ブレン軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレン軽機関銃(下記スペックはMk.1に準ずる)
Bren1.jpg
ブレンMk.1
概要
種類 軽機関銃
製造国 イギリスの旗 イギリス
設計・製造 エンフィールド王立造兵廠
性能
口径 7.7mm(0.303インチ
銃身長 635mm
使用弾薬 .303ブリティッシュ弾(L4への改修後は7.62x51mm NATO弾
装弾数 30発
作動方式 ガス圧利用・ティルトボルト
全長 1.156mm
重量 8.68kg
発射速度 500-520発/分
銃口初速 747.3m/s
有効射程 550m(600ヤード
ブレンガンを使用するイギリス兵 1944年
「ロニー・ザ・ブレンガン・ガール」ことヴェロニカ・フォスター1941年5月10日、イングリスの軍需工場にて)

ブレン軽機関銃(ブレンけいきかんじゅう、Bren Light Machine Gun)、通称ブレンガンは、1930年代から広く使用されたイギリス製の軽機関銃である。特に第二次世界大戦中、イギリス軍とその同盟国軍で、歩兵部隊に欠かせない軽機関銃として作戦に多用された。その後も、朝鮮戦争フォークランド紛争湾岸戦争に至るまで使用され続けた。

概要[編集]

1930年代イギリス軍は新型軽機関銃について競作を行った。その結果、採用されたチェコスロバキアZB vz.26軽機関銃を、使用弾薬.303ブリティッシュ弾に変更してライセンス生産したのがブレン軽機関銃である。1950年代からは、7.62x51mm NATO弾が使えるように改修され、L4として運用され続けた。二脚が標準装備されているが、三脚を使うこともでき、また、車輌への搭載も積極的に行われた。

イギリス軍の後の作戦では、ベルト装弾式のL7汎用機関銃FN MAGをベースにしたもの)に置き換えられた。また、分隊支援火器としては、5.56x45mm NATO弾を使用するL86(SA80の分隊支援バージョン)や、ミニミ軽機関銃(イギリス名L108、L110)に置き換えられた。

開発経緯[編集]

イギリス陸軍1935年に、ルイス軽機関銃などに代わる新型軽機関銃の競作(トライアル)を実施した。選考の結果、チェコスロバキアブルノ(Brno)ZB vz.26軽機関銃系列のZB27が、ブローニング・アームズ社のBARやマドセン社などを破って採用され、ライセンス生産契約が結ばれた。若干の設計変更が行われ、最も大きな変更点は、弾薬.303ブリティッシュ弾を使用するために、リム(起縁)付きの銃弾の形状に合わせて弾倉を直線箱形から湾曲箱形に切り替えたことと、銃身の設計を変更したことである。ブレン(Bren)の名前は、「Brno」と「Enfield」から採られている。エンフィールドには、ロイヤル・スモール・アームズ・ファクトリー(RSAF)がある。

動作は原型のZB26系列のままガスオペレーション式で、弾薬はイギリス軍の当時の標準小銃、エンフィールドMk.4(No.4とも)のものと共通化している。発射速度はモデルによるが毎分約480-540発である。持続射撃を行って銃身過熱(オーバーヒート)を起こした時や、銃身が摩耗した時などのために、スペアの銃身に即座に交換できるような設計も原型と同じである。さらに後のバージョンでは、クロム処理が行われ、耐久性が向上している。

このベルト給弾式の機関銃よりもはるかに軽く、それにより移動や、さらには立射なども容易になっている。弾倉は、以前の50連ベルト給弾を使う場合などのように弾薬が汚れることを防いだ。

運用[編集]

ブレンガンは、他の武器と同様、弾倉のバネが強すぎることによる給弾不良やジャム(弾詰まり)を防ぐために、通常28-29発だけ装填して使用された。なお、対空用途には、100連のドラムマガジンも使われることがあった。

何人かの使用者は、コーンの設計により、ブレンガンの射撃精度が高すぎると指摘した。しかし、制圧射撃の際に使えないということはなかった。正確に射撃できた方が効果が高いと考えられたからである。通常の制圧射撃では、弾丸を拡散させることで鎮圧効力を持たせるが、の正確さと射手の熟練度があれば、必ずしも弾薬を拡散させる必要はなかった。

ブレンガンは、Mk.Iでは約8.7kgと、軽機関銃としては平均的な重量を持つ。このことは作戦中に、軽機関銃としてだけでなく、重機関銃イギリス軍の分類では厳密には中機関銃)として、射手と装填手の2名による持続射撃を行うことも可能とした。長距離を行軍する場合には、しばしば分解され、二人の兵士が分担して運ぶことがあった。

ジョージ・マクドナルド・フレイザーが彼の経験として書き記したこととして、1丁のブレンガンが8名からなる小隊に配備されていたとしている。一人のブレンガン射手に対して、他の兵士は彼の「第二の射手」として、全員が予備のブレンガン用弾倉、交換用銃身を持ち、戦闘時には弾倉の交換を行った。時折は、一人の射手が自動小銃を扱うかのようにブレンガンを使用した。

一般的には、各兵士はブレンガンの弾倉を2個ずつ予備として持っていた。

ブレンガンは、車輌搭載用の機関銃として使用されることも多く、ユニバーサル・キャリア(一部はブレンガン・キャリアと呼ばれた)、戦車装甲車に搭載された。ただし、戦車においては同軸機銃としてでなく、レイクマン対空機銃架などを用いた車載機銃として使用され、同軸機銃にはBesa(チェコスロバキアのZB vb53のイギリス仕様)が使用された。

ブレンガンは、イギリス軍兵士の間では、その高い信頼性と戦闘効果により、高い評価を得た。このため、長い間他の武器と代替されなかった。何名もの元兵士は、現在までに作られた最高の軽機関銃であると評価している。

NATO弾(7.62mm弾)が制定されてからは、この弾丸に適合するように、制式名称L4として改修され、1980年代まで第一線にあった。それまでのリム付き弾薬からリムレス弾丸に変更されたため、大きく湾曲していた弾倉は(もとのチェコ設計の直線弾倉に似た)より使いやすい湾曲の少ない弾倉に切り替えられた。円錐型のフラッシュハイダーは、同時代のL1ライフルおよびL7汎用機関銃と同じような、スリット式のものに改修された。

歩兵用軽機関銃が、5.56mm弾薬を使用するミニミ軽機関銃に置き換えられたことをもって、ブレンガンL4はその運用を終えた。

インドパキスタンなどの旧英領諸国では現在も現役兵器として使用されている。

派生型[編集]

ブレン軽機関銃
Mark 1(Mk.I)
1938年8月から運用開始された。チェコの設計を元にしたブレンガンの基本形である。
Mark 2(Mk.II)
1941年に登場した。Mk.Iを簡略化したものである。Mk.IIの特徴として、リアサイトがドラム調整型から起倒式のタンジェントサイト型になった事等が挙げられる。モノタイプ社を通じて、多数の工場で部品が製造された。
Mark 3(Mk.III)
エンフィールド工廠により、Mk. IIを短くし、軽量化を図ったもので、1943年東部戦線向けに製造された。ソビエト連邦レンドリース形式で供与されたが、弾薬英軍仕様のままであったため、前線では使用されなかった。
Mark 4(Mk.IV)
1944年に登場。
L4
1958年に登場。L4ブレンは、弾倉が直線型であるために、容易に見分けがつく。すべてのL4は7.62x51mm NATO弾が使用できる。L4のバージョンについては、次の表を参照。
制式名 特徴
L4A1 ブレンMk.Iの二脚鋼鉄銃身を改修したもの
L4A2 ブレンMk.IIIの軽量化された二脚と鋼鉄製銃身を改修したもの
L4A3 ブレンMk.IIを改修したもの
L4A4 L4A1の鋼鉄製銃身・クロム処理済み銃身を改修したもの
L4A5 ブレンMk.IIIをイギリス海軍向けに鋼鉄製銃身で改修したもの
L4A6 L4A1の銃身をクロム処理したもの
L4A9 ブレンをL7とともに車載用としたもの

製造状況[編集]

使用状況[編集]

登場作品[編集]

外部リンク[編集]