M21狙撃銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M21狙撃銃
Rifle M21 2.jpg
M21狙撃銃
種類 狙撃銃
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
運用史
配備期間 1969年-現在
配備先 アメリカ陸軍フィリピン陸軍
開発史
開発者 Marines Weapons Command,
Combat Development Command,
Limited Warfare Agency
開発期間 1969
製造業者 ロックアイランド兵器廠英語版スプリングフィールド造兵廠
派生型 M25狙撃銃英語版
諸元
重量 5.27kg(11.6lb)
全長 1,118mm(44in)
銃身 560mm(22in)

弾丸 7.62x51mm NATO弾
作動方式 ガス圧作動方式回転ボルト方式英語版
初速 853m/s(2,800ft/s)
有効射程 822m(900yd)
装填方式 5発、10発、20発着脱式箱型弾倉

M21狙撃銃(M21 Sniper Weapon System または Rifle, 7.62 mm, Sniper, M21)は、M14自動小銃の派生型として設計された半自動式の狙撃銃である。

概要[編集]

ベトナム戦争中、新型狙撃銃の調達を計画していたアメリカ陸軍は、当時の主力歩兵M14の精度や信頼性、速射性能などの面を評価し、これに狙撃銃としての改良を加える事を決定した。1969年、ロックアイランド兵器廠は1,435丁のナショナルマッチ・モデル(競技用モデル)のM14に対する改修作業を行った。

XM21の仮制式名で呼ばれたこのモデルは、レザーウッド製の3-9x倍率調整式スコープを搭載するほか、標準のM14とは異なるクルミ材の銃床を備え、また、これを使用する狙撃兵には競技用弾薬が支給された。1969年後半、初めて実戦に投入された。1975年、グラスファイバー製の銃床を採用した改良型がM21として正式に採用される。M21は1988年まで米陸軍の主力狙撃銃として使用され、以後はM24狙撃銃に更新されていった。ただし、いくつかのM21がイラク戦争の折に再配備された事も知られている[1][2]

陸軍のXM21狙撃銃(上)と海兵隊M40狙撃銃英語版(下)

通常、M21はM14小銃と同様の20発着脱式箱型弾倉を使用し、重量はスコープを除けば5.27kg程度であった。また、米軍による正式な調達は行われていないが、5発弾倉と10発弾倉も存在する。

スミス・エンタープライズ英語版社が開発した改良型のM21A5は、クレイジーホース・ライフル英語版の商品名で知られている。M21A5の金属部品は極低温加工で成形されており、グラスファイバー製銃床とのかみ合わせの調整が不要である。そのほか、調整可能なトリガグループや低温使用を想定したボルトハンドルなどのオプションも存在する[3]

M25狙撃銃[編集]

M25狙撃銃英語版は、1980年代グリーンベレーネイビー・シールズといった特殊部隊での運用を想定して第10特殊部隊グループ英語版(10th SFG)が開発したM21の改良型である。1991年砂漠の嵐作戦の折にも使用されていたことが確認されている。

軍用狙撃銃として[編集]

XM21は、ベトナム戦争にて米陸軍が使用し、M21は1960年代後半から1980年代までの紛争や何らかの作戦の為に少数が投入された。1983年グレナダ侵攻の折には米陸軍レンジャー部隊英語版がM21を使用した。陸軍州兵にも少数が配備されているほか、統合即応訓練センターの仮想敵部隊(OPFOR)でも使用されている。XM21とM21の正式な運用期間はそれぞれ1969年から1975年、1975年から1988年であり、以後はM24狙撃銃に更新されていった。ただし、陸軍レンジャーの一部では1990年までM21を使用していたという[2][4]

民生用狙撃銃として[編集]

スプリングフィールド・アーモリー社では、M14小銃の民生用モデルであるM1Aの派生型として、M21タクティカルライフル(M21 Tactical Rifle)とM25ホワイトフェザータクティカル/カルロス・ハンコックライフル(M25 White Feather Tactical/Carlos Hathcock rifle)という商品を製造している。これらはM21狙撃銃およびM25狙撃銃を参考にしているものの、異なる部分も多い。特に外見上の大きな違いはスコープマウント用にピカティニー・レールが取り付けられている点であろう[5]

脚注[編集]

  1. ^ http://world.guns.ru/sniper/sniper-rifles/usa/m21-e.html
  2. ^ a b U.S. Army M21 & XM21 Sniper Weapon System”. Sniper Central. 2013年11月17日閲覧。
  3. ^ Pushies, Fred (2009). “Smith Enterprise’ Crazy Horse M21A5 7.62x51mm”. Special Weapons for Military & Police (Harris Publishing) 20 (4). 
  4. ^ M21 Sniper Rifle - ArmyRanger.com
  5. ^ Springfield Armory, Inc.'s official pages of the M21 Tactical Rifle and M25 White Feather Tactical/Carlos Hathcock model

外部リンク[編集]