弾倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STANAG マガジンの絵。横に寝かせ上から見た図。手前側(絵の右下部分)を銃に差し込む

弾倉(だんそう、: Magazine)は、火器弾薬をあらかじめ装填しておき、発射の際に次弾を供給するための、銃の部品のひとつである。英語の発音をそのまま借りてマガジンとも言う。外付けのもの(脱着式)と、に内蔵されているもの(固定式)がある。前者は半自動式拳銃(セミ・オートマチック・ピストル)や自動小銃軽機関銃に、後者はボルトアクション方式など手動小銃や回転式拳銃(リボルバー)でよく見られる。当然ながら改造してある品や模造品、また、正規品であったとしても"仕様"として極稀にオートマチック式で固定式の物もあれば、回転式で脱着できるものもあるため、一概には言えない。

概要[編集]

FN ブローニング・ハイパワー用ダブルカラム式弾倉と、その分解状況

銃砲に弾薬を最初に装填する時や、火器が一発の弾薬を発射し終えたあと、弾倉の中の弾薬が自動または手動で薬室に送り込まれる。弾薬は送り板(フォロアー)を底面としてばねの力で押し上げられており、勝手に飛び出さないように留め金が付けられているか、曲げ加工されている。いくつかの種類の弾倉は、クリップで簡単に装填することができる。クリップと弾倉は混同されやすいが、別物である(ただし、M1ガーランドなどのエンブロック式クリップは一種の弾倉と考えることができる)。

弾倉にはいくつかの種類があるが、最も一般的なものは脱着式であり、箱形のものが多い。弾は先細りの形状をしているため、20発程度までのものは直線的な形状をしているが、30発以上装填できるものは湾曲していることが多い。これは、バナナの形になぞらえて、「バナナ型弾倉」と呼ばれる。

初期の箱形弾倉は、縦に一列に装填していくものだったが、7-10発しか装填できないものが多かった。そこで、弾倉の幅を拡げ、互い違いに装填していくことで装填数を増やす工夫がなされた。前者を「単列式」または「シングルカラム式」、後者を「複列式」または「ダブルカラム式」という。しかし、日本陸上自衛隊が新型拳銃を導入する際、ダブルカラム式拳銃の銃把日本人の手には大きすぎるという理由から、装弾数を犠牲にしてシングルカラム式のSIG SAUER P220が採用されているが、SAT(特殊急襲部隊)やSIT(特殊捜査班)、SST(海上保安庁特殊警備隊)・SBU(海上自衛隊特別警備隊)などはダブルカラム式の拳銃も採用している。なお、近年は日本人の体格も昔に比べ、一段と良くなっているため、ダブルカラム式の自動式拳銃を普通に握れる人は男女問わず多い。

また、シングルカラム式でもデザートイーグルオートマグIIIのように、マグナム弾カービン弾など、全長の長い特殊な弾薬を使用するために握りにくい物もあれば、ダブルカラム式でもCz75ブローニングHPなど人間工学を利用したり、射手のことを考慮して手の小さな人でも握りやすくした物もあり、一概には言えない。

さらに、箱型弾倉には、スオミ KP/-31短機関銃スペクトラ M4短機関銃のように、4列が並んだ「複々列式」も存在する。

歴史[編集]

1878年ウィスコンシン州ミルウォーキー時計職人銃職人ジェームズ・パリス・リーは、5発入りの着脱式箱型弾倉を発明し、特許を取得した。

1879年、老舗銃器メーカーのレミントン社がリーと契約し、新型弾倉を備えた銃の発売を始めたが、当時レミントン社は経営危機にあったこともあり、商業的には失敗に終わった。1886年、リーはレミントンに見切りをつけ、イギリスに渡り、王立小火器工廠と契約した。こうして生まれたリー・エンフィールド銃は大成功を収め、イギリス軍の長寿シリーズとなった。第二次世界大戦期にかけてのマガジンは、着脱こそできたがあくまで分解清掃の際に邪魔にならないようにという配慮からで、予備弾倉を携行して弾切れ時に交換する考え方はなかった(SMLEやSVT-40など)。

バリエーション[編集]

DP28軽機関銃のパンマガジン
ボックスマガジン
もっとも一般的なマガジンの形状で、箱型のケースの中に弾薬が一列、あるいは互い違いに並べられ、普通は底部に設けられたバネにより順次銃本体に送り込まれる。装弾数が多いものでは湾曲しバナナ型になることが多い。基本的に銃の機関部の下側に取り付けられるが、上部や側面に差し込む方式(ステンガンなど)も存在する。構造の単純さゆえに安価で信頼性が高いという利点があるが、装弾数を増やし過ぎると弾倉が長すぎるようになり、銃から大きく突出して保持射撃の障害となるため、大容量化には限度がある。近年では残弾数が一目でわかるように樹脂製の半透明の物も存在する。
ドラムマガジン
多くの弾丸を収納し、ゼンマイ動力で送り出す円筒形の弾倉(トンプソン・サブマシンガンPPSh-41など)。近年のものには、後方が透明のプラスチック製で残弾が容易に確認できるものもある。構造が複雑で目詰まりしやすい上にコストが高く、特に第二次世界大戦後は軍用としては少数派である。この他、軽機関銃用として弾帯を丸めて収納しただけで、中身にゼンマイなどの機構を備えないタイプのドラムマガジンもある(MG34RPDなど)。
パンマガジン
「パン」とは平たい鍋のことであるが、日本語では円盤型、皿形とも呼ばれる弾倉。銃弾は内部の円盤型保弾板上に先端を円の中心に向けてぐるりと配置され、やはりゼンマイ動力で送り出す。使用する弾薬が旧式で、薬莢がリム付き(.22LR、7.62x54mmR、.303ブリティッシュなど)であることが多い。射撃時に弾倉自体が回転する物もあった。ほとんどの物(アメリカン180DP28ルイス軽機関銃など)は、薬室上部に水平に設置されるが、シャテルロー(Chatellerault) M1931のように側面に垂直に設置されるものもある[1]。装弾数は多いが大型で重く、物によっては破損しやすいなど問題もあり、現代ではこの形式を採用している銃はごく少ない。
ヘリカルマガジン
細長い円筒形または多角柱で、内部の螺旋状の溝に多くの弾丸を収納し、銃の前方下部や後方上部に銃身と並行に取り付けられる。スパイラルマガジンとも呼ばれる。採用例はキャリコM100PP-19 ビゾンなど。比較的新しい形式で、採用している銃はごく少ない。多数の弾薬をコンパクトな空間に収められるという利点があるが、構造が複雑な上、前後に細長い形状のため残弾が減少するにつれて弾倉の、そして銃全体の重心位置が変わってバランスが崩れるという欠点がある。

この他、銃上部に寝かせて設置され、装填直前に弾丸が90度回転する機構をもつ特殊な細長いボックスマガジン(P90など)もある。

内蔵型では上記ボックスマガジンと同じ原理の箱型(Kar98kM1903シュタイヤーM1901自動拳銃など)、ロータリー型(シュタイヤーSSG69狙撃銃など)、チューブ型(ポンプアクションショットガンの多くやレバーアクション型小銃)が存在する。リボルバーシリンダーもこの範疇といえる。

さらに20-40mmクラスの対空機関砲などには、何発かまとめたクリップを次々と上から載せていく方式の固定式弾倉(ホッパー式)がある。イタリアM1914重機関銃日本十一年式軽機関銃も、小火器としては珍しくこの方式で、5発ずつクリップにまとまった小銃弾を重ね装填していくが、ホッパー弾倉自体は容易に取り外して交換可能である。

脱着式と固定式[編集]

脱着式と固定式では、固定式の方が再装填に時間がかかることから、法規制の厳しい狩猟用やホビー用などに限られる傾向があり、軍事用途や警察・法執行機関用途では圧倒的に脱着式のものが多く採用されている。

脱着式の弾倉は、銃により形状と大きさが明白に異なることが多い。たとえばM16系とAK系の弾倉は、特徴を掴めば一目で見分けることができる。しかし、同じ弾薬を用いる場合、たとえばルガー・ミニ14AR-15の弾倉、M16と89式5.56mm小銃の弾倉を一目で見分けるのは難しいが、共用できるよう最初から規格が合わせてある場合が多い。逆に、外見が良く似ているAK-47/AKM系とAK-74では使用弾薬が異なるため、暗所でも手触りで区別できるように銃床の中央に溝を入れるなど、工夫がなされている。

関連項目[編集]