ダイエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイエット(diet)とは、規定食という意味である[1]

  1. 人や動物や共同体が習慣的に摂る食品のこと[2]
  2. 健康のため、美容のため、肥満の防止(や解消)のため、食事制限すること[3][注 1]

概説[編集]

ダイエットは、規定食という意味であり、美容や健康保持のために、食事の量や種類を制限することである[1]

先進国の人々では統計的に見ると栄養過多の傾向があり、(たとえば腎臓病患者数などと比較して)肥満に陥ってしまっている人の数が非常に多く、結果としてdietを行う人の比率を見ると痩せるために行っている人が多いので、「diet」が "痩せるための規定食"、という意味で使われている比率が多い。だがダイエット(規定食)は、肥満対策以外に、健康のためにも行われることがあるので、それらについても併せて解説する。

痩せるための諸活動全般に関しては「痩身」の項に譲り、本項では、正しく、運動を除いて、規定食(食事)のみを扱う。[注 2]

原語の定義と語源[編集]

「ダイエット」は、英語の diet の音訳。現代英語では1.a「規則的に(=regularly)用意されたり食べられる飲食物」、b「habitual nourishment 習慣的な栄養摂取。(食習慣)」、c 特定の理由で行われる食事の種類や量の規定(規制)2. 徐々に体重を減らすための 飲食による療法(治療指示、治療計画) [4]

語源については、古代ギリシア語の δίαιτα (diaita ディアイタ、「生活様式(生活習慣)」「生き方」)がある。このdiaitaという語はdiaitasthai(生活を導く、リードする)やdiaitan(分離する、(飲食物を)選ぶ)という語と関係がある。このギリシャ語diaitaがラテン語の diaeta、 中世ラテン語のdieta(日々の仕事、食事の許容(量))、古フランス語の13世紀ころのdieteを経て、英語に入った[5]

英語の diet には、同綴異義語があり、「(現代ではデンマークスウェーデン日本などの)国会」(通例 the Diet と綴る)等の意味もある。これは、「日程」「日々の勤め」等を意味するラテン語 dieta に由来する。dieta は、ラテン語 dies(「日」の意)の派生語として扱われていたが、実際には、前掲のギリシア語に由来する diaeta のヴァリアントであって、従って、英語の二つの diet は同根の語源を持つ[5]

ダイエットの一例[編集]

総摂取カロリーを制限する[編集]

摂取カロリーを規定量にする
食事の総カロリー量に一定の上限を設定する。
目的は概説で説明したように、美容のため、健康のため[注 3][注 4]など、人ごとに様々であるが、ともかく、「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を保つことで徐々に体脂肪が減り、体重が減り、美容的にも良い結果をもたらし(外見的にも引き締まり)、健康にも良い。


種類(成分)をコントロールする[編集]

過大な成分を減らす
肥満の人
*特に脂質油脂を含んだ食品)を減らす。[注 5]
*「油脂」と漠然と呼ばず、それを飽和脂肪酸不飽和脂肪酸にしっかり区別して、血管内壁に付着し健康への害が大きいとされる飽和脂肪酸のほうを極力避ける
*脂質および糖分を ともに制限する。
*脂肪や炭水化物の摂取を制限する。
*食品全般の量を減らし、代わりに非常に低カロリーで食物繊維質を多く含む食品(たっぷりの水・湯で戻したわかめこんにゃくキャベツ豆腐 等)に置き換える。[注 6]
*食品全般の量を減らし、代わりにをたっぷり摂る(例えば一日あたり2~5リットル程度。フランスのモデル育成所などが定番的に用いているdiet手法)
*時間的な制限を行う(例、就寝3時間前以降は水以外は摂らない。夜9時(7時)以降は口にものを入れず水だけにする、等々)
現在の食事習慣では、身体的に朝、昼に摂った炭水化物や脂肪で十分であることが多く、運動量が収束に向かう夕方以降に摂取された炭水化物や脂肪は消費されにくいため、これらを制限することにより糖尿病や肥満の防止につながるという考えに基づく。
*脂肪や炭水化物を控え、代わりにタンパク質を摂る
タンパク質の食事を摂取すると、飢餓抑制ホルモンであるペプチドYY(PYY)のレベルが増大し、高脂肪、高炭水化物の食事と比較して、空腹感も大幅に抑えられるとした[6]
*炭水化物を減らす。
*低炭水化物ダイエット
*アトキンスダイエットでは、通常200〜300gである炭水化物の摂取量を20〜40gと非常に少なくし、糖分の代わりに脂肪がエネルギーとして使われる状態に誘導する、と考え、2003~2004年ごろに流行したが、その後様々な問題があることが明らかになった。
高血圧の人 - 分の制限。
糖尿病の人 - 砂糖の制限。(代替の人工甘味料を用いる場合もある。前述「総カロリーの制限」も併用する。)
高脂血症の人 - 分・油脂の制限
腎臓病の人 - 塩分やタンパク質の制限を行うことがある。

該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行う。


薬剤の禁忌によるもの
疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがある(例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。


ダイエットとサプリメント[編集]

痩せるために役立つなどとして「ダイエット」という言葉を使いつつ、健康補助食品サプリメント(「ダイエットサプリメント」などと)が売られている。こうしたサプリメントに含まれている成分はL-カルニチンギムネマ・シルベスタギャバ、など商品により様々である。脂肪燃焼を促すとされるものや、吸収されるカロリーを抑えるとされるもので、効果の程度は様々である。医薬品とは異なり処方箋無しで購入することができる。だが、効果の程度は様々である。大げさな宣伝、さも努力なしに痩せられるかのような印象を生むための作為に満ちた宣伝がされることがあり[注 7]、宣伝の印象操作によって、自分の行動パターンも変えずに痩せられるのではなどと夢を見てしまう人がいるが、基本的に、自分の生活習慣を修正もせず、大量のカロリーの食事を摂りつづけている状態で、そこにさらにサプリメントを足してもほとんど効果は無い。例えば、毎日 油分だらけのチキンナゲットや洋菓子や糖分たっぷりの炭酸飲料をソファーに寝そべってテレビを見ながら大量に食べ続けて運動もしない生活をしている人(カウチポテト族等)が、そうした生活習慣を改めもせずさらに「ダイエットサプリメント」を口に入れても、痩せることは無い。効果の量を数量的に分析すると、あくまで大きな効果を生むのは生活習慣を改めること(食事の制限と運動の実行)である。ただし、まず生活習慣をしっかりと改めた上で、そこに補助的にサプリメントも補助的に用いる程度ならば悪くはない。

副作用は無いことが多いが、中国製などを中心として健康を害するような物質が含まれているサプリメントもある。→ダイエット商法を参照。 [7]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑第六版でも、意味が規定食だということに触れたあと「美容・健康保持のために、食事の量・種類を制限すること」と明記してある。あくまで制限である。増量ではない。
  2. ^ 運動の効果を否定しているわけではない。その反対で、痩せるためには食事の制限とともに適度に運動を行って筋肉も増やし基礎代謝を増やすことが非常に重要であることが、様々な科学的な調査によって明らかになっている。
  3. ^ 生活習慣病全般の予防を含む。
  4. ^ 肥満によって関節の負担が増え関節症の症状がある人は、「関節症の症状を和らげるため」に行う人もいる。だが、このような人は、肥満になっても気にしないで放置したり逃避しておいて、「痛み」という感覚、嫌でも知覚しなければならないものが出てようやく反応し、痛みから逃げるため(だけ)に策を打とうとしているわけで、このタイプの人は一般に、肥満によって(関節痛だけでなく)生活習慣病全般に関しても潜在的に危険な状態になっていることが多いので、意識改革が必要で、肥満がもたらす害全般や生活習慣病の起きるしくみやその結果の重大さについてしっかり学ぶ必要がある。
  5. ^ ダイエットの非常に一般的な入り口としては、揚げ物フライもの(コロッケ、カツ、チキンフライ、天ぷら 等々)を食べない、という方法である。また、脂質を規制するには、洋菓子を食べる習慣がある人の場合、それも和菓子に置き換える、という方法がとられる。
  6. ^ それぞれ「わかめダイエット」「こんにゃくダイエット」「きゃべつダイエット」…などと名付けられていることがある。ただし、わかめ、こんにゃく、きゃべつ、豆腐…等は 、この中から一種類に限定するのではなく、毎食いくつか組み合わせて用意するのが賢明な方法である。複数にすることで味や見た目に変化が生まれ、過度にみじめな気分になることを回避できる。
    キャベツは、たとえ総カロリー制限中でも摂ったほうが良いとされているビタミンを含んでいる。
  7. ^ 「使用者の感想です」などという字幕を画面の隅に入れることで、効能をうたっているわけではない、と言い訳をし、医薬品に関する法律による規制を免れる手法など。
出典
  1. ^ a b 広辞苑第六版「ダイエット」
  2. ^ Oxford Dictionaries [1] [2]
  3. ^ デジタル大辞泉
  4. ^ Merriam Webster
  5. ^ a b Etymology Online
  6. ^ Batterham et al. 2006
  7. ^ オキシフレックス??[要出典]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]