分隊上級射手用のSAMRSquad Advanced Marksman Rifle)を開発している。軽狙撃(light sniper)とは、バレットM82など50口径クラスによるものを重狙撃(heavy sniper)とするためにこのように呼ばれる。

これらの銃には、通常弾薬であるM855の弾頭重量を77グレイン(4.98g)に増量するなどして、実戦での命中精度向上させたMk262の使用を前提とするが、この弾薬は900ヤード[3]でどんな種類のものかは分からないにしろ7.62ミリ弾を凌駕する精度を持っているという話もある。

他のオートマチック狙撃銃[編集]

西ドイツ軍の制式アサルトライフルであったH&K G3は、7.62mmNATO弾という大口径弾を使用し、ローラーロッキング・ディレード・ブローバック方式という射撃精度の高い機構を採用していた事から、早い段階から様々なバリエーションの狙撃銃が作られてきた。軍・警察向けの本格的オートマチック狙撃銃PSG-1や、その派生モデルであるMSG-3、MSG-90など、いずれも世界中の軍や警察で採用されている。また、試射で好成績を出したG3を生産ラインから引き抜き、スコープ、チークピースを備えたG3SG/1というモデルも存在する。同アサルトライフルには5.56mm弾を使用するモデル(HK33SG/1)もあり、こちらも同様に狙撃銃モデルが作られている。東西統一後も、ボルト式のAWMと共に採用している。

1957年の採用以降、M16にその座を受け渡すまでアメリカ陸軍の制式アサルトライフルであったM14は、単発射撃において、その前身M1ガーランド同様に良好なグルーピングをみせていた。そのためアメリカ陸軍ではこの銃を精密射撃用にカスタマイズし、M21狙撃銃として制式採用している。強力な7.62mm弾を使用するこの銃は、最近の中東地域での戦闘においても、アサルトライフルの火力不足を補う銃として使用され続けている。

ソビエト連邦軍から現在のロシア連邦軍も装備しているドラグノフ狙撃銃は、東西冷戦時代の東側を代表する狙撃銃である。ソビエト連邦の傑作アサルトライフルAK-47を元に、AK-47の使用する弾薬よりも火薬量の多い7.62mm×54R弾を使用するため薬室やガスチューブなどを設計し直して作られたこの銃は、高い信頼性を持ちながら600m以上の有効射程を持つという。他の狙撃銃に比べ数キロ軽く設計されているこの銃は、専門の訓練を受けた射撃手と共に各分隊に一丁ずつ配備されている。

伝統的に長距離射撃を重んじてきたスイス軍では、NATO基準の小口径弾を使用しつつ、精密射撃にも使用可能なアサルトライフルを望んでいた。その要望を満たしスイス軍に制式採用されたのがSIG SG550であり、高価ながら高い射撃精度と信頼性を持つ傑作アサルトライフルである。そのためドイツGSG-9が中距離狙撃用のライフルとして使用している。その狙撃銃モデルであるSIG SG550 Sniperは、5.56mmという小口径弾を使用しながらも、7.62mm弾を使用するPSG-1と同等以上のグルーピングを見せている。SG550のカービンモデルであるSG551もGIPNなどの警察特殊部隊で中距離狙撃用のライフルとして使用されている。また、7.62mm弾を使用するSG750というモデルも存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浮き銃身、ぴったり嵌っているのではなく1-2mmの隙間がある
  2. ^ ちなみにアメリカ海兵隊でも事実上の制式狙撃銃として運用されている
  3. ^ 1ヤード=0.9144m, 1インチ=2.54cm。900ヤードは約823m

関連項目[編集]

出典[編集]

  • Tobias, Ronald (1981). They Shoot to Kill: A Psycho-History of Criminal Sniping. Boulder, Colorado: Paladin Press. ISBN 0-87364-207-4. 
  • De Haas, Frank (1995). Bolt Action Rifles. Krause Publications. ISBN 0-87349-168-8. 

外部リンク[編集]