偽物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
偽物語
ジャンル 青春怪異小説
小説
著者 西尾維新
イラスト VOFAN
出版社 講談社
レーベル 講談社BOX
発売日 上:2008年9月2日
下:2009年6月10日
巻数 上下2巻
アニメ
原作 西尾維新
監督 新房昭之
シリーズディレクター 板村智幸
シリーズ構成 東冨耶子、新房昭之
脚本 木澤行人、中本宗応
キャラクターデザイン 渡辺明夫
音楽 神前暁
アニメーション制作 シャフト
製作 アニプレックス講談社、シャフト
放送局 放送局参照
放送期間 2012年1月7日 - 3月17日
話数 全11話
関連作品
テンプレート - ノート

偽物語』(ニセモノガタリ)は、西尾維新による青春怪異小説。『偽物語(上)』『偽物語(下)』の二巻構成となっており、〈物語〉シリーズ第3弾(通巻4、5巻目)として講談社BOX講談社)から刊行された。イラストVOFANが担当している。2012年テレビアニメ化された。

概要[編集]

『偽物語』は21世紀初頭、私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に関わった少年少女を描いた青春怪異小説『化物語』の続編である。上巻は主人公・阿良々木暦(あららぎこよみ)の大きい方の妹・火憐(かれん)の話で第六話「かれんビー」、下巻は小さい方の妹・月火(つきひ)の話で最終話「つきひフェニックス」となっている。

時系列的には『化物語』がゴールデンウィーク明けの5月から6月の文化祭までの話だったのに対し、本作はその後の夏休み中の話となっている。テーマはタイトルにもなっている「偽物」と「本物」、そして「正義」。作者の西尾は『化物語』のボーナスステージ的な作品と位置付けており、本筋に無関係な雑談パートにも多くの紙幅が割かれている。『化物語』『傷物語』の6人のヒロインも引き続き登場するが、西尾の「登場人物は常に変化し続けるもの」との考えから、髪型や性格に変化がみられるキャラクターが多数存在する。なお、本作『偽物語』の執筆中に『化物語』のアニメ化が決定しており、作中にアニメ化にまつわるメタフィクショナルな発言が散見される。

箱絵は上が逆立ちをする火憐、下が和服を着た月火で対をなしており、イラスト担当のVOFANはシリーズで最も気に入っていると語っている[1]

当初は『偽物語』でシリーズが完結する予定だったため「つきひフェニックス」が最終話とされたが、羽川翼(はねかわつばさ)と八九寺真宵(はちくじまよい)について書き足りないことがあったため、続刊『猫物語』、『傾物語』が書き下ろされることになった[2]。そのため、『猫物語』以降のシリーズ作品の話数は形式上のものとなる。

あらすじ[編集]

かれんビー[編集]

蟹、蝸牛、猿、蛇、猫。直江津高校周辺に現れた怪異に関わった5人の少女の事件が解決し、文化祭を終えた夏休み、阿良々木暦は恋人の戦場ヶ原ひたぎによって学習塾跡に監禁される。千石撫子(せんごくなでこ)を苦しめていたおまじないを意図的に流行らせている人間がいるという。黒い喪服のようなスーツに身を包んだ男、その名は貝木泥舟(かいきでいしゅう)。かつて、ひたぎを騙した詐欺師の一人が再びこの町に現れたらしい。

栂の木二中のファイヤーシスターズの異名を持ち、正義の味方を自称する火憐と月火は、中学に流行ったおまじないの元凶である貝木の居場所を突き止めるが、返り討ちにあってしまう。暦は学習塾跡から脱出し、妹を助けるため、ひたぎと共に貝木と対決する。

つきひフェニックス[編集]

貝木泥舟との対決を終え、上の妹である火憐と少し仲良くなった暦。

夏休みの外出中、暦は影縫余弦(かげぬいよづる)と斧乃木余接(おののきよつぎ)と名乗る不思議な二人組と出会う。再会した貝木によると、彼女らは「不死身の怪異」を専門とするゴーストバスターだと言う。吸血鬼である忍野忍(おしのしのぶ)とその眷属だった自分が目的だと考える暦だったが、彼女らの真の目的は意外な人物だった。

彼女たちの目的、矛先が自分の小さいほうの妹である阿良々木月火(あららぎつきひ)であることを知った暦。余弦の手によって時鳥(ほととぎす)の怪異に憑かれているという月火の正体を目の当たりにする。しかし、暦は不死身で偽物な彼女を自分の妹として、家族としてこれからも変わらず受け入れることを決意する。そして、最終決着をつけるため、忍と共に影縫と余接の待つ塾の廃墟へと向かうのだった。

登場キャラクター[編集]

「声」はテレビアニメ版における担当声優

阿良々木 暦(あららぎ こよみ)
声 - 神谷浩史
本作の主人公で語り手。春休みに吸血鬼に襲われたことで不死性を持つ高校三年生男子。前作では鬼太郎のような髪型だったが、首筋にある噛み傷を隠すため髪を伸ばしており、現在はロンゲになっている。
阿良々木 火憐(あららぎ かれん)
声 - 喜多村英梨
暦の上の妹。栂の木第二中学校三年生。スズメバチの怪異に関わる少女。空手を嗜んでおり、肉体派でジャージが似合う。いつもポニーテイルにしていたが、8月に切り落としてしまう。
阿良々木 月火(あららぎ つきひ)
声 - 井口裕香
暦の下の妹。栂の木第二中学校二年生。ホトトギスの怪異に関わる少女。茶道を嗜んでおり、頭脳派で着物が似合う。ことあるごとに髪型を変え、上巻ではダッチ・ボブ、下巻ではワンレングスにしている。
戦場ヶ原 ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ)
声 - 斎藤千和
直江津高校三年生。蟹の怪異に関わった少女。暦から「ガハラさん」というニックネームで呼ばれている。腰まで届く程のロングヘアだったが、上巻と下巻の間にショートヘアになった。
八九寺 真宵(はちくじ まよい)
声 - 加藤英美里
小学五年生。蝸牛の怪異に見舞われた少女。他のヒロインと異なり、容姿・性格に変化が無く、髪型はツインテイルのままとなっている。
神原 駿河(かんばる するが)
声 - 沢城みゆき
直江津高校二年生。猿の怪異に関わった少女。以前はショートヘアだったが、髪が伸びるのが早く、7月の段階では結べそうなくらい伸びている。
千石 撫子(せんごく なでこ)
声 - 花澤香菜
暦の出身校の公立中学校二年生。蛇の怪異に関わった少女。恥ずかしがりなので普段は前髪で目を隠すようにしているが、ここぞという時はカチューシャで前髪を上げる。
羽川 翼(はねかわ つばさ)
声 - 堀江由衣
直江津高校三年生。猫の怪異に関わった少女。文化祭後、髪を肩で切り揃え、眼鏡を止めコンタクトレンズを使用している。
忍野 忍(おしの しのぶ)
声 - 坂本真綾
かつては暦を襲った吸血鬼の末路の姿で、暦と和解後は暦の僕となる。忍野メメから怪異の知識を得ており、彼に代わる役割を担う。前作とは対照的にヒロイン的な立ち位置になっている。普段は暦の影の中に潜んでいる。ミスタードーナツが大好き。
貝木 泥舟(かいき でいしゅう)
声 - 三木眞一郎
かつてひたぎを騙した詐欺師。金銭目的で婦女を騙すことも厭わない。
影縫 余弦(かげぬい よづる)
声 - 白石涼子
京都弁を話す陰陽師。
斧乃木 余接(おののき よつぎ)
声 - 早見沙織
余弦に付き従う童女。口癖は、「――僕はキメ顔でそう言った」。

書籍一覧[編集]

テレビアニメ[編集]

化物語』、『刀語』、『傷物語』に続く西尾維新アニメプロジェクト第4弾として、2012年1月から3月にかけて独立局ほかにて放送された。『化物語』のテレビ放送終了後、インターネット配信が行われている頃にアニメ化の企画が始動し、『化物語』の視聴者のための作品という方向性で制作が行われた[3]。アニメ化は2011年9月15日にニコファーレにて行われた「西尾維新アニメプロジェクト最新情報発表会」で発表され、発表会の模様はニコニコ生放送インターネットを通じて配信されて345,435人が視聴した。

作中での時期は『化物語』の約1か月後となっており、髪型が変わったキャラも多く、新たにキャラクターデザインが起こされている。〈物語〉シリーズとしてのアニメ前作である『化物語』とは演出の方針などは変えられており、監督の新房昭之によると、必要以上にキャラクターのアップを拾う、あざといカットを入れる、全体的に口当たりを柔らかにしている、などの方針がとられているといい、文字テロップも大幅に減らされている[4]

「かれんビー」が7話構成、「つきひフェニックス」が4話構成の全11話。第8話の「つきひフェニックス其ノ壹」では妹の歯磨きだけで丸々1話を使い話題を呼んだ。次回予告はテレビでは放送されず、公式サイトでの配信とBlu-ray/DVD版に収録されている。予告は登場キャラクターが行う形式であり、本作でも『化物語』同様に原作者の西尾維新が書き下ろしている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
テレビ放映版第4話、第7話、第11話ではオープニングテーマは使用されていない。
BD/DVD版では第4話、第7話にオープニングテーマとして「marshmallow justice」が追加された。
「二言目」(第1話、第3話)
作詞 - meg rock、作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和
オープニングディレクター - 龍輪直征
『化物語』「ひたぎクラブ」の主題歌「staple stable」のアンサーソング。チキチキという効果音は手錠の音で、「かれんビー」でひたぎが暦を監禁したことから使われた[5]
オープニング映像には「Aバージョン」(第1話)と「Bバージョン」(第3話)の2種類がある。Aバージョンでははひたぎがシルエットになっており、Bバージョンではなっていない。
「marshmallow justice」(第2話、第5話、第6話およびBD/DVD版第4話、第7話)
作詞 - meg rock、作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 阿良々木火憐(喜多村英梨
オープニングディレクター - 高津幸央
「かれんビー」の主題歌。火憐は駿河をリスペクトしていることから、「するがモンキー」の主題歌「ambivalent world」のアンサーソングとなっている。火憐のイメージからヒーローテイストの曲調となっている。
「白金ディスコ」(第8話、第9話、第10話、BD/DVD版第11話)
作詞 - meg rock、作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 阿良々木月火(井口裕香
オープニングディレクター - 高津幸央
「つきひフェニックス」の主題歌。タイトルは月火の口癖「プラチナむかつく」に由来。月火は和服が好きという設定から曲のテーマは「和ディスコ」となった[6]
エンディングテーマ「ナイショの話」(第2話 - 第11話、BD/DVD版第1話)
作詞・作曲 - ryo(supercell)/ 歌 - ClariS
エンディングアニメーション - ウエダハジメ(第2話 - 第6話、第8話 - 第10話)
エンディングイラスト - 渡辺明夫、松本元気(第7話)
テレビ放映版第1話ではエンディングテーマは使用されなかった[注 1]が、BD/DVD版では第1話にも「ナイショの話」が収録されている。
エンディング映像には、「Aバージョン」(第2話、第3話、BD/DVD版第1話)・「Bバージョン」(第4話 - 第6話、第8話)・「Cバージョン」(第9話、第10話)・「かれんビー」最終回用(第7話)・「つきひフェニックス」最終回用(第11話)の5種類がある。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 提供バック
イラスト
第壹話 かれんビー 其ノ壹 木澤行人 板村智幸 杉山延寛、松本元気、潮月一也 VOFAN
第貳話 かれんビー 其ノ貳 八瀬祐樹 茂木琢次、牛島希
梶浦紳一郎、山村洋貴
有馬啓太郎
第參話 かれんビー 其ノ參 板村智幸 宮本幸裕
石川俊介
杉山延寛、前田達之
村山公輔(レイアウト)
石黒正数
第肆話 かれんビー 其ノ肆 八瀬祐樹 伊藤良明、潮月一也、高野晃久 なもり
第伍話 かれんビー 其ノ伍 森義博
岩崎安利
川畑喬
美甘義人 阿部智之
村山公輔(レイアウト)
あぼしまこ
第陸話 かれんビー 其ノ陸 川畑喬 中島千明、尾尻進矢 葉賀ユイ
第漆話 かれんビー 其ノ漆 佐々木満 龍輪直征 松本元気、茂木琢次、前田達之 蒼樹うめ
第捌話 つきひフェニックス 其ノ壹 中本宗応 板村智幸 伊藤良明、高野晃久
斉藤敦史、中村直人
カントク
第玖話 つきひフェニックス 其ノ貳 大谷肇 宮本幸裕
石川俊介
潮月一也、前田達之
赤尾良太郎、櫻井司、杉山延寛
三輪士郎
第拾話 つきひフェニックス 其ノ參 芦野芳晴 川畑喬 阿部智之、伊藤良明、松本元気
高野晃久、佐々木貴宏
ブリキ
第拾壹話 つきひフェニックス 其ノ肆 笹木信作 八瀬祐樹 潮月一也、赤尾良太郎、前田達之
佐々木貴宏、伊藤良明、高野晃久
渡辺明夫
渡辺明夫

放送局[編集]

『化物語』の地上波放送局に群馬テレビとちぎテレビ熊本放送が追加され、BS放送局BSジャパンからBS11に、CS放送は『化物語』を地上波と同時期にネットを行っていたAT-Xから『偽物語』放送直前に『化物語』を放送したキッズステーションに変更された。動画配信サイトバンダイチャンネルニコニコ動画楽天ショウタイムでも有料配信される(最新話のみ、一週間無料)。また、2012年4月に放送を開始する携帯端末向け放送、NOTTVでも同月より放送される。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
東京都 TOKYO MX 2012年1月7日 - 3月17日 土曜 24:00 - 24:30 独立局 E!TV
栃木県 とちぎテレビ
群馬県 群馬テレビ
埼玉県 テレ玉 土曜 25:35 - 26:05
愛知県 テレビ愛知 土曜 25:50 - 26:20 テレビ東京系列
近畿広域圏 毎日放送 土曜 26:28 - 26:58 TBS系列 アニメシャワー第2部
千葉県 チバテレビ 2012年1月8日 - 3月18日 日曜 25:00 - 25:30 独立局
神奈川県 tvk
北海道 テレビ北海道 2012年1月10日 - 3月20日 火曜 26:00 - 26:30 テレビ東京系列
福岡県 TVQ九州放送 2012年1月11日 - 3月21日 水曜 25:43 - 26:13
日本全域 BS11 2012年1月14日 - 3月24日 土曜 23:30 - 24:00 BS放送 ANIME+
バンダイチャンネル 土曜 24:00 更新 ネット配信 最新話は一週間無料
ニコニコ生放送 土曜 25:30 - 26:00
ニコニコ動画 土曜 26:00 更新
楽天ショウタイム 2012年1月16日 - 3月26日 月曜 12:00 更新
キッズステーション 2012年1月20日 - 3月30日 金曜 23:30 - 24:00 CS放送 リピート放送あり
熊本県 熊本放送 2012年1月29日 - 4月8日 日曜 25:50 - 26:20 TBS系列
日本国内[注 2] not tv1 2012年4月 - 月曜 22:30 - 23:00 モバキャス
日本全域 WOWOWプライム 2013年5月12日 日曜 23:00 - 26:30 BS放送 かれんビー 全7話を一挙放送
2013年5月19日 日曜 23:00 - 25:00 つきひフェニックス 全4話を一挙放送
AT-X 2014年1月15日 - 水曜 20:00 - 20:30 CS放送 リピート放送あり

Blu-ray / DVD[編集]

テレビアニメを収録したパッケージソフト。Blu-ray Disc完全生産限定版、DVD完全生産限定版、DVD通常版の3種類が発売。

完全生産限定版は主題歌やサウンドトラック、あとがたりを収めた音楽CDなどの各種特典が付属する。前作で好評だった西尾維新書き下ろしのキャラクターコメンタリー(登場キャラクターによるオーディオコメンタリー)は本作にも収録される。第1巻のみ2本立てとなっており、副音声と裏音声の2種類のキャラクターコメンタリーが収録される。

Blu-ray第1巻完全生産限定版は初週約5万枚を売り上げオリコンBlu-ray週間ランキング第2位となった。Blu-ray第2巻完全生産限定版は初週約4万3000枚を売り上げ2012年6月4日付オリコンBlu-ray週間ランキングでシリーズ初の首位を獲得し[8]、第3巻完全生産限定版も初週4.3万枚を売り上げオリコンBlu-ray週間ランキング第2位となった[9]

巻数 サブタイトル 収録話 発売日 コメンタリー 限定版付属CD
第一巻 かれんビー(上) 第1話 - 第2話 2012年4月25日 副音声:戦場ヶ原ひたぎ、羽川翼
裏音声:千石撫子、阿良々木月火
marshmallow justice
第二巻 かれんビー(中) 第3話 - 第5話 2012年5月23日 戦場ヶ原ひたぎ、神原駿河 二言目、劇伴音楽集 其ノ壹
第三巻 かれんビー(下) 第6話 - 第7話 2012年6月27日 八九寺真宵、忍野忍 劇伴音楽集 其ノ弐&あとがたり完全版
第四巻 つきひフェニックス(上) 第8話 - 第9話 2012年7月25日 阿良々木火憐、阿良々木月火 白金ディスコ&劇伴音楽集 其ノ参
第五巻 つきひフェニックス(下) 第10話 - 第11話 2012年8月22日 神原駿河、阿良々木火憐 劇伴音楽集 其ノ肆&あとがたり完全版

関連書籍[編集]

偽物語 アニメコンプリートガイドブック
2012年9月26日刊行、ISBN 978-4-06-217932-4
アニメ『偽物語』完結記念として発売されたガイドブック。エピソードを1話ごとに詳細に解析している。製作スタッフや声優へのインタビューやイラストギャラリーの他、西尾維新書き下ろしの短々編「ひたぎネック」「かれんアームレッグ」「つきひエターナル」「しのぶハウス」を収録。
書き下ろし短々編は彼女の戦場ヶ原を妹たちに紹介する話になっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本編放送終了後のClariSのCMでは、楽曲が使われなかったことに対して、演出上「ナイショすぎる。」とコメントされている。CMで使用されたアーティストのキャラクターは、渡辺明夫によるもの[7]
  2. ^ 放送対象地域はNOTTVを参照。

出典[編集]

  1. ^ ダ・ヴィンチ」 2011年4月号 メディアファクトリー
  2. ^ 「オトナアニメ」Vol.13 2009年8月 洋泉社刊
  3. ^ 偽物語 アニメコンプリートガイドブック かれんビー(下) p.45
  4. ^ 偽物語 アニメコンプリートガイドブック かれんビー(下) p.38
  5. ^ リスアニ!」 2012年1月号 ソニー・マガジンズ
  6. ^ 「リスアニ!」 2012年4月号 ソニー・マガジンズ刊
  7. ^ アニメ!アニメ! - 「偽物語」EDにClariS アーティストイラストに渡辺明夫さん
  8. ^ 偽物語 : シリーズ初!BD2巻が初週4万3000枚で初登場首位 オリコン毎日新聞 2012年5月30日
  9. ^ TVアニメ『偽物語』、Blu-ray第3巻がオリコン週間ランキングで総合1位マイナビニュース 2012年7月4日

外部リンク[編集]