魔物ハンター妖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魔物ハンター妖子』(まものハンターようこ)は1990年12月1日から1995年7月1日にかけて発売されたOVA作品および漫画テレビゲームである。原案:六月十三、キャラクター原案:宮尾岳

概要[編集]

古より妖魔と戦い続ける魔狩人・魔物ハンターの第108代目となってしまった女子高生、真野妖子の恋と戦いを描く物語。80年代以降の美少女作品の一ジャンルとして定着していた「剣を持って戦うヒロイン」の流れを汲みつつも、ビキニアーマーに象徴される洋風・ファンタジー路線に偏重していた既存の作品とは一線を画す、チャイナドレス姿の妖子のコスチュームデザインが注目を集めた。また変身時の前口上と、キューティーハニーを髣髴とさせる変身途中のヌードシーンがシリーズの定番となっている。

当時としてはまだ比較的珍しかった、アニメ・ゲーム等の多ジャンル展開を企画当初より想定したメディアミックス展開黎明期の作品である。また各メディアごとにおける世界観や設定等には共通点がほとんど見られず、妖子以外のレギュラーキャラや妖子の性格まで異なるのも大きな特徴となっている。

メディア展開はOVAを主軸に、平行してゲーム、CDドラマ、小説等が製作され、OVA展開終了の後に宮尾の手による漫画版をもってシリーズ展開は終了となった。宮尾は漫画版妖子をシリーズを終結するピリオドとして描いたと述懐しており、以降のメディアミックス展開は行われていない。なお商品展開自体は後にDVD-BOX、ガレージキット等が販売されている。

主な登場人物[編集]

真野妖子(まの ようこ)
- 久川綾
6月1日生。16歳、T:158cm、W:45kg。B:83cm、W:56cm、H:85cm(ただしPCエンジン魔界からの転校生ではW:54cm)。血液型:A型。
主人公で第108代目魔物ハンター。紅華学園に通う高校生。アイベックスをあしらった指輪(アニメ版のみ金、その他では青銅色)を使い魔物ハンターへと変身し、魔物・妖魔達と戦う。
アニメ版では明朗快活だが美形に弱く惚れ易い性向があり、ゲーム版では比較的おとなしいものの一途で芯の強さを持った誠実な性格。コミック版ではゲーム版に近い性格だが、悲劇的内容の合間に時折天然ボケの一面も覗かせた。
輪っか付のツインテールがトレードマークで、これは入浴・就寝時も維持している。髪留め(アニメ版では赤、その他では青)は特殊な霊石で作られており、戦闘時にはアイベックスリングと連動して霊力を発揮する。なおこの髪型は宮尾が手掛けた「来来!キョンシーズ」ぬり絵絵本におけるテンテンのデザインがベースとなっている。
小川千賀子(おがわ ちかこ)
声 - 本多知恵子
8月8日生。T:160cm、W:53kg。B:88cm、W:62cm、H:88cm。血液型:A型。
妖子の同級生で親友。大きな丸眼鏡が特徴で色気より食い気の快活な性格。よくダイエットを試みるが、食い意地が張りなかなかうまくいっていない。
メガドライブ版を除いた全作品に登場。PCエンジン版では途中退場となったが、アニメ版では自称魔物ハンターのマネージャーとして、コミック版では魔物ハンターとなった妖子を精神的な面でバックアップするなど、公私ともに様々な面で妖子の支えになっている。
神崎あづさ(かんざき あづさ)
声 - 吉田古奈美
3月10日生。13歳、T:149cm、W:38kg。血液型:O型。
魔物ハンター見習い。OVAの妖子2から登場。アニメ作品では少しずぼらな妖子とは対照的に、家事全般が得意。その一方でなぜか家電が一切使えない弱点がある。
扇状に広がった後ろ髪とハチマキも兼ねた大きなリボン(アニメでは黄、その他では水色)が特徴。ややダボついたチャイナドレス状のコスチュームで戦う。ある程度の霊力も扱えるようだが、戦闘面ともども実力としては半人前。
アニメ・小説版にのみ登場。
真野マドカ(まの マドカ)
声 - 三ツ矢雄二 / こおろぎさとみ※若返り時
11月11日生。T:145cm、W:53kg(若返り時)。
妖子の祖母、第107代目魔物ハンター。OVA版の5では、一時若返ったことがあった。
アニメ・小説版にのみ登場。
真野小夜子(まの さよこ)
声 - 鶴ひろみ
妖子の母。本来なら第108代目魔物ハンターとなるはずが、16歳の時に妖子を出産した事により、その資格を失った。
アニメ・コミック版にのみ登場。コミック版ではストーリーの開始直前に夫と共に事故死している。
真野ハルカ(まの ハルカ)
声 - 日高のり子
2月24日生。T:158cm、W:43kg
初代魔物ハンターにして、真野家のご先祖様。
コミック版でも過去の時代の人間。ただし魔物ハンターではなく、巫女である。妖子との関連性は特に語られていない。
ショウマ
声 - 難波圭一
魔界からの転校生の主人公で、妖子と千賀子を幻魔界へと誘う。
コミック版ではハルカの時代の神官だったが、悲劇の果てに霊獣・アイベックスへと変身し、後に妖子を魔物ハンターにした。
シェルミナ
声 - 皆口裕子
水棲界のお姫様。魔物に声を奪われてしまう。
セツナ
声 - 安達忍
風棲界で看護婦をしている。
ガート
声 - 大木民夫
風棲界で医者を勤めている。
コルト
声 - 真地勇志
風棲界の皇子。セツナの挑発に負け、オムの大鳥を呼び出したこともある。
グレン
声 - 森功至
火棲界の戦士。半身が石にされたため、火竜鬼を追っている。
アイミイ
声 - 本多知恵子
火棲界の酒場で働く女の子。
フェリアム
声 - 坪井章子
幻夢界の創造主。メガドライブ版ラスボス。
アイベックス
声 - 玄田哲章
魔物ハンターを見守る光の神。
コミック版では魔物を止めるためにショウマが転生した姿。
土邪鬼
声 - 戸谷公次
土棲界の魔物。メガドライブ版4面のボス。
水虎鬼
声 - 柴田秀勝
水棲界の魔物。メガドライブ版3面のボス。
木蝶鬼
風棲界の魔物。メガドライブ版1面のボス。
火竜鬼
火棲界の魔物。メガドライブ版2面のボス。
シード王
声 - 柴田秀勝
火棲界の王。妖子にオルドスの炎を託し、力尽きる。
ウィル
声 - 皆口裕子
火棲界の王子。シード王亡き後、国王となる。
ブルホフ
声 - 田中和実
シェルミナ姫を連れさらった張本人。
ゼルーダ
声 - 丸山裕子
妖子たちに道を示した老婆。
オム
声 - 柴田秀勝
風棲界の大鳥。
ヴァルベム
声 - 難波圭一
幻夢界を支配しようとしている魔王。

OVA[編集]

いずれもアニメーション制作はマッドハウス。初発売は東宝ビデオ。

タイトル[編集]

「魔物ハンター妖子」1990年
アニメ展開の第一作。妖子の魔物ハンターとしての覚醒と、学園に潜む魔界の女王の陰謀との戦いを描く。OVA作品ではあるが、テアトル池袋にて劇場公開も行われた。同時上映は「超音戦士ボーグマン LOVERS RAIN」。一般作でありながら、ベッドシーンなど過激な描写があった事でも一部話題を呼んだ。
「魔物ハンター妖子2」1992年
ファンの要望に応える形で製作された第二作。新キャラクターあづさが登場し、封印を解かれ復活した魔王・温羅に妖子と共に立ち向かう。あづさには魔物ハンターの見習いである以外にも、真野家の家政婦としての設定等も考えられていたが、30分という時間上の制約から最低限の描写に留められた。
「魔物ハンター妖子3」1993年
2と同時に企画・製作された作品で、当初はこれでシリーズ終結とする予定だったため、当時の広告等で「妖子最後の戦い」といったコピーが用いられる事もあった。異世界に召喚された妖子が恋の成就のために魔物達と死闘を繰り広げる。当時大ブームだった『ストリートファイターII』の影響から、妖子が同じチャイナドレスのキャラクター・春麗の必殺技を繰り出すお遊びも用意されている。
「魔物ハンター妖子スーパーミュージッククリップ」1993年
これまで発表されたアニメ、ゲームの主題歌、挿入歌を用いたミュージッククリップ集。特別編。過去のアニメやSD妖子・あづさのコメディ調新作アニメ、宮尾岳のイラスト集が映像として用いられている他、声優の久川綾吉田古奈美のPVも収録されている。
「魔物ハンター妖子5 光陰覇王の乱」1994年
シリーズの最終作として製作された完結編。4作目だが、縁起を担いで4を避け5を冠した。歴代魔物ハンターの宿敵・刻魔との戦いを描く。「光陰覇王の乱」は雑誌による公募で付けられたタイトルで、内容との具体的な関連性は無い。初代魔物ハンター・ハルカと、刻魔の力により若返ったマドカが妖子・あづさに協力する展開が行われたが、企画当初はさらに2人の歴代魔物ハンターが加わる予定もあった。こちらは没となったが、代わりにクライマックスではそれ以上のサプライズが用意されている。
「魔物ハンター妖子2」(ようこのじじょう)1995年
ファンの要望により復活し製作された作品。一子相伝である魔物ハンターの影の血筋を継承するライバル・妖子(あやこ)との戦いを描く。これまでのシリーズにあったような六月、宮尾の参加を示す資料は少ない。『プリンセス・ミネルバ』、『銀河お嬢様伝説ユナ』と合わせて東宝美少女OVA作品として展開された。新たなシリーズを予感させたが、これをもってアニメシリーズは実質終結となった。

スタッフ[編集]

※1は『魔物ハンター妖子』、2は『魔物ハンター妖子2』、3は『魔物ハンター妖子3』、4は『魔物ハンター妖子スーパーミュージッククリップ』、5は『魔物ハンター妖子5 光陰覇王の乱』、6は『魔物ハンター妖子2』を示す。特に表記のないものは全シリーズ共通。

  • 原案 - 六月十三
  • キャラクター原案 - 宮尾岳
  • 総監督 - 山田勝久(2 - 4)
  • 監督 - 山田勝久(1)、阿部恒(2、3)、坂田純一(5)、新房昭之(6)
  • 助監督 - 元永慶太郎(1)
  • 脚本 - 富田祐弘(1)、高林久弥(2)、山田勝久(3)、浦畑達彦(5、6)
  • 絵コンテ - 久米一成(2)、阿部恒(3)、小寺勝之(4「ところがどっこい!!セクシー娘」)、いしはらこういち(6)、新房昭之(6)
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 青木哲朗(1)、阿部恒(2、3)、佐藤雄三(5)、大橋誉志光(6)
  • 美術監督 - 脇威志(1)、金子英俊(2、3、5、6)、西川増水(5、6)
  • 色彩設定 - 松下友紀子(2、3)、中村美和子(5)
  • 撮影監督 - 石川欣一(1)、諫川弘(2、3)、山口仁(5)、鈴木秀男(6)
  • 編集 - 尾形治敏、伊藤勇喜子(1 - 3、5、6)、末吉文弘(1)、寺内聡(3、5)
  • 音響監督 - 松浦典良
  • 音楽 - 渡辺博也(1)、大森俊之(2、3、6)
  • プロデューサー - 小野木圭一(1)、斎春雄(1、2、6)、服部街宇(2 - 5)、高江勇次(2 - 5)、釜秀樹(4 - 6)、安西武(6)
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作 - 日本コンピュータシステム(1)、東宝、マッドハウス(4)

主題歌[編集]

エンディングテーマ
「恋のクーデター・ゴーゴー」(魔物ハンター妖子)
作詞 - 岩里祐穂 / 作曲 - 三浦一年 / 編曲 - 渡辺博也 / 唄 - 久川綾
「ところがどっこい!セクシー娘」(魔物ハンター妖子2)
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - キスノキヨシ / 編曲 - 三国義貴 / 唄 - 本間かおり
「So Bad Boy」(魔物ハンター妖子3)
作詞・唄 - 久川綾 / 作曲・編曲 - 大森俊之
「頑張る私が好き」(魔物ハンター妖子5 光陰覇王の乱)
作詞 - 木本慶子 / 作曲・編曲 - 池間史規 / 唄 - 久川綾
「Touch My Heart」(魔物ハンター妖子2
作詞 - 木本慶子 / 作曲・編曲 - 大森俊之 / 唄 - 久川綾

ゲーム[編集]

メガドライブ[編集]

「魔物ハンター妖子 第7の警鐘」1991年/メサイヤ/横スクロールアクション
ゲーム展開の第一作。魔界を舞台に、魔物ハンターとなった妖子が妖魔達と戦いを繰り広げる。全5面構成で、「第7の警鐘」とはゲーム開始時、1~4面の各ボス戦クリア時、そしてラスボス戦開始時とクリア時の計7回鳴らされる鐘の音を指す。攻撃は剣によるもので、ボタンを押し続ける事で全身を包むバリアを展開、さらにこれを武器として放射できるのが特徴。各ステージクリア後は妖子のCGが表示される。ドラマティックアクションゲームと称し、物語性を組み込んだ作品を意識していたようだが、実際のゲームにはEDでそれらしい映像が使われる以外に物語性を感じさせる要素は無かった。パワーアップが無い、体力ゲージの消費が激しい、コンティニュー数に制限がある等の理由により難易度は高い。企画時にはダメージを受けると妖子のチャイナドレスの裾が短くなり、最後にはレオタード調になるという演出が考えられていたが、ビジュアルサイズ上表現が難しいため没になった。このアイデアは小説版で一部採用されている。

PCエンジン[編集]

「魔物ハンター妖子〜魔界からの転校生〜」1992年/メサイヤ/ADV
デジタルコミックアドベンチャー作品。プレイヤーは記憶喪失の少年・ショウマとなり、妖子と、成り行き上同行する事になった千賀子を異世界・幻夢界へと誘う。当初は1作だけで完結する予定が、CD-ROM²の容量上、前半のみの収録となった。元はRPGを想定しており、選択肢や村人の会話等にその面影が見て取れる。次回作「遠き呼び声」も含めて、メガドライブ版の各面のボスと同じ妖魔が敵キャラとして登場している。
なお、このゲームの説明書後半部分に妖子のミニ画集が収録されている。
「魔物ハンター妖子〜遠き呼び声〜」1993年/メサイヤ/ADV
「魔界からの転校生」に続く後半の物語を描いた作品。媒体をSUPER CD-ROM²に移行し、ボリューム、グラフィック等が大幅に強化された。今作ではプレイヤーが操作する主人公がショウマから妖子自身に変更。これは物語上ショウマを妖子と離れさせる必要が生じたためと、ファンから出された「妖子自身を動かしたい」「妖子の心情描写も増やして欲しい」という要望に沿うべくスタッフが判断したため。現在の美少女ゲームが男性主人公の視点で描かれる作風が圧倒的な主流であることからすれば、当時の美少女作品に対するファンのスタンスが窺える貴重な事例とも言える。前作よりドラマティックな展開が多く用意されたほか、製作途中で予算不足となる事態がありつつも、スタッフの熱意により無償製作で膨大なグラフィックを含んだエンディングが作られた。

小説[編集]

文・六月十三、挿絵・宮尾岳の原作者コンビにて月刊アニメVにて連載された。全6話。魔物ハンターとしての覚醒から活躍、歴代魔物ハンター達の宿敵・ギルドとの死闘、あづさの弟子入りまでを描く。こちらも他メディアとは異なる解釈による設定が見られるが、純粋に原作者2名による製作のため、宮尾の数多くのイメージイラストにも繋がる「本来想定されていた妖子の世界観」を描いた作品といえる。学研発行のムックに1~5話、ムック【完結編】に最終話が収録されている。

漫画[編集]

YKコミックス「魔物ハンター妖子」(漫画:宮尾岳)1996年/少年画報社/ISBN 4785915463
シリーズ展開の最終作。魔物となった狼・ライゴを巡る短編となっている。妖子のデザインを務めた宮尾岳の独自の解釈による作品であり、他のシリーズの特徴でもあったサービスシーンが完全に削られているほか、妖子の両親が事故死している等のハードな世界観となっている。アニメに登場したハルカ、ゲームに登場したショウマが新たな設定で登場した一方、マドカやあづさは登場しない。様々な解釈、世界観で描かれたシリーズを締め括る最終作として、生みの親の一人である宮尾の妖子に対するスタンスが色濃く反映された作品となっている。

CD[編集]

シングル[編集]

  • 「ところがどっこい!セクシー娘/壊れかけた鏡」(歌:本間かおり)1992年/キングレコード「魔物ハンター妖子2」主題歌
  • 「頑張る私が好き/Stay by me」(歌:久川綾)1994年/キングレコード「魔物ハンター妖子5 光陰覇王の乱」主題歌

アルバム[編集]

  • 「魔物ハンター妖子」1991年/キングレコード
  • 「魔物ハンター妖子 So Bad Boy」1993年/キングレコード
  • 「魔物ハンター妖子 Doing My Best!」1994年/キングレコード

画集[編集]

  • 学研ムック「魔物ハンター妖子」(1993年、学研)
  • 学研ムック「魔物ハンター妖子 完結編」 (1994年、学研)

外部リンク[編集]