ストライクウィッチーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストライクウィッチーズ
ジャンル メカ少女架空戦記
小説:ストライクウィッチーズ
スオムスいらん子中隊シリーズ
著者 ヤマグチノボル
イラスト 島田フミカネ、上田梯子
出版社 角川書店
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 2006年10月 -
巻数 3巻(2013年5月現在)
小説:ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻
著者 南房秀久
イラスト 島田フミカネ、上田梯子
出版社 角川書店
レーベル 角川スニーカー文庫
発売日 2008年8月
漫画:ストライクウィッチーズ 蒼空の乙女たち
作者 かずみ義幸
出版社 角川書店
掲載誌 コンプエース
発表期間 2005年9月 - 2006年1月
漫画:ストライクウィッチーズ 天空の乙女たち
作者 たなか友基
出版社 角川書店
掲載誌 月刊コンプエース
レーベル カドカワコミックス・エース
発表号 2008年3月号 - 2009年1月号
巻数 全2巻
OVA
原作 島田フミカネ & Projekt kagonish
監督 杉島邦久
キャラクターデザイン しんごーやすし
アニメーション制作 GONZO
製作 ストライクウィッチーズ製作委員会
発売日 2007年1月1日
アニメ
原作 島田フミカネ & Projekt kagonish
監督 高村和宏
シリーズ構成 ストライカーユニット
キャラクターデザイン 高村和宏
メカニックデザイン 寺尾洋之
音楽 長岡成貢
アニメーション制作 GONZO
製作 第501統合戦闘航空団
放送局 放送局参照
放送期間 2008年7月 - 9月
話数 全12話
アニメ:ストライクウィッチーズ2
原作 島田フミカネ & Projekt kagonish
監督 高村和宏
シリーズ構成 ストライカーユニット
キャラクターデザイン 高村和宏
メカニックデザイン 寺尾洋之
音楽 長岡成貢
アニメーション制作 AICスピリッツ
製作 第501統合戦闘航空団 2010
放送局 放送局参照
放送期間 2010年7月 - 9月
話数 全12話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ライトノベル漫画アニメゲーム
ポータル 文学漫画アニメラジオゲーム

ストライクウィッチーズ』 (STRIKE WITCHES) は、島田フミカネ及びProjekt Kagonish原作・角川書店企画のメディアミックス作品。コラム・漫画小説アニメなどがある。ファンからは「ストパン」「SW」「スト魔女」「ストウィ」「スウィッチ」の愛称でも親しまれている[1][2]

目次

概要[編集]

島田がコンプエース創刊号から連載していた、大戦中の空軍・陸軍兵器を擬人化したメカ少女のイラストコラム系企画であり、当初からメディアミックス企画として展開される事を念頭に置いて立ち上げられたものである[3]

しかし、OVAが出たのは2007年であり、同年には島田がキャラクター原案として携わった『スカイガールズ』が先にテレビアニメ化された。『スカイガールズ』と比較して、「ストライカーユニットと呼ばれる脚に装備する機械で飛行する」という島田の独特なデザインになっている。そのためか、クレジットでも原作と表記されている。また、作品の舞台となる世界では魔法が存在し使用されている。戦闘服軍服及び普段着の上着であり、島田のデザインの特徴が表れている

OVA版制作は発表されたものの、その後の本作アニメの制作を担うGONZO親会社であるGDHの経営不振によるアニメ制作の方針転換の影響をまともに受ける形で、販売時期と形態について二転三転、2007年1月1日フィギュア・イラスト集とのセット販売で「ストライクウィッチーズ 2×2+3Dボックス 〜機械化乙女秘めごとパック〜」がとらのあなで限定発売された。

その後、2007年12月に再度アニメ製作が発表、2008年7月よりテレビアニメが放送開始され、同年10月まで全12話が放送された。漫画版も、月刊コンプエースで2008年3月号より再度、連載開始され、2009年1月号まで連載された。

アニメ版は平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編(劇場公開・テレビアニメ・OVA)に選ばれている[4]

DVD第6巻とアニメ公式サイトにおいて第2期の制作が発表され、2010年7月から同年9月まで放送された。

ゲームはニンテンドーDS版、PlayStation 2版、Xbox 360版が発売されている。

2010年10月28日ニコニコ大会議2010秋にて、劇場版の制作決定が発表され、2012年3月17日から公開された。

2013年10月13日、「みんながいたからデキること! bis」にて、OVAおよびストライクウィッチーズシリーズの新テレビアニメの制作[5][6]が発表された。

2014年3月15日、上記の「みんながいたからデキること! bis」にて製作が発表された新OVA『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow』の公式サイトが公開された。全3部作のショートストーリー(各30分)で、2014年秋より順次公開予定[7]。時系列的にはテレビアニメ第2期終了後から劇場版第1作開始までの間で、テレビアニメ第2期終了後に解散し各地へ帰還した第501統合戦闘航空団のメンバーの様子を描く[7]

ストーリー[編集]

地球とよく似ているが魔力が存在する世界の20世紀初頭、突如出現した異形の敵「ネウロイ」の圧倒的な戦力と瘴気の汚染による大陸侵略が進んでいた。人類は唯一の希望として、魔導エンジンによる飛行脚「ストライカーユニット」を唯一駆ることの出来る魔力を持つ少女「魔女(ウィッチ)」による「機械化航空歩兵(ストライクウィッチーズ)」に望みを託した。

以下は、主なストーリーを劇中の時系列順に沿って記述する。

漫画版「ストライクウィッチーズ零(ぜろ)1937 扶桑海事変」[編集]

1937年、第一次ネウロイ大戦終結より20年近く経た時代。扶桑皇国近海にはウラル山脈方面から出現するネウロイが度々飛来するようになっていた。舞鶴の講道館道場にて剣を学ぶ弱冠12歳の少女、坂本美緒は、自らの能力「魔眼」の力を御することが出来ずにいた。やがて師匠・北郷章香の教えのもとに迷いを絶ち、ウィッチとなる決意をした彼女は仲間と共に扶桑の守りにつく。そこで出会う陸軍のウィッチ達と切磋琢磨しつつ次第に成長していく美緒。だが、戦いはやがて激しさを増し、後に「扶桑海事変」として語られる総力戦へと雪崩れ込んでいく。

小説版「スオムスいらん子中隊シリーズ」[編集]

1939年、ネウロイの攻撃により欧州本土が危機に晒されるなか、戦場から遠く離れた扶桑皇国では陸海軍のウィッチを義勇兵として派遣することになった。皇国近海で起こったネウロイによる襲撃事件「扶桑海事変」において活躍し、国民的英雄となった陸軍のウィッチ・穴拭智子は、欧州カールスラントへの派遣を前に意気上る心境でいた。しかし、彼女が送り込まれたのは、欧州の辺境・スオムスであった。他にも本来の所属国で活躍出来ず、つまはじき同然の扱いでやってきた実力もやる気も半人前のウィッチたち。そんな彼女たちの寄せ集め集団「いらん子中隊」こと「スオムス義勇独立飛行中隊」は、様々な問題を抱えながらもネウロイの脅威に立ち向っていく。

漫画版・小説版「アフリカの魔女」シリーズ[編集]

1942年、ネウロイは人類側の抵抗の薄い西アジアから北アフリカへ侵攻し、スエズ運河が陥落。さらに地中海南方から欧州が脅かされる危険も生じていた。人類側はカールスラント・ロマーニャ・ブリタニア・リベリオン・扶桑の各陸軍による防衛戦を構築し、北アフリカの防衛とスエズ運河の奪還を目指していた。灼熱の太陽に照らされる荒野の只中で、第31統合戦闘飛行隊「ストームウィッチーズ」(小説版では部隊名はアフリカ)を中心とする人類連合軍アフリカ軍団の奮戦と、ウィッチや彼女らを支える男たちの戦いが群像劇として描かれる。

テレビアニメ版第1期[編集]

1944年、既に欧州本土の大半がネウロイの勢力に落ちてしまっていた。世界各国は事態の打開を図るために一大反攻作戦を計画。そのための戦力の一環として連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」[8]を組織し、各国のトップエースや将来有望な若いウィッチを招聘することとなった。そんな中、扶桑皇国の一女学生であった宮藤芳佳は、その類い希なるウィッチとしての素質を見込まれて「STRIKE WITCHES」の教官・坂本美緒にスカウトされる。父親の死のトラウマから戦いを嫌い当初は入隊を拒んだ芳佳だったが、戦火の中で人々を守るために自分の果たすべき役割を悟り、父親の遺産とも言えるストライカーユニットと共に戦列に加わることとなった。

テレビアニメ版第2期[編集]

1945年春、第504統合戦闘航空団による人型ネウロイとのコミュニケーション実験が行われているヴェネツィア上空に、突如巨大なネウロイの巣が新たに出現し、以前のネウロイの巣は破壊されてしまい、人類は再びネウロイとの戦争を余儀なくされてしまう。第501統合戦闘航空団解散と共に除隊して扶桑皇国に戻っていた芳佳は中学校を卒業し、診療所を継ぐことを決めていたが、そこに亡くなったはずの父親からの2通目の手紙が届く。手紙のことで美緒を訪ねた芳佳は、欧州で緊急事態が発生したことを伝えるリネットからの無線を聞くが、一度は美緒にお前はもはや軍人ではないとして追い返されてしまう。その後、美緒が飛行艇で欧州へ向かうことを知った芳佳はストライカーユニットを装着して美緒を説得し合流、再び欧州へ向かうのだった。

劇場版[編集]

第501統合戦闘航空団が本格的に解散し、魔法力を失った芳佳は扶桑皇国で医学校入学を目指して勉学に励んでいた。ロマーニャ解放後の1945年、扶桑皇国のウィッチ服部静夏軍曹が美緒の命を受けて現れて、欧州のヘルウェティア医学校からの招聘状を渡し、芳佳が留学するときには欧州まで護衛として自分が付き添うよう指示されていることを話す。最先端の医学が学べると意欲を燃やす芳佳は留学を決意し軍医少尉相当として現役復帰し、静夏と共に欧州へ向かう。一方、ガリアが解放されヴェネツィアレガタ・ストリカの再開が予定されるなど、小康状態にある欧州だが、国境警備で確認されない不審なネウロイが現れていた。

登場人物[編集]

用語[編集]

機械化航空歩兵(ストライクウィッチーズ)
魔力を原動力とする「魔導(小説版では魔道。一部には魔導)エンジン」により空を飛ぶことを可能にした「ストライカーユニット」を唯一動かすことの出来る少女「魔女(ウィッチ)」により編成された対ネウロイ戦闘部隊。魔導エンジンにより魔力を増幅することによって、通常の人が持つことも困難な銃火器も軽々と持ち、魔法陣による防御シールドを張ることが出来、ネウロイが放つ「瘴気」の中でも影響なく活動することが出来る。
軍人であるため、普段から軍服を着ているが、ストライカーを装備する際に干渉しないよう、上衣のみを着用する。腰の部分にはほとんどパンティーと言ってもいいようなズボンを穿き、脚は素足(またはスニーカーソックスのような長さがとても短い靴下を履くか)か、ハイソックスニーソックスサイハイソックスタイツストッキングなどを履いている。また、扶桑皇国海軍ではスクール水着に似たボディスーツを着用し、その上にセーラー服士官服を重ねて着ている。扶桑皇国陸軍では巫女装束に小具足を組み合わせたより戦闘的な服装をまとう者も多く、小説版の主人公である智子もこれにあたる。ちなみに、劇中ではこれらのスタイルは人々には自然なこととして認識されているらしく、彼女らは自分の格好に羞恥心を感じることは無い。
なお、飛行脚を装着する時は使役する使い魔の影響で、その使い魔の耳と尻尾が生えるため、尻尾との干渉を避けるため穿いているものはローライズが多く、スクール水着に似たボディスーツには尾部に穴が空けられている。
魔女なら必ずしも航空歩兵になれるというわけではない[9]
魔女(ウィッチ)
物語の世界には魔力が存在し、その魔力を発揮でき、唯一ストライカーユニットを使うことが出来る少女達の総称。普段は魔力のフィールドを張ったり、ちょっとした質量の物を動かしたり、ごく稀にほうきで空を飛ぶ程度だが、ストライカーユニットを装着した時は魔力の増幅で様々な能力を発揮できる。魔力を使える人間は圧倒的に女性が多く、しかも魔力の影響か容姿に優れた女性が多い。10代をピークに年齢と共に魔力を失うことが多く(ただしごく稀に、アニメ版の宮藤一族の女性のように一生魔力を持つ女性もいる)、中でも魔法シールドを失うことでネウロイと戦う戦士としての寿命が終わってしまう。このため兵役期間がとても短く(これも宮藤一族のように魔力が失われない例外もある)、人々から「儚い花」さながらの憧れの象徴とされている。彼女らのピンナップなどのファングッズは飛ぶように売れ、男達は機材整備担当の部門にこぞって志願するほどである。しかしやはりウィッチを「女性」として見てしまう男性兵士は後を絶たず、特にロマーニャ公国の兵士は元来の協調性の無さから色々と問題を起こした。この解決策として、現場で触れる男性兵士にとってウィッチが必ず「上官」となるよう、ウィッチの入隊時の階級が軍曹となっている。
魔力減衰は加齢によって起きる物の他に、短時間での著しい魔法力の消費によって「枯渇」してしまう場合がある。この場合その魔女は魔法力を永遠に失ってしまうケースもある。加齢による魔力減衰もペースは人それぞれで、20歳前後を境に急速に魔法力を失う者もあれば、20代半ばでもストライカーユニットで飛行する程度なら可能な者、極端な例では老境に入っても魔法力が全く衰えない者まで様々である。
ウィッチの存在は古代より知られ、世界史ではローマ皇帝・カエサルを暗殺の危機から救ったウィッチが知られている。扶桑では「信長公記」に戦巫女(天駆武者とも)森蘭丸に関する記述が見える。遥か古の時代には強大な魔法力を持った男性たちも居たとされており、神話には男性の魔法使いが登場する。
使い魔
ウィッチが魔力を使う時、そのコントロールをサポートする存在。外見は犬やネコなどの普通の動物の姿をしているが、一部の高位の使い魔は人間並みの知性を持ち、しゃべることもできる[10]。使い魔が使役されている間、ウィッチにはその使い魔と同じ耳と尻尾が現れる。また、ウサギの場合耳がよく聞こえる、ネコの場合夜目が利くなど、使い魔となった動物の特性を得ることもできる。ウィッチ一人につき一匹が必ず契約し、その契約は使い魔自身がウィッチのお尻にタッチすることにより結ばれる。世界で主流のドルイド式やローマ式、扶桑式などの魔術では必須の存在だが、アフリカの一部地域などには使い魔を必要としない方式の魔術が存在している。
ストライカーユニット
人類が発明した、魔力を動力にする「魔導エンジン」により駆動される機械装置のことを指す。機械の働きによって魔力を適切にコントロールする事が可能であり、これを装着することによって、訓練を積んだ一部のウィッチにしか出来なかった飛行能力や身体能力強化、防御魔法などを特別な訓練無しに使えるように出来る。基本的な出力は搭載された魔導エンジンによって決まるが、使用者のコンディション次第で許容範囲以上の出力を出すことも出来る。用途によって形態は航空タイプや陸戦タイプなどがあり、それぞれ航空機戦車装甲車等に相当する。

飛行脚(航空用ストライカーユニット)
魔力で発現した飛行魔法を使い、飛行することの出来る脚に装着するタイプの推進機。他にも魔力を増幅することにより重い銃火器を持つことができ、防御シールドを張ることにより使用者を護る等補助的な役目も果たす。使用者の魔法力を機械がコントロールするので、魔法力さえ足りていれば魔法の訓練を受けていなくても飛行魔法や防御シールドの使用が可能になる。無論、魔法技術に精通している魔女ならばより強力な力を発揮できるので、使用者には魔法の訓練が必須となる。特に飛行には大きな魔法力が必要であり、飛行脚は魔法力の大半を飛ぶ事その物に使ってしまっている。その為、稼動安定性では歩行脚に劣り、防御や身体強化は割り当ての少ない魔法リソースを上手にやりくりする必要がある。
その装着時の姿は、脚の大腿部までがストライカーユニットの内部に収納されているかのように見えるが、実際はユニット内部は魔導エンジンなどの機器が入っており、脚を収納するスペースはない。装着部にある魔力フィールドによって脚は別次元へ移動し、大腿部でユニットと固定されることになる。プロペラのように見えるものは、高速かつ連続に発生する飛行魔法が大気中のエーテルと反応して可視化したものであり、実体はない。そのため通常のレシプロ戦闘機では不可能な空戦機動が可能で、劇中では偶然の産物ながら超音速飛行も達成している。膝の所で脚を曲げることは出来なくなるため、基本的に地上の移動は考慮されていない。離陸の時は、魔導エンジンの始動によって魔法陣の姿をした魔力フィールドを発生させ、その上を滑走して飛び上がることになる。OVA版では先端に収納式の滑走用車輪が付いている。
尚、普段ウィッチはストライカーユニットを始動する際の魔力の消費が激しいため、主に発進促進システムによる魔法陣などの補助機関で離陸をするが、砂漠の多いアフリカでは発進促進システムが使用できる場所が少ないため、発進の際は魔導エンジンにエアを送り込んでエンジンの回転数を補助して離陸をするという独特の発進方法がある。
機体名は第二次世界大戦時に使われた航空機から引用しており、アニメ版では大戦中・後期の機体(例:零式艦上戦闘機、メッサーシュミットBf109など)が、小説版では大戦初期の機体(例:キ27ハリケーンなど)が登場している。デザイン面では、イラストコラム版連載時など初期には膝の部分に関節があり通常の脚同様に曲がるという設定が存在した。また増加艇体と呼ばれる別ユニットを腕に装備する、あるいはウィッチがそれにまたがるという現在のそれとは異なるギミックを持ったものもあった。しかしアニメ版開始までにはそれらの設定はオミットされて現在の姿となっている。またイラストコラム版では現実のジェットエンジンロケットエンジンに相当する噴流式魔導エンジンを備えた高速機も登場している。
なお、アニメ版では航空用ストライカーユニットを開発したのは芳佳の父である一郎であり、以前からの艇体にまたがったり別のエンジンユニットを必要とした形から、彼の「宮藤理論」と呼ばれる魔導理論を元に脚に「履く」スタイルに昇華されたのである。その時テストを担当するウィッチとして深く開発に関わっていたのが、少女期の坂本美緒である。また、ストライカーユニットは分割する事が可能で、美緒が負傷し扶桑へ帰還する際には車椅子の座面下に収納されていた。
中世の扶桑に「天駆具足」と呼ばれる、飛行脚に外観や機能が似た装備が存在したが、飛行脚との関連は不明。
歩行脚(陸戦用ストライカーユニット)
飛行脚と同じく脚に装着するが、飛行能力はなくキャタピラ状の装置で時速30km程度で陸上を移動する。魔力の大半を飛行する事その物に使っている航空歩兵と比べると、防御や身体強化に回す分の魔法力に余裕があるので、大威力・大重量の火器を携行可能で、シールドの防御力も遥かに強い。また、作戦行動の持続時間も長く、対ネウロイの地上戦の切り札として各地の戦線に投入されている。だが、空からの攻撃には無力に等しいので、航空歩兵による制空権の確保が絶対条件となっている。飛行する程の魔法力を必要としないので、ネウロイとの戦闘に参加するウィッチの中ではむしろこのユニットを装備して地上で戦う者の方が多い。
なお、機体名は飛行脚と同様に、第二次世界大戦時に使われた戦車から引用している(例:マチルダII)。
ネウロイ(異形の軍)
1939年、突如世界各地に出没した正体不明の謎の存在。外形は金属で出来た航空機や陸上兵器のような姿をしている[11]。大きな建造物も一瞬で破壊・消滅しうる圧倒的な攻撃力を持ち、生物に有害な「瘴気」を撒き散らしながら進行するため、通常の人間では遠距離からの攻撃以外なす術がない。大地を腐らせ金属を根こそぎ吸い尽くし、さらには金属や廃材などで自身を生産・開発を繰り返す。侵略(進行)された土地は瘴気によって生物が住めなくなるため、数々の国が滅ぼされた。幸いにも大河・海洋などの水を渡るのを嫌い、山脈を越えるのに手こずっているため、人類はそれらを防衛線としている。また、低温を嫌うらしく冬季は活動が少なくなる。これらの制約は必ずしも絶対的ではなく、海上に出現する大型ネウロイやアルプスを越えた陸上戦力が存在するが、水上巡航用船舶型のネウロイ(船舶型は飛行するものがいる)は存在しないため少なくとも水が苦手なのは確かなようである。名称のNeuroiは北欧でその存在が確認された事に因む。
種類は小型の戦闘兵器から超大型兵器まで様々な物が存在し、人類の兵器を模したものからオリジナルで生みだされた形状など分類は多い。周囲の金属を同化して自己再生・自己改造する能力を持つため、通常兵器で撃破することは困難である。ただし魔力による攻撃には弱く、ウィッチが使う魔力を付加した物(弾丸、刀剣、銃器等)で再生能力を大きく減ずることが可能である。これを利用すれば機関銃などの歩兵の携行できるサイズの兵器で、十分なダメージを与えることが出来る。また逆にネウロイ側の主力攻撃も防御魔法でほぼ防ぐことが出来る。コアと呼ばれる中核部分(正十二面体の赤い結晶)を破壊されると無力化、崩壊する。
アニメ版では各エピソードごとに異なる形・能力のネウロイが登場しているが、アフリカの魔女などのコミック版や小説版では同型のネウロイが多数出現しており、タイプごとにニックネームがつけられている。
ネウロイには学習能力もあり、小説版では年々改良・大型化されている様が描写されている。また、アニメ版でもTV第2期に登場したネウロイは第1期のネウロイに比べて強化されているという描写が見られる。
また、ウィッチをの姿をまねた人型のネウロイも登場している。小説版では「ウィッチと同じ力を持ちたい」がために、特定のウィッチの動き・姿形を真似て創った「ウィッチもどき」が登場した。アニメ版においても、人類とコンタクトをとるためにウィッチ型ネウロイが出現しているが、こちらはシルエットこそ人型をしているものの、顔や指がないなど完全な人間型ではない。また、小説版ではモデルとなったウィッチと同じ武器(実弾兵器)を用いているが、アニメ版ではビームで攻撃している。
ネウロイの目的では小説版では「侵略」という純粋な目的で侵攻しているかのように見える描写がされている。一方、アニメ版では1939年に巣が現れた時はただ静観するだけで、巣の中に戦闘機が入り込んだ後に兵器が現れ侵攻を開始し、受動的に反撃したとも取れる動きを見せている。ウィッチ型ネウロイが芳佳と接触した際にも自分のコアに触れさせようとするなどむしろ友好的な態度を示し、巣の中にも危害を加える事なく招き入れていたりする一方、明らかな敵意を持って攻撃した美緒・ウォーロックに対しては容赦なく反撃している。これらの事実から、ネウロイが必ずしも「侵略」という目的だけで行動しているわけではない可能性も出てきていた。そのため、TV第2期の序盤にてネウロイとのコミュニケーションを試みる作戦「トラヤヌス作戦」が実地される。しかし、突如現れた巨大な巣からより攻撃的なネウロイが出現したため作戦は失敗、ロマーニャ公国が攻撃の脅威にさらされることになった。また、TV第2期、劇場版においてはネウロイは完全に人類の不倶戴天の敵として描かれている。
ネウロイと呼ばれるようになる前からこのような怪異は世界中に出現していた。ただ、人工的な兵器に似た姿ではなく、より生物的な姿を取っていた。扶桑では古くから「モノノケ」と呼ばれる怪異の存在が知られ、それに対抗するために「戦巫女」が養成された。他にも、7世紀に活躍した修験者役小角が使役していたとされる鬼神とは、ネウロイの事だとする説がある。
扶桑海事変
1937年にネウロイが扶桑皇国の領海域に中規模で侵攻してきた事があったが、その時偶然にもストライカーユニットの試作型を扶桑で製造しており[12]、それを装着したウィッチ達により殲滅された。その時の出来事は後に「扶桑海事変」と呼ばれるようになり、人類が初めてネウロイに勝利した記念すべき日でもあり、この出来事は後に「扶桑海の閃光」というタイトルで映画化され、その結果ウィッチの入隊者数が大幅に増えた。
魔導エンジン
魔女の持つ魔力を増幅させ、推進力などのエネルギーに変換するエンジン。OVA版では球体型をしているが、アニメ版ではモデルとなった現実の航空用エンジンに近いイメージの機械として描かれている。16世紀、ブリタニアのウィッチ、ジェイミー・ワットが魔法力を蒸気機関で増幅させる「魔導機関」を発明したことが始まりとされている。1903年12月には、リベリオンの魔女姉妹、ライト姉妹が魔力を機械で増幅して飛行する「動力式飛行機械」で、世界で初めての単独飛行に成功した。アニメ版の時代では、ストライカーユニットの推進機関に使われている他、交通機関や産業の動力にも使われているなど様々な分野で活用されている。なお、魔法力に頼らない現実世界のそれと同様の蒸気機関や内燃機関も並列して存在し、ウィッチ以外でも動かせる航空機・自動車・船舶・鉄道車両などが普及している。
連合軍統合戦闘航空団
世界各国の激戦区にて、それぞれの国から優秀なウィッチを募り編成した戦闘航空団。ブリタニア連邦の第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES(ストライクウィッチーズ)」の他、東部戦線の502「BRAVE WITCHES(ブレイブウィッチーズ)」、503「TYPHOON WITCHES(タイフーンウィッチーズ)」 、ロマーニャ公国の504「ARDOR WITCHES(アルダーウィッチーズ)」、ウラル方面の505「MIRAGE WITCHES(ミラージュウィッチーズ)」、ガリア防衛を担う506「NOBLE WITCHES(ノーブルウィッチーズ)」、スオムスの507「SILENT WITCHES(サイレントウィッチーズ)」、太平洋の空母機動部隊 508「MIGHTY WITCHES(マイティウィッチーズ)」がある。
元々は1939年にスオムスで編成された「いらん子中隊」ことスオムス義勇独立飛行中隊がはじまりであり、違う国の違う人種が協力しあって戦果を挙げたのが世界各国の軍に高く評価された。しかし初めの内はそれぞれの国は自国のエースを他国に派遣させる事を躊躇い、実現は困難とされたが、当時のブリタニア空軍大将ヒューゴ・ダウディングは義勇独立飛行中隊の戦果を最も高く評価し、カールスラント・ガリア・オストマルク3カ国のブリタニアへの国民大撤退作戦「ダイナモ作戦」にて優秀なウィッチもブリタニアに集結したのを機に首相のチャーチルに積極的に進言・尽力し、初めての連合軍統合戦闘航空団である第501戦闘航空団「STRIKE WITCHES」が結成された。
やがて第501戦闘航空団の成果は他国でも認められ、次々と連合軍統合戦闘航空団が正式採用された。スオムス義勇独立飛行中隊も正式採用された後に第507連合統合戦闘航空団に昇格した。また各基地では扶桑皇国方式のお風呂が設置され、皆が一緒に入浴して任務の疲れを癒やしている。
各国のエースが選抜される事から、ウィッチ達の間では連合軍統合戦闘航空団に入隊する事は大変名誉な事であり、中でも501戦闘航空団「STRIKE WITCHES」は1944年のガリア解放、1945年のロマーニャ解放と功績を持っている事から、劇場版ではウィッチ達は元より各国軍隊の間でも伝説視されている。

国・地域[編集]

この物語における国家の版図は、現実での1930年代から1940年代に近い設定になっているが、国名は古代の属州名に取材しているものが多い。地理的にも現実世界と似たものになっているが、アメリカ大陸にあたるリベリオン大陸は星型の大陸となっている。また、中国と中近東のうちイラン・イラクにあたる部分はそっくり存在せず、巨大な湾となっている。しかしテレビアニメ版では、現実世界と同様にこれらの地域が存在しており、小説版とテレビアニメ版では少し世界図が違う。[13]

帝政カールスラント
欧州中央部に位置する大国で、実在のドイツ帝国に類似した領域を持つ。
早くからネウロイとの戦闘を続けており、その陸軍力は欧州随一を誇る。今次大戦においても人類連合軍側の中心的な戦力となっている。しかし、アニメ版開始の時点では国土のほとんどがネウロイの勢力下に落ちてしまい、多数の国民、皇帝一家、技術者や産業が南リベリオン大陸の南端にあるノイエ・カールスラントに疎開することになった。常に準戦闘状態にある軍事国家であり、軍人の地位は高い。同時に凝り性の民族性を持ち、現皇帝フリードリヒ四世の新しい物好きな気性もあって、高い技術によって数多くの高性能な兵器を生産している。大規模な撤退戦「ビフレスト作戦」以降、残存兵力を集結させて奪還作戦を繰り広げている。
ガリア・ロマーニャ解放後もネウロイの手に落ちていると考えられるが、劇場版ではライン川西岸のラインラントが解放されて人が居住しているような描写がある。
ブリタニア連邦
欧州の北西にある海洋国家の島国で、実在のグレートブリテン及びアイルランド連合王国およびイギリス連邦に類似した領域を持つ。
早期から海洋貿易に特化し、大西洋からインド連邦までの貿易をほぼ独占している。扶桑皇国とは貿易権益をめぐって衝突したこともあったが、現在は親密な同盟国家である。世界一の海軍力を有しているが、その戦力は戦艦中心であり、航空歩兵用の航空母艦は少ない。欧州本土からはドーバー海峡を隔てているため、欧州での人類側のネウロイに対する反攻拠点となっている。第501統合戦闘航空団が基地を置いていたが、ガリアからネウロイを消滅させた後は解散した。その後はネウロイの侵入を許していない。
ファラウェイランド
リベリオン大陸北部のブリタニア連邦の加盟国で、オラーシャに次いで世界第2位の国土面積を誇る。実在のカナダ(カナダ連邦)に類似した領域を持つ。
ブリタニアの連邦に属し、この地の出身のウィッチが多数欧州本土の戦地に赴いている。その一方、本国で航空歩兵の訓練施設に入れなかった者が、この国でウィッチとしての訓練を受けたのち、ブリタニア軍に入隊する例も多い。ネウロイには侵入されていない。
扶桑皇国
ユーラシア大陸の東端に位置する島国で、実在の日本ないし大日本帝国に類似した領域を持つ。
現実の日本とは異なり、16世紀に天下統一が実現した安土時代以降鎖国することなく海外進出を積極的に行い、早期に海洋貿易国家に成長した。太平洋からインドまでの貿易をほぼ独占し、海洋国家としてブリタニアと並び称されるまでになっている。また安土時代には太平洋上にパシフィス島(扶桑名:南洋島)と言う新島が発見された。扶桑本土よりも大きく、しかもほぼ無人の地域であったこの島には有力大名が入植し、現在では扶桑の重要な資源供給地になっている。貿易の必要上、素材を高度に加工する技術が発達し、小型で高付加価値・信頼性の高い工業製品を多数開発・生産している。海上防衛に重点をおいた海軍力を有し、多数の航空歩兵用の航空母艦を持つ。国章は八重桜。なお、軍の指揮系統は日本軍同様に指揮権を議会は持たず、皇室が有している。戦時にその名代が皇室によって定められると、その人物が軍内で如何な階級であろうと委譲された範囲内であるが、高度な指揮権を一時的に行使できる。[14]
リベリオン合衆国
北リベリオン大陸中央に位置する大国家で、実在のアメリカ合衆国に類似した領域を持つ。
諸民族の融合国家であり、世界の縮図とも言える社会を築いている。工業化が進んでおり、巨大な生産力を誇り、世界一の軍事・生産大国である。広大な国土を生かしての自給自足が可能であり、本土が戦場から遠いこともあって、欧州戦線への軍事物資の供給源となっている。ブリタニア・扶桑と共同で、欧州への上陸部隊である第508統合戦闘航空団を空母上に結成している。
ロマーニャ公国
欧州南部にある半島の西部、南部に位置する国家で、実在のイタリア王国南部に類似した領域を持つ。
黒海、地中海方面の戦線に参加している。古来より神殿などウィッチ養成学校が多々存在しており、優秀なウィッチを輩出しているが、基本的に個人主義の国家であり集団戦には向いていない。ことに女性関係には熱心な男が多い国民性ゆえか、一般兵がウィッチを口説こうとするなど世界各地で問題が発生した。ガリア解放まではアルプス山脈を防衛線としており、ネウロイと激戦を繰り広げていた。
1945年に新たな大規模なネウロイの巣の出現により配置されていた第504統合戦闘航空団が壊滅、北部が飲み込まれた。(第2期)だが、同年7月、再結成された連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」の活躍によりネウロイの完全消滅が確認され、その脅威は祓われた。ネウロイ消滅に伴い第501統合戦闘航空団は解散、防空の任は再編された第504統合戦闘航空団へ移管された。
オラーシャ帝国
欧州最東端の国家。実在のソビエト連邦ないしロシア帝国に類似した領域を持つ。
1939年のネウロイの侵攻によって、ウラル川地域より東と、中東方面に分断してしまった。扶桑皇国の支援を受けながら、ペテルブルグに502JFW,チェリィビンスクに503JFWと二つの統合戦闘航空団を抱えており、東部戦線での主戦力となっている。
オストマルク
欧州南東部に位置する多民族国家で、実在のオーストリア=ハンガリー帝国(現在のポーランドチェコスロバキアオーストリアハンガリーの占める地域)に類似した領域を持つ。
長らくネウロイとの緩衝地帯であったが、その防衛力は低く、カルパティア山脈の地形を頼りに防衛線を築いていた。諸国からの援軍による国境監視部隊が駐留し、ネウロイに睨みを利かせていたが、今回の戦役で真っ先に侵攻を受けて国土が蹂躙されてしまった。

ガリア
欧州中央西端にある国家で、実在のフランス共和国に類似した領域を持つ。
温和な農業国であり、軍事的戦力と戦意は低い。今次大戦の開戦当初はむしろ農業力を活かして、欧州戦線への後方からの食料援助を中心とした役割を負っていた。しかし、南方の一部分を除いてほぼ全ての国土がネウロイに制圧されてしまった。この時にカールスラントのような組織的撤退が行えなかったため、亡命政府が錯綜して存在することになり、一部はヒスパニア、一部はブリタニア、さらにコルシカ島や南リベリオンにまで拡がっている。
1944年9月、連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」の活躍によりネウロイの完全消滅が確認され、人類の手に戻った。
スオムス
北欧の小国で、実在のフィンランド共和国に類似した領域を持つ。
北方での欧州戦役の最前線である。人口が少なく、武装面でも極めて貧弱な軍隊しか持たないが、優秀な航空歩兵を多数輩出し、各国からの義勇軍や軍事物資の援助を受けており、507統合戦闘航空団が存在しネウロイに対抗する北部戦線の最前線となっている。

ヴェネツィア公国
欧州南部の半島の北東部とアドリア海周辺に位置する。実在のヴェネツィア共和国およびヴェネツィア領ダルマティア(ユーゴスラビア)に類似した領域を持つ。
地中海交易の拠点であり、海洋貿易を中心に成り立つ国家だが、ブリタニアと扶桑の勢力拡大に伴って国力は低下しつつある。それでも優秀な海軍力を保持し、黒海・地中海方面での欧州最大の戦力となっている。
1945年に新たな大規模なネウロイの巣の出現により、首都ヴェネツィアが陥落してネウロイの勢力下に置かれてしまった。しかし、同年7月、連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」の活躍によりネウロイの完全消滅が確認され、人類の手に戻った。
ヒスパニア
欧州西端のイベリア半島に位置する国家で、実在のスペイン国に類似した領域を持つ。
1936年に小規模な怪異による侵攻を受けた事があるが、ガリアがネウロイに侵攻された後も、国境に位置するピレネー山脈のおかげで比較的平穏を保っている。ガリアの亡命政府の一つも存在する。
ヘルウェティア
欧州中央の山岳国家で、実在のスイス連邦に類似した領域を持つ。
アルプス山脈がネウロイに対する天然の要害の役目を果たし、ヴェネツィア・ロマーニャ軍による欧州南方の防衛線が引かれている。
ダキア
黒海北西に存在する国家で、実在のルーマニア王国に類似した領域を持つ。
1939年に突如出現したネウロイにより首都ブカレストを占領された。これがオストマルク陥落と、長年に渡る欧州における世界大戦の端緒となった。
アフリカ
地中海を挟んでヨーロッパの南に位置する広大な大陸で、実在のアフリカに類似した領域を持つ。
キュレナイカの都市トブルクが堅固な要塞と最大の港を持っている他、空港までも備えているためブリタニア・カールスラント・ロマーニャ軍により結成された「人類連合軍アフリカ軍団」の拠点となっている。主にハルファヤ峠付近で激しい攻防戦が繰り広げられている。

登場する兵器[編集]

OVA[編集]

2007年版[編集]

本編約9分 + 特典映像「宮藤とリネットのウィッチーズ基地探訪」。2007年1月1日発売。

劇中セリフがあるのは芳佳・美緒・リネット・ペリーヌ・ミーナの5人のみで、ネウロイとの戦闘シーンも無い(隊内の模擬戦のみ)など、パイロットフィルム的要素が強い。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 島田フミカネ & Projekt Kagonish
  • キャラクター原案 - 島田フミカネ
  • 監督・構成・コンテ・演出 - 杉島邦久
  • ワールドコーディネーター - 鈴木貴昭
  • アニメーションキャラデザイン - しんごーやすし
  • 魔方陣デザイン - 寺田努
  • 銃器設定 - 村田護郎
  • タロットカードデザイン - 村上武志
  • イメージプロット - 玉井☆豪
  • カラーデザイン - 甲斐けいこ
  • 美術 - 佐々木洋
  • テクニカルディレクター - 鈴木雅也
  • 3DCGIディレクター - 下山博嗣
  • 2DVFXディレクター - 江間常高
  • ビジュアルエフェクト - イノイエシシ
  • 編集 - 肥田文
  • 音響監督 - 吉田知弘
  • プロデューサー - 山崎聡、青木隆夫
  • アニメーション制作 - GONZO

Operation Victory Arrow[編集]

後述の劇場版の次回作として制作を発表した。1話30分×3話のショートストーリー。時系列的にはテレビアニメ第2期終了後から劇場版第1作開始までの間を描く予定。第1話となる「サン・トロンの雷鳴」が発売に先立って2014年9月20日に劇場にて公開予定。

スタッフ(Operation Victory Arrow)[編集]

  • 原作 - 島田フミカネ & Projekt Kagonish
  • キャラクター原案 - 島田フミカネ
  • 監督・アニメキャラデザイン - 高村和宏
  • シリーズ構成 - ストライカーユニット
  • 世界観設定・軍事考証 - 鈴木貴昭
  • メカニックデザイン・メカ総作画監督 - 寺尾洋之
  • アニメーション制作 - SILVER LINK.
  • 製作 - 第501統合戦闘航空団2014

テレビアニメ[編集]

ストライクウィッチーズ[編集]

2008年7月から9月までUHFアニメ枠「アニメスピリッツ」にて放送された。ナレーターは宮藤一郎博士役の郷田ほづみ。全12話。SD制作である。2010年6月にBD-BOXが発売され、同年7月にDVD-BOXが発売された。

キャッチフレーズは「守りたいから私は飛ぶ!!」。

スタッフ(第1期)[編集]

  • 原作 - 島田フミカネ & Projekt kagonish
  • キャラクターデザイン原案 - 島田フミカネ
  • 監督・アニメキャラクターデザイン - 高村和宏
  • 助監督 - 八谷賢一
  • シリーズ構成 - ストライカーユニット
  • 軍事考証・世界観設定 - 鈴木貴昭
  • メカデザイン・メカ総作監 - 寺尾洋之
  • 総作画監督 - 山川宏治平田雄三
  • 美術監督 - 小倉宏昌
  • 撮影監督 - 江間常高
  • 3D監督 - 下山博嗣
  • 編集 - 三嶋章紀
  • 音響監督 - 吉田知弘
  • 音楽 - 長岡成貢
  • プロデューサー - 今本尚志、柴田知典、武智恒雄、原田由佳
  • アニメーション制作 - GONZO
  • 製作 - 第501統合戦闘航空団(角川書店、GDH、クロックワークスNTT docomo

主題歌(第1期)[編集]

オープニングテーマ
STRIKE WITCHES 〜わたしにできること〜
作詞 - 只野菜摘、高村和宏 / 作曲・編曲 - 宅見将典 / 歌 - 石田燿子
エンディングテーマ
ブックマーク ア・ヘッド
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 橋本由香利
歌(第1・2話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & 坂本美緒(千葉紗子
歌(第3話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & リネット・ビショップ(名塚佳織
歌(第4話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & ゲルトルート・バルクホルン(園崎未恵
歌(第5話) - フランチェスカ・ルッキーニ(斎藤千和) & シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美
歌(第6話) - サーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以) & エイラ・イルマタル・ユーティライネン(仲井絵里香
歌(第7話) - ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき) & エーリカ・ハルトマン(野川さくら
歌(第8話) - ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵) & 坂本美緒(千葉紗子)
歌(第9話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき)
歌(第10話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵)
歌(第11話) - 坂本美緒(千葉紗子) & ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき)
歌(第12話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & 坂本美緒(千葉紗子) & ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵) & ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき) & リネット・ビショップ(名塚佳織) & エーリカ・ハルトマン(野川さくら) & ゲルトルート・バルクホルン(園崎未恵) & フランチェスカ・ルッキーニ(斎藤千和) & シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美) & サーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以) & エイラ・イルマタル・ユーティライネン(仲井絵里香)
挿入歌
リリーマルレーン」(STRIKE WITCHES Ver.)
日本語詞 - 鈴木貴昭 / 作詞 - Hans Leip / 作曲 - Norbort Schultze / 編曲 - 長岡成貢 / 歌 - ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵)
第8話で使用。

各話リスト(第1期)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 魔法少女 玉井☆豪
高村和宏
八谷賢一 加藤顕 山川宏治(キャラ)
寺尾洋之(メカ)
2 私にできること 玉井☆豪
佐伯昭志
佐伯昭志 平田雄三
3 一人じゃないから 鈴木貴昭 林宏樹 佐野陽子
4 ありがとう 八谷賢一 宮崎修治
5 はやい・おっきい・やわらかい 浦畑達彦 西本由紀夫 小谷杏子
6 いっしょだよ 佐伯昭志 高橋正典 山口智
7 スースーするの 浦畑達彦 八谷賢一 玉田博 海堂ヒロユキ
8 君を忘れない 鈴木貴昭 林宏樹 白石道太 大河原晴男
9 守りたいもの 佐伯昭志 祝浩司 南伸一郎
10 信じてほしい 鈴木貴昭 西本由紀夫 齋藤雅和
11 空へ… 浦畑達彦 坂田純一 玉田博 平田雄三
海老原雅夫
12 ストライクウィッチーズ 八谷賢一 山川宏治(キャラ)
寺尾洋之(メカ) 

放送局(第1期)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列
福井県 福井テレビ 2008年7月3日 - 9月18日 木曜 25:20 - 25:50 フジテレビ系列
埼玉県 テレ玉 木曜 25:30 - 26:00 独立UHF局
奈良県 奈良テレビ
千葉県 チバテレビ 木曜 26:30 - 27:00
京都府 KBS京都 2008年7月4日 - 9月19日 金曜 26:00 - 26:30
長野県 信越放送 金曜 27:00 - 27:30 TBS系列
岐阜県 岐阜放送 2008年7月5日 - 9月20日 土曜 25:00 - 25:30 独立UHF局
神奈川県 tvk 土曜 27:30 - 28:00
群馬県 群馬テレビ 2008年7月6日 - 9月21日 日曜 25:30 - 26:00
兵庫県 サンテレビ 2008年7月7日 - 9月22日 月曜 26:10 - 26:40
東京都 TOKYO MX 月曜 27:00 - 27:30
三重県 三重テレビ
福岡県 TVQ九州放送 2008年7月9日 - 9月24日 水曜 27:38 - 28:08 テレビ東京系列
熊本県 熊本放送 2008年7月14日 - 9月29日 月曜 26:25 - 26:55 TBS系列
日本全域 BS日テレ 2008年7月28日 - 10月20日 月曜 27:30 - 28:00 日本テレビ系列
BSデジタル放送
AT-X 2014年6月18日 - 水曜 22:30 - 23:00 CSデジタル放送
リピート放送あり
アニメスピリッツ
前番組 番組名 次番組
ストライクウィッチーズ
枠廃止

機械化乙女、秘め声クイズ[編集]

テレビアニメ版放映直前の2008年4月10日より5月5日まで、既に決定している声優以外に、その時点で出演は決定している6名の声優の担当キャラ(エーリカ・ハルトマン、ゲルトルート・バルクホルン、シャーロット・E・イェーガー、フランチェスカ・ルッキーニ、サーニャ・V・リトヴャク、エイラ・イルマタル・ユーティライネンの6人)を当てるクイズ企画「機械化乙女、秘め声クイズ」が公式サイトにて実施された。

以下はその声優陣。

ストライクウィッチーズ2[編集]

2010年7月から9月までテレ玉ほか独立UHF局BS日テレにて放送された。全12話。第1期の制作会社はGONZOだったが、この第2期ではAICスピリッツに変わった。また第1期の坂本美緒役の声優は千葉紗子だったが、この第2期より世戸さおりに変わった。第1期と違いHD制作である。2012年3月にBD-BOXが発売された。

キャッチフレーズは「かなえたいから私は飛ぶ!!」。

スタッフ(第2期)[編集]

  • 原作 - 島田フミカネ & Projekt kagonish
  • キャラクター原案 - 島田フミカネ
  • 監督・アニメキャラデザイン - 高村和宏
  • 副監督 - 八谷賢一
  • シリーズ構成 - ストライカーユニット
  • 軍事考証・世界観設定 - 鈴木貴昭
  • メカデザイン・メカ総作監 - 寺尾洋之
  • キャラクター総作画監督 - 山川宏治、倉嶋丈康
  • 美術設定・美術監督 - 松本浩樹
  • 撮影監督 - 林コージロー
  • 編集 - 三嶋章紀
  • 音響監督 - 吉田知弘
  • 音楽 - 長岡成貢
  • プロデューサー - 今本尚志、鈴木智子、福田順、松嵜義之、原田由佳
  • アニメーション制作 - AIC Spirits
  • 製作 - 第501統合戦闘航空団 2010(角川書店、角川映画、クロックワークス、AIC、NTT docomo)

主題歌(第2期)[編集]

オープニングテーマ
STRIKE WITCHES 2 〜笑顔の魔法〜
作詞 - 高村和宏、森浩太 / 作曲 - 森浩太 / 編曲 - 大堀薫 / 歌 - 石田燿子
第8話では未使用。
エンディングテーマ
Over Sky
作詞 - 深青結希、高村和宏 / 作曲 - 若林充 / 編曲 - 梅堀淳
歌(第1話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & 坂本美緒(世戸さおり
歌(第2話) - 坂本美緒(世戸さおり) & 宮藤芳佳(福圓美里)
歌(第3話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & リネット・ビショップ(名塚佳織) & ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき)
歌(第4話) - ゲルトルート・バルクホルン(園崎未恵) & シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美)
歌(第5話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & フランチェスカ・ルッキーニ(斎藤千和) & シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美)
歌(第6話) - エイラ・イルマタル・ユーティライネン(大橋歩夕) & サーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以)
歌(第7話) - ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵) & ゲルトルート・バルクホルン(園崎未恵) & エーリカ・ハルトマン(野川さくら)
歌(第8話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & リネット・ビショップ(名塚佳織)
歌(第9話) - 坂本美緒(世戸さおり) & ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき)
歌(第10話) - エーリカ・ハルトマン(野川さくら) & ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ(伊藤静
歌(第11話) - 坂本美緒(世戸さおり) & ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵)
歌(第12話) - 宮藤芳佳(福圓美里) & 坂本美緒(世戸さおり) & ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵) & ペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき) & リネット・ビショップ(名塚佳織) & エーリカ・ハルトマン(野川さくら) & ゲルトルート・バルクホルン(園崎未恵) & フランチェスカ・ルッキーニ(斎藤千和) & シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美) & サーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以) & エイラ・イルマタル・ユーティライネン(大橋歩夕)
挿入歌
Sweet Duet」(New Version)
作詞 - 三浦誠司 / 作曲・編曲 - Funta7 / 歌 - エイラ・イルマタル・ユーティライネン(大橋歩夕) & サーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以)
第6話で使用。

各話リスト(第2期)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 キャラ作画監督 メカ作画監督
1 再び空へ 浦畑達彦 高村和宏
寺尾洋之[15]
高島大輔 山川宏治 寺尾洋之[16]
2 伝説の魔女達 鈴木貴昭
高村和宏
浦畑達彦
林宏樹
寺尾洋之[15]
林宏樹 倉嶋丈康
3 一緒にできること 浦畑達彦 八谷賢一 岡尾貴洋 山川宏治、志田ただし
齋藤雅和、香田知樹
斉藤和也
4 かたい、はやい、ものすご〜い 佐伯昭志 高橋正典 大河原晴男、山本周平
サトウミチオ、河野悦隆
志田ただし
5 私のロマーニャ 鈴木貴昭 阿蒜晃士 玉田博 村田涼一
6 空より高く 佐伯昭志 小島智加、阿蒜晃士
服部憲知
7 モゾモゾするの 浦畑達彦 祝浩司 高島大輔 矢向宏志、河野悦隆
サトウミチオ、内原茂
8 翼をください 鈴木貴昭
高村和宏
林宏樹 小野田将人、山本周平
田村正文
9 明日に架ける橋 浦畑達彦 西本由紀夫 しんごーやすし
10 500 overs 祝浩司 北村友幸、泉保良輔
相坂ナオキ
11 私であるために 佐伯昭志 高橋正典 田村正文、山本周平
12 天空(そら)より永遠(とわ)に 八谷賢一
林宏樹
八谷賢一 高村和宏、小島智加
小野田将人、阿蒜晃士
河野悦隆、海堂ヒロユキ
田畑昭、山本周平
田村正文、サトウミチオ

放送局(第2期)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
埼玉県 テレ玉 2010年7月7日 - 9月22日 水曜 25:30 - 26:00 独立UHF局
東京都 TOKYO MX 2010年7月8日 - 9月23日 木曜 26:00 - 26:30
愛知県 テレビ愛知 2010年7月9日 - 9月24日 金曜 25:58 - 26:28 テレビ東京系列 1期は未放送
日本全域 BS日テレ 金曜 27:00 - 27:30 日本テレビ系列
BSデジタル放送
ニコニコチャンネル 2010年7月10日 - 9月25日 土曜 12:00更新 インターネット配信[17]
神奈川県 tvk 土曜 25:00 - 25:30 独立UHF局
福岡県 TVQ九州放送 2010年7月11日 - 9月26日 日曜 26:30 - 27:00 テレビ東京系列
千葉県 チバテレビ 2010年7月12日 - 9月27日 月曜 25:30 - 26:00 独立UHF局
兵庫県 サンテレビ 月曜 25:40 - 26:10

ストライクウィッチーズ 劇場版[編集]

ストライクウィッチーズ 劇場版
監督 高村和宏
脚本 ストライカーユニット
原作 島田フミカネ
Projekt kagonish
出演者 福圓美里
製作会社 第501統合戦闘航空団 活動写真
AIC
配給 角川映画
公開 日本の旗 2012年3月17日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 $1,997,136[18]
テンプレートを表示

ストライクウィッチーズ 劇場版』は、2012年3月17日から全国24スクリーン[19]で公開されたアニメーション映画である。

キャッチフレーズは「還りたい空(ばしょ)がある…」。

ライブストリーミングサイト「ニコニコ生放送」で2010年10月28日にて行われた『ニコニコ大会議2010秋〜それはロックか?〜』内にて、角川グループホールディンクス会長自らが発表した。また、公式サイトにおいても劇場版の制作が決定されたと掲載された。その後、2011年8月12日のコミックマーケットにてポスターが公開された。内容は完全新作となっており、劇場版公式サイトのトップページにあるシルエット画像には第501統合戦闘航空団の11人に加え[20]、新キャラクターとして1人追加された。担当声優はTV第2期と同じで、新キャラの声優は公開直前まで公表されなかった。また他作品に登場していたワールドウィッチーズたちもゲスト出演している。主人公たちのあきらめない姿勢や迫力のある戦闘シーンがファンに評価され、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位となった[21]

2012年4月には、設定資料集である「ストライクウィッチーズ 劇場版 オフィシャルファンブック コンプリートファイル」(角川書店 ISBN 978-4041101728)が発売されている。映画本編では不可解な話の空白となっている、エイラとサーニャが巨大な物体と出会ってから大和に上船し出撃するまでの経緯も、本書で言及されている。

入場者特典として、週代わりで3月17日からChaos TCG宮藤芳佳、24日からChaos TCG服部静夏、31日から応援画集上巻、4月7日から応援画集下巻が配布された。また、公開日以降に追加された新規上映館限定でオリジナルステッカーが配布された。

2012年10月26日にブルーレイ・DVDが発売された。ちなみに、Amazonにはブルーレイ版は110分と表記されているが、これは間違いで95分である。

EDの最後に「つづく」の文字が表示されており、2013年10月13日の「みんながいたからデキること! bis」にて、この劇場版の次回作のOVA「Oparation Victory Arrow」(前述)およびストライクウィッチーズシリーズの新テレビアニメの制作[5]が発表された。

スタッフ(劇場版)[編集]

  • 原作 - 島田フミカネ & Projekt kagonish
  • キャラクター原案 - 島田フミカネ
  • 監督・アニメキャラクターデザイン - 高村和宏
  • 副監督 - 八谷賢一
  • 脚本 - ストライカーユニット(浦畑達彦、鈴木貴昭、島田フミカネ、八谷賢一、高村和宏)
  • 軍事考証・世界観設定 - 鈴木貴昭
  • 美術設定・美術監督 - 松本浩樹
  • 色彩設計 - 池田ひとみ
  • カラーディレクター - 甲斐れいこ
  • 3D監督 - 下山博嗣
  • 撮影監督 - 林コージロー
  • 編集 - 三嶋章紀
  • 音響監督 - 吉田知弘
  • 音楽 - 長岡成貢
  • 音楽プロデューサー - 植村俊一
  • 音楽制作 - 日本コロムビア
  • 絵コンテ - 八谷賢一、林宏樹、西本由紀夫、高橋正典、神戸洋行
  • 演出 - 八谷賢一、林宏樹、玉田博、高橋正典、神戸洋行
  • デザインワークス - 山川宏治、寺尾洋之、田村正文、サトウミチオ
  • キャラクター総作画監督 - 山川宏治、サトウミチオ、小野田将人
  • メカニック総作画監督 - 寺尾洋之
  • 作画監督 - 石本英治、岩田幸大、尾崎正幸、海堂ヒロユキ、片山敬介、神谷友美、小林理、斎藤良成、滝川和男、竹田欣弘、谷拓也、田村正文、戸谷賢都、野口孝行、舛舘俊秀、宮嶋仁志、山田真也、山本周平、横田拓巳、依田正彦、渡辺浩二
  • 企画・エグゼクティブプロデューサー - 安田猛
  • 製作 - 菊池剛、三浦亨、武智恒雄、阿左美弘恭、毛塚善文、前山寛邦
  • プロデューサー - 今本尚志、松嵜義之
  • 制作プロデューサー - 田村司、沼田広
  • アニメーション制作 - AIC
  • 製作 - 第501統合戦闘航空団 活動写真(角川書店クロックワークスアニメインターナショナルカンパニーNTTドコモソニーPCL日本コロムビア

関連CD[編集]

発売・販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント(現・日本コロムビア)

キャラクターソング
  • テレビアニメ第1期
タイトル 発売日 キャラクター
ストライクウィッチーズ 秘め歌コレクション1 2009年3月18日 宮藤芳佳&坂本美緒
ストライクウィッチーズ 秘め歌コレクション2 2009年3月18日 サーニャ・V・リトヴャク&エイラ・イルマタル・ユーティライネン
ストライクウィッチーズ 秘め歌コレクション3 2009年4月1日 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ&エーリカ・ハルトマン&ゲルトルート・バルクホルン
ストライクウィッチーズ 秘め歌コレクション4 2009年4月1日 宮藤芳佳&リネット・ビショップ&ペリーヌ・クロステルマン
ストライクウィッチーズ 秘め歌コレクション5 2009年4月15日 フランチェスカ・ルッキーニ&シャーロット・E・イェーガー
  • テレビアニメ第2期
    • 当初は2010年11月24日に発売される予定だったが、同年12月22日に発売日が延期されたのち、一旦は発売中止が発表された。しかし2011年1月に企画進行中との発表があり、同年5月に新たな発売日が発表されたものの、同年7月に再度発売延期の発表があり、2012年7月に正式な発売中止の発表があった。日本コロムビアの特設ページにおいても、2012年7月まではCDの情報などが掲載されていたが、同年10月時点で削除されている。
  • 劇場版
    • 秘め歌コレクション3~5の当初の発売予定日は2012年12月19日だったが、発売延期となり、2013年8月に日本コロムビアの公式ページにて新たな発売日が発表された[22]
タイトル 発売日 キャラクター
ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション1 2013年1月9日 サーニャ・V・リトヴャク&エイラ・イルマタル・ユーティライネン&ハイデマリー・W・シュナウファー
ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション2 2013年1月9日 シャーロット・E・イェーガー&フランチェスカ・ルッキーニ&フェルナンディア・マルヴェッツィ
ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション3 2013年10月2日 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ&エーリカ・ハルトマン&ゲルトルート・バルクホルン
ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション4 2013年10月2日 宮藤芳佳&坂本美緒&服部静夏
ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション5 2013年10月30日 リネット・ビショップ&ペリーヌ・クロステルマン
サウンドトラック
タイトル 発売日
ストライクウィッチーズ オリジナル・サウンドトラック 2008年9月24日
ストライクウィッチーズ2 オリジナル・サウンドトラック 2010年9月22日
ストライクウィッチーズ劇場版 オリジナル・サウンドトラック 2012年3月21日
ゲーム版オープニングテーマ
ゲーム版サウンドトラック
ラジオCD
  • ストライクウィッチーズスターライトストリーム
    • ストライクウィッチーズスターライトストリーム(2010年12月8日発売)
    • ストライクウィッチーズスターライトストリーム2(2011年4月27日発売)
  • 501stJFW.OA 〜第五〇一統合戦闘航空団公式放送〜
    • ストライクウィッチーズ 501st JFW.OA 〜501統合戦闘航空団公式放送〜 1(2011年11月30日発売)
ドラマCD
  • ストライクウィッチーズ 秘め話CD(ひめばなしぃーでぃー)
    • 秘め話CD1(娘Type Vol.1にて限定誌上通販[23])
    • 秘め話CD2(娘Type Vol.2にて限定誌上通販)
    • 秘め話CD3(娘Type Vol.3にて限定誌上通販)
  • ストライクウィッチーズ 秘め録CD(ひめろくしぃーでぃー)
    • 秘め録CD上(娘Type Vol.8,Vol.9にて限定誌上通販[24])
    • 秘め録CD下(娘Type Vol.10,Vol.11にて限定誌上通販)

小説版 ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊シリーズ[編集]

角川スニーカー文庫から発売。著者はヤマグチノボル。カバーイラストは島田フミカネ。口絵・本文イラストは上田梯子

アニメが大戦後期の西部戦線(1944・1945年)が舞台であり、いわばスーパーエースによるドリームチームの活躍の物語になっているのに対し、本シリーズは大戦初期のスオムッサルミの戦い(1939・1940年)が舞台となっており、厄介者扱いされて辺境の地に集められた半人前のウィッチたちの人間模様が描かれる。

四ノ巻は2009年初春発売予定であったが長らく延期し、著者本人も「出ないってことはない[25]」「(設定について)いらん子を書くにあたって悩んでいることがある[26]」と執筆には意欲的だったものの2013年4月4日に亡くなった為絶筆となった。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ壱の巻 スオムスいらん子中隊がんばる 2006年10月1日 ISBN 978-4-04-424605-1
ストライクウィッチーズ弐の巻 スオムスいらん子中隊恋する 2007年3月1日 ISBN 978-4-04-424606-8
ストライクウィッチーズ参ノ巻 スオムスいらん子中隊はじける 2008年7月1日 ISBN 978-4-04-424607-5
四ノ巻(サブタイトル・発売日不明) 2009年初春発売予定だったが作者死去により絶筆

漫画版・小説版「アフリカの魔女」シリーズ[編集]

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 Witch in Africa[編集]

2008年8月発行。原作者である島田フミカネや本作に関わった鈴木貴昭、野上武志らの共著による同人誌作品。アフリカ戦線のエース「アフリカの星」ことハンナ・ユスティーナ・マルセイユの活躍を主題とした、漫画および小説を収録。その他、アニメでは描ききれない部分についての世界設定メモなども記載されている。下記の通り、一部は一般の商業誌扱いの単行本として発売されて公式作品へと昇格している。

本書の内容は、本来テレビアニメ版DVDのブックレットに収録される予定であったものである。[27]

アフリカの魔女
野上武志による漫画。1942年、北アフリカのハルファヤ峠を舞台に、アニメでは描かれなかった「男たちの戦い」を描く。
アフリカの星
鈴木貴昭による小説。元ウィッチの従軍記者を主人公に、地中海から北アフリカにかけてのアフリカ戦線の様子、そして「アフリカの星」マルセイユの人となりを描く。

ストライクウィッチーズ 砂漠の虎 Tiger in Desert[編集]

2008年12月発行。

砂漠の虎
野上武志による漫画。アフリカ戦線を舞台に、試作陸戦ストライカーユニット「ティーガー」開発チームの人間模様と奮戦を描く。
アフリカの星 鷲と月と太陽と
鈴木貴昭による小説。「アフリカの星」の続編。マルセイユの取材をきっかけに再び空を飛ぶことを決意した従軍記者の加東圭子が、現役復帰するまでの騒動を描く。

ストライクウィッチーズ 砂漠の虎 後編 Tiger in Desert vol.2[編集]

2009年8月発行。

砂漠の虎
野上武志による漫画。前作に引き続き、マルセイユ及び「ティーガー」開発チームの活躍を描く。
フクロウの朝
鈴木貴昭による小説。加東圭子の視点で、同じ扶桑のウィッチである稲垣真美の奮闘を描く。

ストライクウィッチーズ スフィンクスの魔女 VOL.01 THE WITCHES OF THE SPHINX[編集]

2010年4月発行。

三将軍と扶桑の魔女
野上武志による漫画。連合軍三将軍の内輪揉めと、その状況に負けずネウロイと戦うウィッチたちの活躍を描く。
嵐の前
鈴木貴昭による小説。マルセイユの提案による「アフリカ」部隊マーク完成までのプロセスを描く。

ストライクウィッチーズ スフィンクスの魔女 VOL.02 THE WITCHES OF THE SPHINX VOL.02[編集]

2010年8月発行。

バザールで水煙草を
野上武志による漫画。カイロ市民を守るために奮闘する、「アフリカ」を中心としたウィッチたちの姿を描く。
砂漠の夜の夢
鈴木貴昭による小説。「アフリカ」隊長である加東圭子の過去を、本人の視点で描く。

ストライクウィッチーズ スフィンクスの魔女 VOL.03 THE WITCHES OF THE SPHINX VOL.03[編集]

2011年5月発行。

シャーロットへの贈り物
野上武志による漫画。スエズ運河奪回作戦「スフィンクス」を背景にシャーロットたちの「家族」への想いを描く。
砂上のフェニックス
鈴木貴昭による小説。島田フミカネのウェブページ等でも紹介されているマルセイユが使い魔を失ったエピソード。

ストライクウィッチーズ スフィンクスの魔女 VOL.04 THE WITCHES OF THE SPHINX VOL.04[編集]

2011年12月発行。

ホルスの目の中へ
野上武志による漫画。スエズ運河奪回作戦「スフィンクス」において、大釜陣地に包囲されたロンメル率いる人類連合軍。その奮戦と稲垣真美のある悩みを描く。

ストライクウィッチーズ スフィンクスの魔女 VOL.05 THE WITCHES OF THE SPHINX VOL.05[編集]

2012年4月発行。

西へ往く魔女
野上武志による漫画。「アフリカの魔女」シリーズ完結編。スエズ運河奪回作戦「スフィンクス」の決着と、最後の大物ネウロイとの戦いが描かれる。
陸戦ストライカー・イラストコラム
文、兼光ダニエル真・イラスト、A士による「アフリカの魔女」シリーズに登場した陸戦ストライカー解説イラストコラム。
カプッツォの魔女
兼光ダニエル真による小説。「カプッツォの獅子」ことハンネローレ・キュンメル大尉らカールスラント陸戦ストライカー部隊のアフリカでの活躍を描く。

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女総集編 Witch in Africa Total Comic Collection[編集]

2011年6月発行。 既刊の野上武志による漫画「アフリカの魔女」「砂漠の虎(前後編)」に加えて新作「スツーカの魔女」を収録。

スツーカの魔女
野上武志による漫画。マルセイユが語るある地上攻撃魔女が地上に降りた顛末の物語。

戦国ウィッチーズ 本能寺の魔女[編集]

2009年8月発行。

戦国ウィッチーズ 本能寺の魔女
野上武志による漫画。扶桑史上最大の謎とされる、織田信長の本能寺脱出を描いた作品。
戦巫女の日 〜森乱丸〜
鈴木貴昭による小説。本能寺の変から大返しまでを描く。

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 (商業誌版)[編集]

野上武志著。

同著者の同人誌作品であるアフリカの魔女と砂漠の虎を収録した商業誌。書き下ろしも一本収録されている。 なお、同人誌版ではセリフの吹き出しに英訳が添えられていたが、商業誌版では割愛され、日本語に統一されている。

序章
アフリカの魔女のプロローグとして書き加えられた。これからの展開を予告編的にまとめた内容。
書類戦争の魔女(書き下ろし)
隊長として、書類仕事に忙殺される加東圭子と、その補佐をする金子主計中尉をめぐるエピソード。
  1. 2012年1月23日発売、ISBN 978-4-04-120085-8

ストライクウィッチーズ アンドラの魔女 (商業誌版)[編集]

野上武志著。

同著者の同人誌作品であるスツーカの魔女と本能寺の魔女を収録。同著者宛にアンドラ公国のファンから感想メールが届き、そのファンの為に描いたアンドラの魔女も収録。劇中では、それぞれのエピソードを圭子やマルセイユらが語ってゆく形が取られている。

アンドラの魔女
ピレネー山脈に存在する小国、アンドラ公国を守るウィッチのイリスと羊飼いのマリアの活躍を描く。
アイガーの魔女

アルプスを越えてカールスラントの防衛に向かうウィッチを支援するため、アイガー北壁に航法用のマーカーを設置すべく登頂に挑戦する登山家、ジョージ・マロニーの物語。

  1. 2012年4月26日発売、ISBN 978-4-04-120207-4

ストライクウィッチーズ2 ヴィジュアルショートストーリー 500overs in Africa[編集]

『ストライクウィッチーズ2 オフィシャルファンブック コンプリートファイル』に収録。著者は鈴木貴昭。イラストは京極しん。

アニメ版第2期第10話の舞台裏を、マルセイユと共に501JFWにやってきた加東圭子の視点を通して描く短編ノベル。

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート[編集]

角川スニーカー文庫から発売。著者は鈴木貴昭。口絵イラストは1巻と2巻が島田フミカネ、3巻は飯沼俊規。本文イラストは1巻が野上武志、2巻以降は飯沼俊規。

扶桑皇国陸軍の従軍記者で元ウィッチの加藤圭子が、取材を通して見たアフリカ戦線の様子を描く。やがてストーリーは、彼女が第31統合戦闘飛行隊「アフリカ」改め「ストームウィッチーズ」の隊長として活躍する姿を描く事になってゆく。 上記同人誌版の小説部分をまとめたもの。2巻以降は完全な書き下ろしとなっている。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート 2012年3月1日 ISBN 978-4-04-100210-0
ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート2 2013年1月31日 ISBN 978-4-04-100634-4
ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート3 2014年2月28日 ISBN 978-4-04-100859-1

漫画版 ストライクウィッチーズ零(ゼロ)シリーズ[編集]

ストライクウィッチーズ零(ゼロ) 1937 扶桑海事変[編集]

娘TYPE Vol.13から2012年1月号まで連載、にんげん著。

二巻では限定版も発売され、トイズワークスにいてんご坂本美緒(12歳Ver.)が付属した。

扶桑海事変前後の扶桑皇国を舞台に美緒の過去を描く。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変 2011年7月30日 ISBN 978-4-04-715739-2
ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変2 2012年2月10日
2012年1月26日(限定版)
ISBN 978-4-04-120123-7
ISBN 978-4-04-900814-2(限定版)

ストライクウィッチーズ零(ゼロ) 1939 皇国の魔女[編集]

娘TYPE 2012年5月号、6月号掲載、にんげん著。2012年7月号にて「しばらく休載します」との知らせが掲載されたから再開される事なく、事実上の打ち切り。

『ストライクウィッチーズ零(ゼロ) 1937 扶桑海事変』の続編で、前作で描かれた扶桑海事変のその後の美緒達の活躍を描く。

その他の小説版[編集]

ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻[編集]

角川スニーカー文庫から発売。著者は南房秀久。イラストは島田フミカネ、上田梯子。

テレビアニメ第1期のノベライズ。オリジナルエピソードも多数追加されており1巻から3巻までがTV版第1期の内容で4巻はTV版のサイドエピソード及び1期と2期の間に当たる部分を補完する内容になっている。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻 2008年8月1日 ISBN 978-4-04-473901-0
ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻2 2009年3月1日 ISBN 978-4-04-473902-7
ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻3 2009年8月1日 ISBN 978-4-04-473903-4
ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻4 2010年7月1日 ISBN 978-4-04-473904-1

ストライクウィッチーズ2[編集]

角川スニーカー文庫から発売。著者は南房秀久。イラストは島田フミカネ、京極しん

テレビアニメ第2期のノベライズ。前作同様オリジナルエピソード[28]が追加されているほか、一部エピソードは芳佳及びその話のメインキャラ以外の登場人物の視点に置き換えられている[29]

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ2 伝説の魔女達 2010年9月1日 ISBN 978-4-04-473905-8
ストライクウィッチーズ2 天空より永遠に 2010年9月30日 ISBN 978-4-04-473906-5

ストライクウィッチーズ劇場版 -還りたい空-[編集]

角川スニーカー文庫から発売。著者は南房秀久。口絵イラストは島田フミカネ、山川宏治、舟山有香、益子典子、本文イラストは飯沼俊規。

ストライクウィッチーズ劇場版のノベライズ。本編では描かれなかった描写[30]など、オリジナルストーリーが追加されている他、本編では登場しなかった人物も出演している。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ劇場版 -還りたい空- 2012年4月1日 ISBN 978-4-04-100211-7

その他の漫画版[編集]

ストライクウィッチーズ 蒼空の乙女たち[編集]

コンプエースVol.3からVol.5まで連載、かずみ善幸著。

扶桑皇国本土を舞台に、新型ストライカー開発に関わる新人ウィッチ達の活躍が描かれる予定だったが、わずか3話目にて打ち切りとなる。打ち切りとなった理由は「角川の方針にあわなかった」ためであると、作者であるかずみが自身のブログで述べている[31]

ストライクウィッチーズ 天空の乙女たち[編集]

月刊コンプエース2008年3月号から2009年1月号まで連載、たなか友基著。

「2008STRIKE AGAIN!」「2008再始動!」として、テレビアニメ企画の進行に合わせ連載を開始した。内容は、芳佳がウィッチ候補生として横須賀で訓練を受ける物で、直接501部隊に入隊したTVアニメ版とはストーリーが繋がらないパラレルワールド作品となっている。第2巻では舞台はTVアニメと同じ501部隊に移るものの、芳佳を追ってきた横須賀の面々との絡みが中心になっている。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ 天空の乙女たち1 2008年7月26日 ISBN 978-4-04-715083-6
ストライクウィッチーズ 天空の乙女たち2 2008年12月26日 ISBN 978-4-04-715152-9

ストライクウィッチーズ キミとつながる空[編集]

娘TYPE Vol.3からVol.10まで連載、京極しん著。

テレビアニメ第2期の企画の進行に合わせ連載を開始した。内容は、第1期と第2期をつなぐストーリーで、501部隊の解散後に各地に散ったウィッチたちのその後が描かれる。アニメ版以外のメディアで設定が紹介されたウィッチがゲストとして登場し、元501部隊のメンバーと絡むという構成になっている。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ キミとつながる空 2010年9月25日 ISBN 978-4-04-715539-8

ストライクウィッチーズ キミと絆のカタチ[編集]

月刊コンプエース2010年7月号掲載、うろたん著。

テレビアニメ第2期の企画の進行に合わせ連載を開始した。内容は、第1期より過去のストーリーで、まだ寄り合い所帯の色が濃い501部隊を精神的にまとめていく美緒の姿を、ペリーヌの視点を通して描く。2010年10月の単行本発売もアナウンスされていたが、2010年8月号にて休載の告知が掲載されてから再開されず、第1話が掲載されたのみで事実上の打ち切り。

ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ![編集]

4コマnanoエースVol.1からVol.18(2012年8月号増刊)まで連載、藤林真著。

501部隊の日常をコミカルに描いた4コマ漫画である。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!1 2012年3月3日 ISBN 978-4-04-120189-3
ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!2 2012年10月26日 ISBN 978-4-04-120505-1

ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ![編集]

4コマnanoエース2013年1月号増刊から10月号増刊まで連載、藤林真著。

劇場版のストーリーをパロディ化した4コマ漫画である。ストーリー序盤のヴェネツィアの戦いの場面までが描かれていたが、4コマnanoエース休刊後は月刊少年エースに移籍し、2013年12月号より連載を再開している。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!1 2014年3月20日 ISBN 978-4-04-121050-5

ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト[編集]

コンプエース編集部が編集する公式のアンソロジーコミック。収録作品の一つである「小ぃサーニャα(たちきヤマト著)」が、4コマnanoエースにてVol.1より連載した。

タイトル 発売日 ISBN
1 ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト 2010年9月25日 ISBN 978-4-04-715524-4
2 ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト〜いっしょにできること〜 2011年2月26日 ISBN 978-4-04-715627-2
3 ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト〜みんなでできること〜 2011年7月30日 ISBN 978-4-04-715755-2
4 ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト〜もっといっしょにできること〜 2011年12月26日 ISBN 978-4-04-120086-5

ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち[編集]

月刊コンプエース2011年5月号から2012年8月号まで連載、しのづかあつと著。

テレビアニメ第1期より少し前の時系列からのワイト島分遣隊を描いた作品で、まとまりがないワイト島分遣隊の精神的支柱になってゆくウィルマの活躍を描く。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち1 2012年1月26日 ISBN 978-4-04-120087-2
ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち2 2012年9月26日 ISBN 978-4-04-120365-1

ストライクウィッチーズ 小ぃサーニャ[編集]

月刊コンプエースで連載、たちきヤマト著。

ひょんな事から小さくなったサーニャと501部隊のコミカルパロディ漫画。元々は非公式の同人作品だったものが、公式漫画として登用された作品。

タイトル 発売日 ISBN
ストライクウィッチーズ 小ぃサーニャ1 2012年2月26日 ISBN 978-4-04-120172-5
ストライクウィッチーズ 小ぃサーニャ2 2013年2月26日 ISBN 978-4-04-120623-2

ストライクウィッチーズ 小ぃさいズ[編集]

月刊コンプエース2013年5月号より連載中、たちきヤマト著。

劇場版と同時間軸を舞台に501部隊の使い魔が人型となってしまったコミカルパロディ漫画である。

ストライクウィッチーズ オーロラの魔女[編集]

娘TYPE2013年11月号より連載中、京極しん著。

サーニャと出会う前のエイラとニパとの交流を描いた作品である。

ストライクウィッチーズ 第501統合戦闘航空団[編集]

月刊少年エース2013年12月号より連載中、水崎弘明著。

テレビアニメ第1期を第一話から忠実にコミカライズされている。

ストライクウィッチーズ 紅の魔女たち[編集]

月刊コンプティーク2014年3月号より連載中、しのづかあつと著。

紅ズボン隊をメインにした作品である。

3誌連動連載イラストコラム&インターネット「WORLD WITCHES」[編集]

島田フミカネによる雑誌やインターネットウェブページにて発表されるイラストコラム。 世界各地で活躍するウィッチたちの設定をイラストと、設定文によって紹介する。

WORLD WITCHES[編集]

月刊娘TYPEにて「扶桑編」、月刊コンプティークにて「アフリカ編」、月刊コンプエースにて「ヨーロッパ編」の3誌連動エリア別隔月掲載。

世界の機械化航空歩兵シリーズ[編集]

島田フミカネのウェブページ「digital bs tuners」に掲載。

ラジオ[編集]

ストライクウィッチーズ スターライトストリーム[編集]

2010年1月から2010年12月まで、毎週木曜日24:00 - 24:30にラジオ大阪1314 V-STATION枠内で放送され、1日遅れてHiBiKi Radio Stationでネット配信された番組。全52回。また、娘TYPE Vol.9(2010年6月30日発売)に「娘TYPE出張版」として付録となった。現在、日本コロムビアより、オリジナルテーマ曲「Endless Chat〜アルヨルノオハナシ〜」を収録した、番組名と同じタイトルのラジオCDが発売されている。

パーソナリティ
ゲスト
コーナー
ふつおた
番組によせられたおたよりを紹介するコーナー。
全方位ラジオ広域探査
リスナーからラジオがどこで受信できたかを報告してもらうコーナー。
我ら夜間哨戒班
リスナーの悩みをサーニャ役の門脇舞以とエイラ役の大橋歩夕が解決するコーナー。
サーニャの歌 第2章
サーニャ役の門脇舞以が、リスナーから送られたタイトルや歌詞をもとに即興で歌を歌うコーナー。
エイラの歌 第1章
エイラ役の大橋歩夕が歌う派生コーナー。
今日のエンジン音
ストライクウィッチーズに関するエンジン音をかけて、何の音かを当てるコーナー。
占い食堂!エイラにおまかせ 趣味編
エイラ役の大橋歩夕がリスナーの相談をタロットカードを使って占ってアドバイスを送るコーナー。
占い食堂?サーニャにおまかせ 挑戦編
サーニャ役の門脇舞以が占う派生コーナー。
ストライクミリタリーズ
ミリタリーに関するおたよりを紹介するコーナー。
ダナダナ
エイラ役の大橋歩夕が、リスナーの嘆きに、語尾に「ダナ」をつけてばっさり斬っていくコーナー。
階級

おたよりが読まれたり、『今日のエンジン音』のコーナーで正解したリスナーには、階級が授与される。所属は、第五〇一整備中隊。但し、『全方位ラジオ広域探査』のコーナーで読まれた場合は、第五〇一特務通信小隊所属となる。 初めて読まれると、二等兵に任命される。そこから読まれるごとに昇進し、伍長から軍曹へは昇進試験を、先任曹長からその先へは任官試験を経る必要がある。階級の順は二等兵一等兵上等兵兵長伍長、(昇進試験を経て)軍曹曹長上級曹長先任曹長、(任官試験を経て)…となる。番組内では、先任曹長まで任命された。

テーマ曲

501st JFW.OA〜第五○一統合戦闘航空団公式放送〜[編集]

2011年3月から音泉HiBiKi Radio Stationで毎月10日、25日(ただし土日に当たる場合は直前の金曜日)に配信されている番組。スターライトストリームの流れをくみ、階級制を維持している。二人一組のパーソナリティを月ごとに変える形で放送される。尚、6周目にあたる第73回からエイラ役の大橋歩夕が固定パーソナリティとなった。

パーソナリティ
  • 2011年
    • 3月 門脇舞以(サーニャ役)、大橋歩夕(エイラ役)(#1,#2)
    • 4月 田中理恵(ミーナ役)、世戸さおり(美緒役)(#3,#4)
    • 5月 名塚佳織(リネット役)、沢城みゆき(ペリーヌ役)(#5,#6)
    • 6月 福圓美里(芳佳役)、世戸さおり(美緒役)(#7,#8)
    • 7月 野川さくら(エーリカ役)、園崎未恵(ゲルトルート役)(#9,#10)
    • 8月 斎藤千和(フランチェスカ役)、小清水亜美(シャーロット役)(#11,#12)
    • 9月 福圓美里(芳佳役)、門脇舞以(サーニャ役)(#13,#14)
      •  第13回(2011年9月9日更新)・第14回(2011年9月23日更新)には、大橋歩夕(エイラ役)も出演。
    • 10月 田中理恵(ミーナ役)、野川さくら(エーリカ役)(#15,#16)
    • 11月 園崎未恵(ゲルトルート役)、小清水亜美(シャーロット役)(#17,#18)
    • 12月 世戸さおり(美緒役)、沢城みゆき(ペリーヌ役)(#19,#20) 
  • 2012年
    • 1月 名塚佳織(リネット役)、斎藤千和(フランチェスカ役)(#21,#22)
    • 2月 福圓美里(芳佳役)、大橋歩夕(エイラ役)(#23,#24)
    • 3月 福圓美里(芳佳役)、名塚佳織(リネット役)(#25)
          福圓美里(芳佳役)、内田彩(静夏役)(#26)
    • 4月 福圓美里(芳佳役)、内田彩(静夏役)、世戸さおり(美緒役)(#27・#28)
    • 5月 野川さくら(エーリカ役)、園崎未恵(ゲルトルート役)(#29,#30)
    • 6月 斎藤千和(フランチェスカ役)、小清水亜美(シャーロット役)(#31,#32)
    • 7月 田中理恵(ミーナ役)、植田佳奈(ハイデマリー役)(#33,#34)
    • 8月 名塚佳織(リネット役)、沢城みゆき(ペリーヌ役)(#35,#36)
    • 9月 門脇舞以(サーニャ役)、大橋歩夕(エイラ役)(#37,#38)
    • 10月 福圓美里(芳佳役)、斎藤千和(フランチェスカ役)(#39,#40)
    • 11月 野川さくら(エーリカ役)、世戸さおり(美緒役)(#41,#42)
    • 12月 園崎未恵(ゲルトルート役)、内田彩(静夏役)(#43,#44)
  • 2013年
    • 1月 田中理恵(ミーナ役)、沢城みゆき(ペリーヌ役)(#45,#46)
    • 2月 名塚佳織(リネット役)、大橋歩夕(エイラ役)(#47,#48)
    • 3月 門脇舞以(サーニャ役)、小清水亜美(シャーロット役)(#49,#50)
    • 4月 門脇舞以(サーニャ役)、大橋歩夕(エイラ役)(#51,#52)
    • 5月 福圓美里(芳佳役)、森永理科(フェルナンディア役)(#53,#54)
    • 6月 小清水亜美(シャーロット役)、広橋涼(ルチアナ役)(#55,#56)
    • 7月 斎藤千和(フランチェスカ役)、水橋かおり(マルチナ役)(#57,#58)
    • 8月 大橋歩夕(エイラ役)、高森奈津美(ニッカ役)(#59,#60)
    • 9月 門脇舞以(サーニャ役)、植田佳奈(ハイデマリー役)、川澄綾子(ハインリーケ役)(#61,#62)
    • 10月 田中理恵(ミーナ役)、原由実(サーシャ役)(#63,#64)
    • 11月 名塚佳織(リネット役)、内田彩(静夏役)(#65,#66)
    • 12月 世戸さおり(美緒役)、浅野真澄(醇子役)(#67,#68)
  • 2014年
    • 1月 園崎未恵(ゲルトルート役)、伊藤静(マルセイユ役)(#69,#70)
    • 2月 沢城みゆき(ペリーヌ役)、矢作紗友里(アメリー役)(#71,#72)
    • 3月 大橋歩夕(エイラ役)、福圓美里(芳佳役)(#73,#74)
    • 4月 大橋歩夕(エイラ役)、世戸さおり(美緒役)(#75,#76)
    • 5月 大橋歩夕(エイラ役)、名塚佳織(リネット役)(#77,#78)
    • 6月 大橋歩夕(エイラ役)、田中理恵(ミーナ役)(#79,#80)
    • 7月 大橋歩夕(エイラ役)、園崎未恵(ゲルトルート役)(#81,#82)予定
コーナー
ふつおた
ストライクウィッチーズ シリーズ 予告編
『ストライクウィッチーズ 劇場版』のラストに示された「つづく」のその後を予想し、勝手に予告編をつくってしまおうというコーナー。ネタ的要素が高い。
エイラのミリタリー講座
エイラ役の大橋歩夕がミリタリーに関する「何か」を決められた3つのキーワードを使って解説をする(無茶ぶりな)コーナー。
占い食堂!エイラにおまかせ シーズンIV (#73〜)
エイラ役の大橋歩夕がタロットカードを使って、リスナーの悩みを解決するコーナー。
終了したコーナー
劇場版ストライクウィッチーズ 予告編(劇場版公開後は、『続 劇場版ストライクウィッチーズ 予告編』)
リスナーに劇場版ではどういうセリフが出てくるのかを予想してもらうコーナー。ネタ的要素が高い。
なるほど!ワールドミリタリークイズ
ストライクウィッチーズにちなんだミリタリーなクイズを出すコーナー。
占い食堂!エイラにおまかせ シーズンII
占い食堂!エイラにおまかせ シーズンIII
シーズンIVと同じ。尚、大橋が出演しない回は、エイラが基地から電話形式で出演する。
一言ドラマ劇場
与えられた一言セリフを演じてもらい、ストーリーを完成させていくコーナー。ストーリーはすでに完成済み。一言なのでバリエーションを考え、テイク数を1~5回までくじで引いて決める。
ワールドウィッチーズクイズ
その回のパーソナリティを務めるウィッチに関することから出題されるクイズコーナー。ミリタリーに関する事だけではなく、地元ネタや本人の使い魔ネタなど様々な角度からクイズを出題される。
4週目から大橋が固定パーソナリティとなったため、毎回エイラの地元(スオムス)ネタを出すのが困難になり終了となった。
テーマ曲
スタッフ[32]
  • 原作 - 島田フミカネ & Projekt Kagonish
  • エグゼクティブプロデューサー - 安田猛
  • プロデューサー - 今本尚志(角川書店)
  • アシスタントプロデューサー - 小倉理恵(角川書店)
  • ディレクション/構成 - 長田宏
  • ドラマパート脚本 - 鈴木貴昭
  • 音楽 - 長岡成貢
  • 音楽プロデューサー - 植村俊一(日本コロムビア)
  • 音楽協力 - 富樫真
  • 音楽制作 - 日本コロムビア
  • 録音調整 - 奥村伸一郎(グロービジョン)・山嵜省吾(タブリエ・コミュニケーションズ)
  • 録音スタジオ - グロービジョン
  • 音響制作 - グロービジョン
  • 音響制作担当 - 岸田直樹(グロービジョン)・伊藤映里(グロービジョン)

コンピュータゲーム[編集]

以下の4作品が発売された。

ストライクウィッチーズ -蒼空の電撃戦 新隊長 奮闘する!-(ラッセル、ニンテンドーDSシミュレーションゲーム、2009年11月26日発売)
TV第1期の時間軸で、戦闘隊長の研修のために501JFWに一時的に加わった竹井醇子が主人公。
ストライクウィッチーズ -あなたとできること A Little Peaceful Days-(ラッセル、PlayStation 2アドベンチャーゲーム、2010年5月27日発売)
TV第1期の時間軸で、無人島での野外演習を行うことになった501JFWの面々による2週間にわたるサバイバルが展開する。諏訪天姫と中島錦も登場している。
ストライクウィッチーズ 白銀の翼(サイバーフロントXbox 360シューティングゲーム、2010年7月29日発売)
TV第1期の最終回からエピローグの間の2週間の空白部分が描かれる。
501JFWの解散後、その機材を504JFWに引き渡すために空母天城に乗り込んだ芳佳たちは、突然出現したウォーロック型ネウロイ(ネウロック)を追撃するため、そのままカールスラントへ向かうことになる。竹井醇子・中島錦も使用可能キャラとして参戦している。
ストライクウィッチーズ2 いやす・なおす・ぷにぷにする(角川書店、ニンテンドーDS、アドベンチャーゲーム、2010年10月21日発売)
TV第2期の時間軸で、新たな501JFW基地の整備に携わるウィッチ達の奮闘が描かれる。芳佳が自身の治癒魔法によるスキンシップを行うことがゲームの主軸となっている。
ゲストとして504JFWの赤ズボン隊三人組が登場する。
ストライクウィッチーズ 白銀の翼(角川ゲームスPlayStation Portableシューティングゲーム、2012年6月28日発売)
Xbox 360で2010年7月29日に発売された同名ゲームの移植版。今作では『完全版』となっており、Xbox 360版で有料ダウンロードコンテンツ(DLC)であった竹井醇子・中島錦が最初から使えるほか、追加シナリオやタイムアタックモードも標準装備となっている[33]
ストライクウィッチーズ2 蒼空の絆(NHN PlayArtAndroid端末、2013年11月14日配信~2014年4月8日終了)
キャラクターを選択し、少数の部隊を組ませネウロイを捜索し、撃破を目的とする。衣装によって能力が変わり、ボイスも聞ける。
ストライクウィッチーズ2 蒼空の絆(NHN PlayArtハンゲーム(PC用ブラウザゲーム)、2013年11月28日配信~2014年4月8日終了)
Android端末用と同内容。

フィギュア[編集]

  • KONAMI
    • 第1弾: 宮藤芳佳(2009年3月)
      • Xbox 360用ゲーム『ストライクウィッチーズ 白銀の翼』初回限定版には「扶桑皇国海軍水練装備仕様」が付属。
    • 第2弾: フランチェスカ・ルッキーニ(2010年7月)
    • 第3弾: リネット・ビショップ(2011年6月)
    • 第4弾: シャーロット・E・イェーガー(2012年2月)
  • ねんどろいど(発売元:グッドスマイルカンパニー[34]
    • ねんどろいど 宮藤芳佳(2009年3月)
    • ねんどろいど フランチェスカ・ルッキーニ(2010年7月)
    • ねんどろいど 宮藤芳佳 扶桑皇国海軍水練装備仕様(2010年7月)
    • ねんどろいど リネット・ビショップ(2011年6月)
    • ねんどろいど シャーロット・E・イェーガー(2012年2月)
    • ねんどろいど リネット・ビショップ 水着Ver.(2012年6月)
      • PSP専用ソフト「ストライクウィッチーズ-白銀の翼-」同梱
    • ねんどろいど ゲルトルート・バルクホルン(2013年1月)
    • ねんどろいど エーリカ・ハルトマン(2013年3月)
    • ねんどろいど 宮藤芳佳 震電Ver.(2013年11月)
  • 青島文化教材社
    • mobip No.07 ストライクウィッチーズ 宮藤芳佳(2010年4月)
  • アミューズメント用景品「セガプライズ
    • ストライクウィッチーズエクストラフィギュア
      • vol.1 宮藤芳佳 坂本美緒
      • vol.1.5 宮藤芳佳 坂本美緒(vol.1の塗り直し再発売)
      • vol.2 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ エーリカ・ハルトマン
      • vol.3 リネット・ビショップ ペリーヌ・クロステルマン
      • vol.4 サーニャ・V・リトヴァク エイラ・イルマタル・ユーティライネン
      • vol.5 フランチェスカ・ルッキーニ シャーロット・E・イェーガー
      • vol.6 ゲルトルート・バルクホルン 山川美千子
    • ストライクウィッチーズ2ハイグレードフィギュア
      • vol.1 ルチアナ・マッツェイ マルチナ・クレスピ
      • vol.2 フェルナンディア・マルヴェッツィ 竹井醇子
  • figma(発売元:マックスファクトリー
    • figma 宮藤芳佳(2010年12月)
    • figma リネット・ ビショップ(2011年9月)
    • figma サーニャ・V・リトヴャク(2012年7月)
    • figma エイラ・イルマタル・ ユーティライネン(2012年9月)
  • アルター
    • 宮藤芳佳(2010年1月、再発売2010年7月)
    • サーニャ・V・リトヴャク(2010年7月)
    • シャーロット・E・イェーガー(2011年7月、再発売2012年3月)
    • ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(2011年9月)
    • 坂本美緒(2011年12月)
    • エイラ・イルマタル・ユーティライネン(2012年3月)
    • ゲルトルート・バルクホルン(2012年4月)
      • 劇場版の前売券がセットになった「劇場公開記念版 Fw190D-9zweit Ausgestattet mit Typ 99 MG」が2012年1月10日~20日までの期間限定で抽選販売された。
    • エーリカ・ハルトマン(2013年3月)
    • ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ(2013年5月)
    • サーニャ・V・リトヴャクロケットブースターVer.(2013年12月)
    • ペリーヌ・クロステルマン(2014年5月)
    • フランチェスカ・ルッキーニ(2014年6月)
    • リネット・ ビショップ(2014年7月)
    • 宮藤 芳佳 Ver.1.5(2014年9月)

コラボレーション[編集]

カフェ[編集]

  • 2012年3月16日より3月25日の期間に秋葉原のキュアメイドカフェがコラボし『ストライクウィッチーズ カフェ』が開かれた。『劇場版』の公開に合わせて開催されたもので、店内がストライクウィッチーズの資料やグッズで装飾されオリジナルフードメニューが提供されている[35][36]

参考文献[編集]

  • 島田フミカネ 『島田フミカネ ART WORKS』 角川書店、2008年10月25日(ISBN 978-4-04-854221-0)
  • 『ストライクウィッチーズ オフィシャルファンブック コンプリートファイル』 角川書店、2009年1月9日(ISBN 978-4-04-854296-8)
  • 『第五○一統合戦闘航空団全記録』[37]
  • 『ストライクウィッチーズ2 オフィシャルファンブック コンプリートファイル』 角川書店、2010年12月28日(ISBN 978-4-04-854555-6)
  • 『第五○一統合戦闘航空団全記録弐』[38]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ストライクウィッチーズ 白銀の翼』STGで初体験! アニメ第1期後の戦い」 ジーパラドットコム、2010年4月13日。
  2. ^ 「メガミマガジン」2008年12月号発売! 表紙は「パンッ! パンッ! パンッ!」「ストライク3〜 ノックアウト〜〜」」 アキバ総研、2008年10月31日。
  3. ^ 「スオムスいらん子中隊シリーズ」第1巻後書きより
  4. ^ 出典:文化庁メディア芸術プラザ
  5. ^ a b ストライクウィッチーズ劇場版公式サイト
  6. ^ 決して第3期ではないことが2013年10月13日鈴木貴昭のtwitterにより明かされている。
  7. ^ a b ストライクウィッチーズOVA公式サイトより。
  8. ^ OVA版では部隊名は「STRIKES」となっていた。テレビアニメ版の開始に伴い改名され、5本の魔法の箒をモチーフに星型にした部隊マークも新たにデザインされた。
  9. ^ アニメ版の芳佳は、ブリタニア海域での突発的戦闘での成果からその飛行能力が認められ、美緒の推薦の元、第501戦闘航空団の補充要員として正式採用された。
  10. ^ 小説版では智子の使い魔「コン平」がしゃべる描写が序盤にあり、コミック版「天空の乙女たち」でも、一部の使い魔がしゃべる場面がある。アニメ版も企画初期には使い魔が登場する予定であったが、そうすると登場人物の数が一気に倍近くにもなってしまい、ヒロイン達の出番が圧迫される事が予想されたためにキャラクターとしての登場は見送られた。初期の設定に従って作られているOVA版には、僅かだが使い魔が登場する場面がある。
  11. ^ 小説版では第二次世界大戦時の兵器に似た姿をとり、金属の地肌を見せた銀色の物体となっており、アニメ版ではハニカムブロックで形成された黒い構造体になっている。
  12. ^ 一郎率いる研究・技術部がブリタニアの研究所で製作した設計図を元に、当時最も工業技術が発達して、そして航空実験に適した海域の多い扶桑で製造されていた。
  13. ^ 漫画「扶桑海事変」には中国や朝鮮半島の一部を除く地域は「荒漠地域」とされている。航過は可能だが、基地等を置くことは不可能のようである。
  14. ^ ストライクウィッチーズ零にて、陸軍少尉である加藤武子が陸軍のより上位の階級の者や海軍に至るまでのウィッチ部隊の指揮権を御前会議で皇室から一時的に委譲されている。「ストライクウィッチーズ零」二巻より。ISBN-978-404120123
  15. ^ a b アバンアニメーション
  16. ^ 第3話以降はメカ総作画監督
  17. ^ 最新話1週間無料
  18. ^ Box Office mojo
  19. ^ 公開直後から上映されていない地方を中心に問い合わせが殺到した為、最終的には約100~110スクリーンに膨れ上がった。
  20. ^ ただし芳佳と美緒は第2期終盤で魔力を失っているため、非武装状態で描かれている。
  21. ^ 『長ぐつをはいたネコ』を筆頭にアニメ映画が満足度ランク1、2位を独占朝日新聞 2012年3月20日
  22. ^ 『ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション』3・4・5発売日決定!!”. 日本コロムビア (2013年8月16日). 2013年8月22日閲覧。
  23. ^ 後日、秘め話CD1〜3通常版が発売、2012年6月現在、NewType通販サイトKORDER.comにて販売されている。
  24. ^ 後日、秘め録CD上・下通常版が発売、2012年6月現在、NewType通販サイトKORDER.comにて販売されている。
  25. ^ ヤマグチノボルのTwitter(2010年8月20日付け)
  26. ^ ヤマグチノボルのTwitter(2013年1月9日付け)
  27. ^ スフィンクスの魔女 VOL.05 98頁、「鈴木×野上対談」より
  28. ^ 主にTV版の話の合間に当たる部分のサイドエピソード。
  29. ^ 5話にあたる話ではフランチェスカから基地にいるミーナ、8話にあたる話では芳佳から彼女のことを心配し独自に原因究明に動くリネットに中心人物が置き換わっている。
  30. ^ 坂本が芳佳に留学を進める件や映画ではカットされていた2期終了後のストライクウィッチーズの動きなど。
  31. ^ かずみ義幸 (2006年5月25日). “打ち切りです”. 2008年2月1日閲覧。
  32. ^ ラジオCD「ストライクウィッチーズ 501st JFW.OA 〜501統合戦闘航空団公式放送〜 1」より抜粋
  33. ^ 白銀の翼 PSP版公式サイト
  34. ^ 一部の商品はファットカンパニー。
  35. ^ “秋葉原・キュアメイドカフェで「ストライクウィッチーズカフェ」開催!”. あにげマ! (livedoor). (2012年3月15日). http://news.livedoor.com/article/detail/6382760/ 2012年3月15日閲覧。 
  36. ^ “「ストライクウィッチーズ」カフェ営業中!全メニュー完食レポート”. あにげマ! (livedoor). (2012年3月19日). http://news.livedoor.com/article/detail/6384109/ 2012年3月19日閲覧。 
  37. ^ テレビアニメDVD限定版各巻に付属。
  38. ^ テレビアニメ第2期BD及びDVD限定版各巻に付属。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]