H&K G3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H&K G3
DCB Shooting G3 pictures.jpg
H&K G3A4(上段、伸縮銃床型)およびG3A3(下段、固定銃床型)
H&K G3
種類 軍用小銃
製造国 Flag of Germany.svg西ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
年代 1964年
仕様
種別 自動小銃
口径 7.62mm
銃身長 450mm
使用弾薬 7.62x51mm NATO弾
装弾数 20発(箱形弾倉
30発、43発(箱形弾倉)
50発(ドラム形弾倉
作動方式 ローラー・ロッキング
ディレイド・ブローバック
全長 1,026mm
重量 4,410g
発射速度 600発/分
銃口初速 790m/秒
有効射程 500m
歴史
製造期間 1964年-現代
配備期間 1964年-現代
配備先 西側諸国第三世界
テンプレートを表示

H&K G3は、ドイツの銃器メーカー、H&K社によって開発され、1964年-1996年までドイツ連邦軍に制式採用されていた自動小銃アサルトライフルに分類される。標準モデルの使用弾は7.62x51mm NATO弾、装弾数は20発。性能や実績への評価は高く、傑作ライフルと評される[1]ほか、世代の近いAK-47M16FALと合わせて、四大アサルトライフルと呼ばれることもある。なお、G3とは独語で「Gewehr 3(drei)」、"3号小銃"の意。

ドイツの他、ポルトガルギリシャデンマークノルウェートルコ中東アフリカ諸国など40ヶ国以上で採用されている。また、ミャンマーイランではライセンス生産が行なわれ、とくにミャンマーは「BAシリーズ」として国産化が成された。

開発背景[編集]

セトメ モデルC

G3の原型は、第二次世界大戦末期にモーゼル社で開発されていたStG.45(M)(Sturmgewehr 45 Mauser、モーゼル45年式突撃銃)である。ドイツはこの銃の完成を待たずして敗れたが、モーゼルの開発陣はスペイン政府の兵器研究機関セトメ(CETME)に渡り、ルートヴィヒ・フォルグリムラーらが中心になり7.92x40mm弾を使用するライフル、セトメモデロA1を開発した。

しかし、独自の短小弾というコンセプトが受け入れられず、後に7.62x51mm NATO弾の減薬弾を使用するセトメモデロA2を開発した。このライフルに目をつけたのが、当時設立されたばかりだったドイツ連邦軍で、当時G1として配備されていたFN FALの代わりにならないかと考えた。そこでドイツ連邦政府は、スペイン政府からライフルの開発・製造権を買い上げ、ハンドガードが無いなど実用面に課題があるセトメモデロAの発展型の開発を要求し、これに応えたのがH&K社だった。

開発されたプロトタイプHK31は数々のテストに合格し、「G3」と命名され、制式採用された。このG3とH&K MP5などのバリエーションの成功により、弱小メーカーであったH&K社は銃火器メーカーとして躍進を遂げることとなった(ドイツのラインメタル社もG3の試作品を作っていた)。

特徴[編集]

G3A3構成部品
G3 機関部カットモデル 中央に見える銀色の円筒がロッキングローラー

作動メカニズムには、ローラーロッキングによるディレードブローバック方式を採用している。この機構は反動が少なく、連射による射撃でも高い命中精度を保つことができる。また、人間工学的にも優れたデザインのため、照準器のデザインの優秀さと相まって、練度の低い兵士でも短期間の訓練で目標に当てることができる。

操作上の難点として、弾倉交換の手間の多さがある。G41、MP5/10、MP5/40を除いてホールドオープン機構は持たない。そのため、これ以外のモデルでは左手でボルトハンドルを引いてレール後端上部の溝に入れて遊底を後退させ、弾倉を交換し、ボルトハンドルを叩き落として遊底を前進させるという手順を踏まなくてはならない。さらに、この手間を省くために薬室内に弾を残したまま弾倉交換(タクティカルリロード)すると、前進している遊底やその付近に負担が掛かり損傷する恐れがあるため勧められていない。そのため、G3系列を撃つときには、弾切れ時に素早くボルトハンドルを引けるよう、ボルトハンドルに左手親指を乗せて構えるという射撃姿勢が取られる[2]

アッパーレシーバーに特殊なブッシングを溶接し、それによって銃身を固定しているという構造上、銃身交換には専用の設備を要する。機関銃であるHK21HK23MG42に近い銃身交換機構を持つ。薬室には薬莢の張り付きを防ぐための溝が刻まれているが、射撃により大量のカーボンがここに付着してしまうため、清掃する必要がある。このカーボンは弾倉にも付着するのだが、全体的に見ればガスピストンがない分ガス圧作動方式より清掃箇所は少ないといえる。

後継小銃での作動方式転換[編集]

ドイツ連邦軍では、G3の後継としてG36が採用されているが、こちらの作動機構はAK-47などと同じ標準的なガスピストン方式となっている。これは、ローラーロッキングという特殊な閉鎖機構の関係上、ガスピストン式に比べて重量が嵩み、5.56mm弾のような小口径高速弾とは相性が悪い上、高品質な材料を必要とすることが上げられる。

特殊な閉鎖機構によってボルトハンドルを引く力が大きく、操作性に難があるとされることがあるが、ボルトハンドルを引く際にはボルトキャリアが直接引かれるため、ローラーの負荷がかかることは無い。

バリエーション[編集]

G3で採用したローラーロッキング機構は、用途、口径によって多くのバリエーションを持つ。これらは、3つのウェポンシステムグループに分けられる。

また、G3の機関部の設計をほぼそのまま流用して9x19mmパラベラム仕様として開発された短機関銃として「MP5」シリーズがある。G3譲りの高い命中精度により、短機関銃というカテゴリーの新たな可能性を切り開き、多くの軍隊や法執行機関で使用されている。

7.62×51mm NATO[編集]

G3A3
G3A3
G3A3 ZF
G3A3 ZF
G3を構えるケニア軍兵士
G3を構えるケニア軍兵士
G3A4を持つポルトガル陸軍兵士
G3A4を持つポルトガル陸軍兵士
Ak4を持つスウェーデン軍兵士
Ak4を持つスウェーデン軍兵士
G3
セトメモデロBに基づくオリジナルモデル
G3A1
MP40AKMSに類似した回転式フォールデングストックモデル
G3A2
ドラム式リアサイトモデル
G3A3
固定式ストック、ハンドガードがプラスチック化したモデル
G3A3A1
G3A3の両手利きトリガーグループモデル
G3A3ZF
G3A3にスコープを搭載したもの
G3A4
G3A3の伸縮型ストックモデル
G3A4A1
G3A4の両手利きトリガーグループモデル
G3KA4
G3A4のカービンモデル
G3KA4A1
G3KA4の両手利きトリガーグループモデル
G3A5
G3A3のデンマーク向けモデル、デンマーク軍制式Gv m/75
G3A6
G3A3のイラン向けモデル
G3A7
G3A3のトルコ向けモデル
G3A7A1
G3A4のトルコ向けモデル
G3P4
パキスタンのパキスタン・オーディナンス・ファクトリー(英:Pakistan Ordnance Factories POF)社製の二脚を付けたG3A4
G3-TGS
HK79グレネードランチャー搭載モデル[1]
Ak4
G3A3のスウェーデン製作モデル。M203 グレネードランチャー、光学サイトが装着できる
Ak4HV
Ak4のサイトを取り外し、着脱式光学機器内臓キャリングハンドルを装備したもの
BA-63
G3A3のミャンマーでのライセンス生産モデル。銃床やハンドガードが製に変更されている
BA-100
G3A3ZFのミャンマーでのライセンス生産モデル
H&K G3SG/1
検品の際に精度の高いものを選別した上で命中精度を向上させる改良を施し、二脚を付けた狙撃仕様モデル。ただし、厳密な意味では狙撃銃に分類されない
G8
HK11軽機関銃をドイツ国内向けにしたもの
G3 BP
アメリカのArmament Research社が作ったブルパップ方式ライフル

再設計モデル[編集]

H&K PSG-1
G3をベースに再設計された狙撃銃
MSG-3
G3をベースに再設計された狙撃銃。1987年ドイツ陸軍向けに納入されたMSG-90であり、性能や重量などは米軍向けのA1に相当。G3タイプの狙撃銃のなかで一番G3に近い、MSG-90タイプのストックを装備する。
H&K MSG-90
PSG-1を軽量化、低コスト化したモデル。フロントサイトがあるA1もある。
PSR-90
パキスタン・オーディナンス・ファクトリー社製が独自に開発したフロントサイトなしのG3SG/1にPSG-1のストックを組み合わせたもの。
ブルパックG3
イランの防衛産業機構(DIO)がG3をブルパップ化したもの。
HSG-1
ルクセンブルクのLUXDEFTECがPSG-1にオリジナルパーツをつけたもの。
MSG-90 SDN
メキシコのSEDENA社がMSG-90の銃床の顔当てとハンドガードを木製にしたもの。
PTR91
アメリカのPTR-91 Inc.社が製造するG3。ハンドガードはPTR-91 Inc.社のオリジナルパーツ。
MSG 91
アメリカのPTR-91 Inc.社が製造するG3タイプの狙撃銃である。光学機器搭載のレールがあるためかリアサイトが小さく、ハンドガードはオリジナルで、マグプル社のPRS2ストックを装備している。
BA-72
BA-63を短銃身化したもの、ハンドガードを縮小したためG3Kとは別物である。

HKシリーズ[編集]

HK11
マガジン装填式軽機関銃
HK21
ベルト給弾式汎用機関銃
HK41
民間向けG3。
HK91
民間向けG3、フルオート機構を追加できないようにしたHK41の改良型。
SR9
サムホールストックを装備したHK91。
SR9(T)
SR9にPSG-1タイプのトリガーとピストルグリップ、MSG-90タイプのストックを装備したモデル。
SR9(TC)
SR9にPSG-1タイプのトリガーとピストルグリップ、ストックを装備したモデル。映画『山猫は眠らない』で使用されたモデルに最も似ているがこれがベースかは不明。
XR41
イギリスのセイブルディフェンス社がライセンス生産したHK41。

社外カスタムガン[編集]

HK51
HK91をサブマシンガンサイズに切り詰めたモデル。アメリカのガンスミスの作品で、規制に合わせ銃身が突き出ている。
MC51
G3をサブマシンガンサイズに切り詰めたモデル。イギリスのFRオーディナンス製カスタムガン。
MC51 SD
MC51に内装式サプレッサーを装備したモデル。イギリスのFRオーディナンス製カスタムガン。

7.62×39mm[編集]

HK32
HK32KA3
カービンモデル。
PK7
パキスタン・オーディナンス・ファクトリー社製のG3A3ベースのオリジナルカービン。
SW-32
アメリカのSpecial Weapons社が製造するモデル。
PTR32
アメリカのPTR-91 Inc.社が製造するHK32である。ハンドガードはPTR-91 Inc.社のオリジナルパーツである。

5.56×45mm[編集]

民間向けモデルHK43
HK33
HK33K
カービンモデル。
T223
アメリカのH&R Firearmsがライセンス生産したHK33である。
T43
HK33A2のトルコMKE社でのライセンス生産モデル。
PK8
パキスタン・オーディナンス・ファクトリー社製のG3A3ベースのオリジナル、G3A3の装填口に新設計部品を付け、HK33用マガジンが使えるようにしている。
T50
トルコのMKE社が独自に開発したもの。独自のハンドガードと半透明マガジンとM4カービンの伸縮式銃床ピカティニー・レールを装備している。G36タイプの折りたたみ式銃床を装備したものもある。
HK33SG/1
命中精度を上げ、二脚を付けた狙撃仕様に改造されたモデル。G3SG/1同様、厳密な意味での狙撃銃ではない。
T12
トルコのMKE社が独自に開発した狙撃仕様のモデル。HK33のバレルを延長し、リアサイトを取り外し、PSG-1のストックとピカティニー・レールのハンドガードを装備したモデル。
11式
タイ製、HK33をブルパップ化したもの。サイトがM16タイプになっており、ステアーAUGタイプのバーティカル・フォアグリップが付いている。
HK13
マガジン装填式軽機関銃
HK23
ベルト給弾式汎用機関銃米軍のトライアルにおいてM249軽機関銃に敗れた。
HK43
民間向けHK33。
HK53
サブマシンガンサイズに切り詰めたモデル。
HK93
民間向けHK33。フルオート機構を追加できないようにしたHK43の改良型。
G41
M16のマガジンと互換性を持つ、NATOトライアル仕様。イタリア軍トライアルにおいてベレッタAR70/90に敗れた。
G13
マガジン装填式軽機関銃。M16のマガジンと互換性を持つ、NATOトライアル仕様。

GRシリーズ[編集]

照準器を固定式スコープに置き換え。

GR2(HK53)
GR3(HK33)
GR6(HK13)
GR9(HK23)

MP5シリーズ[編集]

MP5は、G3をベースとして開発された短機関銃である。

ルサ[編集]

ポルトガルのINDEP社が開発したINDEP ルサは、MP5を切り詰めたようなサブマシンガンである。

採用国[編集]

ギリシャの旗 ギリシャ
G3をライセンス生産して使用していたが、G36に変更した。
デンマークの旗 デンマーク
G3A5(デンマーク軍制式Gv m/75)を主力ライフルとして使用していたが、コルトカナダのC7に変更した。

ドイツの旗 ドイツ

現在は選抜射手長距離射撃ライフルとして使用するが、G28の登場で徐々に数を減らしている。
タイ王国の旗 タイ
G3は現在使用していない。HK33は現在も使用中。
トルコの旗 トルコ
G3A7を購入、のちに自国のMKE社がライセンス生産したものを使用、2010年からライセンス生産したH&K HK416に変更する予定だったが、ライセンス権の問題で生産できず、現在もG3およびHK33を主力として使用している。
イギリスの旗 イギリス
L100A1(G3KA4)としてSASが使用。
ポルトガルの旗 ポルトガル
G3を使用していたが、G36に変更した。
ノルウェーの旗 ノルウェー
AG-3を使用していたが、HK416に置き換えが進んでいる。
ラトビアの旗 ラトビア
ラトビア国家警備隊がAk 4を使用している。
リトアニアの旗 リトアニア
リトアニア陸軍がAk 4とドイツ製G3を使用している。
スウェーデンの旗 スウェーデン
Ak 4としてライセンス生産し使用していたが、Ak 5FN FNC)に変更した。
ミャンマーの旗 ミャンマー
BAシリーズとしてライセンス生産し使用していたが、EMERK-3(IMI ガリル)に置き換えが進んでいる。中古のBAは後方部隊や国家警察の装備に回されている。また、ミャンマー国軍と対立する反政府ゲリラ麻薬組織も鹵獲した物を少数使用。
イランの旗 イラン
G3A6を購入、のちにライセンス生産し使用。
パキスタンの旗 パキスタン
自国のPOF社がライセンス生産し使用。
フランスの旗 フランス
GIGNが使用していた。

遊戯銃[編集]

東京マルイからG3A3(電動は製造終了、現在エアコッキングのみ)、G3A4(現在は製造終了)、HK51(第37回静岡ホビーショー限定商品。現在は製造終了)、G3SG/1、PSG-1、MC51のほか、架空の極短縮モデルである「G3 SAS」が発売されており、KSCからはHK33K、HK33A2、HK33A3、HK53、HK53A2 SFPDが発売されている。特記事項があるもの以外はすべて電動ガンであり、KSC製品はエアコッキングガンとしても使用可能。MP5シリーズの遊戯銃については、MP5の当該項目を参照。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 白石光 (2009-07-28). ヒーローたちのGUN図鑑. 学習研究社. pp. pp.122-123. ISBN 978-4-05-404231-5. 
  2. ^ SHIN (2012-07-27). 月刊アームズマガジン 2012年9月号 総力特集 HECKLER&KOCH H&K MP5 CQB KING. ホビージャパン. pp. pp.22-33. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]