ボルト (銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gew98のボルト

ボルト(bolt、 英語発音: [bóʊlt])とは、発射薬が燃焼する間、チャンバー(薬室)の後部をブロックする銃器類の機構部品である。

ボルトアクション式レバー・アクション式、そしてポンプ・アクション式ライフル銃散弾銃のように手動式火器では、ボルトは発砲の間はロッキング・ラグ(閉鎖機構の一部でボルトを停止させるための突起部)によって固定され、全てのガス圧力は前方へと向けられる。半自動式火器では、ボルトは射撃のたびに後退し、リコイル・スプリングの力で前へと押し戻される動きを繰り返す。この後退時にエクストラクター(排莢機構)が使用済みの空薬莢をチャンバー(薬室)から引き出す。また、前進時には弾倉から新しい銃弾を引き出してチャンバーに押し込む。チャンバーから出された空薬莢はイジェクター(薬莢除去機構)が銃の外へ投棄する。エクストラクターとファイヤリング・ピンはボルトと一体になっていることが多い。半自動式ピストル(一部の例外を除く)のスライドはボルトの一種である。

ボルトは、大砲のブリーチ(breech、閉鎖機)に相当するが、大砲では弾薬に薬莢を使用しないものもあり、その場合砲尾から発射薬の燃焼ガスを漏らさないよう隙間なく密閉されるのに対して、銃器類では薬莢によって発射薬の燃焼ガスが後部に漏れないため、ボルトは薬莢の後退圧力を支えるだけで済む。

関連項目[編集]