M61 バルカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M61 バルカン
M61 Vulcan AMX.jpg
種類 6砲身ガトリング式回転式キャノン砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1959年-現在
配備先 アメリカ合衆国/NATO
関連戦争・紛争 ベトナム戦争, 湾岸戦争, 対テロ戦争
開発史
開発期間 1946年
製造業者 ゼネラル・エレクトリック
派生型 以下参照
諸元
重量 248ポンド (112 kg)(給弾装置は含まない)(M61A1)または

202ポンド (92 kg)(給弾装置は含まない)(M61A2)
(HEI)100g(3.5oz)(弾丸

全長 71.93 in (1,827 mm)

弾丸 20x102mm
口径 20mm(0.787in)
銃砲身 6本
作動方式 油圧式, 電気着火式, ガトリング
発射速度 毎分6,000発(M61A1)
毎分6,600発(M61A2)
初速 3,450feet per second (1,050 m/s)(PGU-28/B弾を使用時)
装填方式 ベルトまたはリンクレス給弾装置

M61 バルカン(M61 Vulcan)は、アメリカ合衆国ゼネラル・エレクトリック(GE)社が開発した20mmガトリング砲航空機関砲や艦艇・地上部隊用の低高度防空用機関砲として用いられる。

日本においては、開発時のコードネーム、及び製品名であるバルカン(Vulcan:ローマ神話に登場する火神。ギリシア神話鍛冶ヘーパイストスに相当) の名で知られる。

概要[編集]

M61は、20mmのガトリング砲で、6本並べた砲身を反時計周りに回転させて連射を行う。現在、M61M61A1M61A2 の3モデルが存在し、信頼性が高い事などから1958年ロッキードF-104スターファイターに搭載されて以来、アメリカ空軍機関砲を搭載した戦闘機のほぼすべてに採用されている[脚注 1]。また、CIWS(近接防御火器システム)の一つ、ファランクスなどにも使用されている。

開発は1946年から開始されている。これは航空機の高速化を見込んで航空機関砲の発射速度増大が必要となり、その方法として多砲身機関砲・ガトリング砲に注目したためである。発射速度が非常に高いところを目標としたために、砲身を動作させる外部動力にガス動作式は不安があり、電気動作式となっている。開発が完了したのは1956年のことである。

発射速度は戦闘機に搭載する場合、毎分4,000発と6,000発の切り替え式(最大で毎分7,200発、試験的に行った記録では12,000発)で、毎分6,000発の発射速度で射撃する場合、およそ2tの反動が生じる。ただし、ガトリング砲全般に言える事であるが、発射開始から規定の回転数までのスピンアップに時間がかかる(風車発電ガンポッドで数秒、電動式で1秒弱、油圧式で0.3秒程度)ため、その間はスペック通りの発射速度は発揮できず(油圧式の場合、射撃開始後1秒間の発射速度は毎秒70発程度)また、銃身の回転が安定していないため集弾も回転方向にぶれる傾向がある。M61A1では給弾機構に改良が加えられ、当初F-22用として開発されたM61A2では砲身の肉厚を削ることで耐久性を犠牲にしつつもスピンアップ時間の大幅な短縮に成功している。なお、射撃停止には0.5秒程度の時間を要する(この間、砲弾は発射されないが、供給される砲弾が未使用のまま弾倉へと収容される)他、砲身の加熱による影響から、1回の発射時間は2秒以内に制限されている。

システム全体の重量は140-190kgあり、軽量化したM61A2でも96kgほどになる。なお、FOD(エンジンの異物吸入による損傷)防止のため、航空機搭載タイプでは空薬莢は回収される。砲身長は標準で1.52m。信頼性に優れ、故障が発生する確率は100,000発に1回程度と言われている。また、砲身寿命はおよそ12,000-18,000発、システム全体の寿命は150,000発程度である。

使用弾種としては、重量100グラムのM50シリーズが主に用いられており、M56榴弾やM56A1焼夷榴弾、M53徹甲焼夷弾、M53A1徹甲焼夷弾、M56A3焼夷榴弾、さらには新型のPGU-28半徹甲焼夷榴弾などが使用される。ただし、口径20mmでは、1弾あたりの破壊力が小さいと懸念する向きもある。対艦ミサイル迎撃用であるバルカン・ファランクスでは装弾筒付き高速徹甲弾(APDS)が使われ、これはアメリカ軍では劣化ウラン製であるが、日本オーストラリアなどではタングステン合金製である(アメリカ海軍でも1988年以降はタングステン合金製弾芯を使用しているとされている)。

ガンポッド[編集]

SUU-16
ガンポッドとしてM61バルカンと1,200発の弾薬を搭載したもので風力タービンにて作動する。
元々は地上掃射用に開発されたものだったために動力源が風力タービンとなっており、スピンアップが遅く引き金を引いてから定常回転数(6,000発/分)に達するまで1秒もかかる欠点や低速度飛行時には十分な風力が得られない問題があった。
ベトナム戦争では、元々機関砲を装備していないF-4C航空機関砲として胴体下に搭載されたが、戦闘機の電子照準器と連動しておらず、射撃精度はパイロットの勘と腕に頼る一面があった。
SUU-23
ガンポッドとしてM61A1バルカンをガス圧駆動に改造したGAU-4を搭載している。母機からのマスター・アーミング・スイッチによって作動する電動イナーシャモーターを搭載している。このイナーシャモーターは最低40秒で発射可能回転数に達する。発射の際はこのイナーシャモータが接続されることにより発射動作が行われる。
発射速度が5,400発/分に達するとモーターの接続は外れ、以降はガス圧駆動により6,000発/分まで加速、発射速度が維持される。接続が外れた後もイナーシャモーターは回転を続けており、不発などにより発射速度が5,400発/分に落ち込むと再度モーターが接続する。この方式によりスピンアップ時間は0.2-0.4秒に向上し、低速度飛行時でも射撃できるようになった。また、戦闘機の電子照準器との連動を実現し、射撃精度の向上を果たした。
ベトナム戦争では、元々機関砲を装備していないF-4Dなどに航空機関砲として胴体下に搭載された。

搭載兵器[編集]

F-4ではE型等の機首下部にM61A1が装備された(写真はEJ型機)
M61バルカン用20mm擬製弾(JM51A1)
E型(空軍向け)などでM61A1を搭載する。
D型などでM61A1を搭載する。
M61A1/A2を搭載する。
本機の機関砲搭載位置に合わせ長砲身化・その他の改良を施したM61A2を搭載する。
M61A1をライセンス生産したJM61A1を搭載する。
  • ファランクス
M61A1を使用した艦載用の近接防御火器(CIWS
世界的には、従来のM61を微調整のみで艦載化しており、CIWSであるMk.15ファランクスにも使用されている。ファランクスに使用されているM61A1は1988年に配備が開始されたBlock1 ベースライン0から、駆動方式が空気圧モーターに変更されている。また、Block1Bでは砲身長が60インチから79インチに変更されている。

派生型[編集]

M168
地上運用を前提に、補機などの構成を調整した派生型。M168とレーダー射撃管制装置を組み合わせた対空砲システムとしてVADS(Vulcan Air Defence System)が開発され、M113装甲車をベースとしたM163対空自走砲、牽引式のM167牽引式対空砲が配備された。
日本でも航空自衛隊が、M167の改良型をVADS-1として基地防空用に配備している。
M197
M61を基に砲身を3本に減らして軽量化したものであり、攻撃ヘリコプターAH-1シリーズに搭載されている。
JM61-M
JM61-RFS Mk.2
JM61-M
日本で開発された人力操砲式の艦載版。日本では従来、航空機関砲型のM61A1をJM61Aとしてライセンス生産し、支援戦闘機に搭載していたが、これをもとに開発されたものである。発射速度を毎分450-500発に落とし(弾倉の装弾数は不明)、薬莢を回収する容器を取り付けられるように改良されており、海上保安庁巡視船や、海上自衛隊掃海艇機雷処分用)や輸送艦艇に搭載されている。
いわば本格的な艦砲機関砲より安価な自衛火器という位置づけで、補助艦艇に多く採用されている。
JM61-RFS
JM61-Mをもとに開発された遠隔操作型で、光学方位盤により遠隔指揮を受ける。原型機は海上保安庁の巡視船「しきしま」、ついで小改正型が海上自衛隊の1号型ミサイル艇に搭載された。
続いて、より射撃精度を向上させたRFSと、これと連接されるJM61-RFS Mk.2 20mm機関砲が開発された。これらは、不審船対策の一環として、海上保安庁の巡視船に広く配備されている。


M134
いわゆるミニガンであり、7.62mm NATO弾を使用する重機関銃である。

「バルカン砲」と「ガトリング砲」の混同[編集]

日本ではバルカン砲ガトリング砲が混同されることが多く、さらにはリヴォルヴァーカノンチェーンガンなど、ガトリング砲ではない機関砲あるいは機関銃全般をも「バルカン砲」と称することも少なくない。これらの用法は、本来バルカン砲が指す意味から外れる誤用である。

一製品名としての「バルカン砲」[編集]

「バルカン」とはM61ガトリング砲に付けられた製品名、つまり固有名詞であり、銃器の分類を示す一般名詞ではない。「バルカン砲」が指すのはM61シリーズのみである。

しかし、英語圏においても、ガトリング砲全般や連射機構に外部動力を要する銃器、つまり機関銃機関砲Vulcan Cannon(バルカンカノン)と呼び、バルカン砲は連発式銃器を指す通称として浸透していることが窺える。[要出典]

諸元(M61A1)[編集]

展示されるJM61A1
M61A1を住友重機械工業にてライセンス生産したもの
  • 種類:回転式多砲身機関砲
  • 砲身数:6砲身
  • 口径:20mm
  • 弾薬:20x102mm弾
  • 機構:油圧駆動・電気雷管式撃発
  • 全長:1.88m
  • 直径:0.34m
  • 砲身重量:114.5kg
  • 全備重量:298kg
  • 発射速度:毎分 4,000発、または6,000発(最大:7,200発、試験的に行った記録では12,000発)
  • 規定発射速度到達時間:約 0.3秒
  • 最大連続射撃時間:2秒
  • 砲弾収束性:8ミル
  • 射撃時反動:約 2t(射撃速度:毎分6,000発)
  • 砲口初速:1,036m/秒
  • 有効射程距離:約 810m(航空機による空対空射撃)/約 1,490m(CIWSなどによる地対空射撃)
  • 砲弾全長:168mm
  • 砲弾総重量:257g
  • 砲弾発射重量:約100g
  • 信管重量:約11g

脚注[編集]

  1. ^ F-35 ライトニングIIでは搭載されない。ただし、この内B型C型は航空機関砲を搭載すること自体を要求されていない

関連項目[編集]

M61を小型化した7.62mmガトリング銃。「ミニガン」の呼び名で知られる。

外部リンク[編集]