RPD軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RPD軽機関銃
LMG-RPD-44.jpg
RPD軽機関銃
RPD軽機関銃
種類 軽機関銃分隊支援火器
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 設計 ヴァシリ・A・デグチャレフ
製造コブロフ社
仕様
口径 7.62mm
銃身長 521mm
使用弾薬 7.62x39mm弾
装弾数 100発(ベルト給弾式、専用ドラムマガジンに収納)
作動方式 ガス圧
全長 1,037mm
重量

7.5kg(本体重量)

8.9kg(弾丸とドラムマガジン付)
発射速度 650発/分
銃口初速 735m/秒
有効射程 100-1,000m
歴史
テンプレートを表示

RPD軽機関銃ロシア語: Ручной пулемёт Дегтярёва:略称РПД)は、SKSカービン用に開発された7.62x39mm弾を使用する分隊支援火器として、前任のDP28軽機関銃を設計したヴァシリ・A・デグチャレフが1944年に設計した軽機関銃である。

概要[編集]

RPD軽機関銃は、1950年代を通じてソビエト連邦軍で使用された。この銃は、伏せ撃ち用に二脚を標準装備していた他、腰だめ撃ちが可能なようにスリングを取り付ける金具も有している。

この銃は弾薬を非分離式の金属製リンクに装着してそれを専用のドラムマガジンに収納して使用する。この給弾方式のせいで前線において他の兵士が持つAK-47と弾薬を即座に使いまわすことが出来なかったため、1960年代にはAKM分隊支援火器仕様であるRPK軽機関銃に交替して退役した。

運用[編集]

RPD軽機関銃は、東欧諸国中国(56式分隊機関銃)、北朝鮮(62式)などでライセンス生産され、ベトナム戦争においても北ベトナム人民軍南ベトナム解放民族戦線が大量に使用していた。現在でも中国や北朝鮮、ベトナムなどで予備兵器として保管されているほか、地域紛争で使用されている。 また、一部のものはペルー警察などでも使用されている。





登場作品[編集]

関連項目[編集]