ダイエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイエット(Diet)とは、肥満の防止・解消のために取り組む食事療法を意味する[1]。現代日本語では、痩せるために行う運動もダイエット[2]の一環と考えることがあるが、それについての記述は「痩身」の項に譲り、本項では、本来的な意味である減量のための食餌療法のみを扱う。

原語の定義と語源[編集]

「ダイエット」は、英語の diet の音訳。英語では「(日常的に口にする)飲食物」や「食餌療法」、「減量を目的とする食生活」を意味する[3]。古代ギリシア語の δίαιτα (diaita、「生活様式」「生き方」)が、ラテン語(diaeta)と古フランス語を経て、英語に入った[4]

英語の diet には、同綴異義語があり、「(現代ではデンマークスウェーデン日本などの)国会」(通例 the Diet と綴る)等の意味もある。これは、「日程」「日々の勤め」等を意味するラテン語 dieta に由来する。dieta は、ラテン語 dies(「日」の意)の派生語として扱われていたが、実際には、前掲のギリシア語に由来する diaeta のヴァリアントであって、従って、英語の二つの diet は同根の語源を持つ[4]

なお、ダイエットとは本来「健康的な体型になるための食事療法または食事そのもの」を指す言葉なので、肥満体型の者が食事療法によって体重を落とすことのみを指すのではなく、痩せすぎの人が食事療法により食べる量を増やして、太ることで適正体重に戻す食事療法も「ダイエット」と言う[5]。しかし、とりわけ先進国では圧倒的に前者のケースの方が多いため、現実的には「食事療法による減量」のみを意味する言葉である、という共通認識が根付いているのが実情である。

ダイエットの一例[編集]

総摂取カロリーをコントロールする[編集]

摂取カロリーを減少させる
生活習慣病の予防、特定の治療効率の増大、痩身、またそれに伴う関節などへの負担を減少させ関節症などの症状を和らげることなどを目的として、食事の総カロリー量に一定の上限を設定する。「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を保つことにより、体重が減少することを目的として行う。
摂取カロリーを増加させる
相撲などのスポーツ選手や、虚弱体質の改善など、体重を増加させることを目的として、食事の総カロリー量に一定の下限を設定する。「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を保つことにより、体重の増加することを期待して行う。

摂取成分をコントロールする[編集]

(相対的に)過大な要素を減らす
高血圧における分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行う。なお、糖尿病の場合は、前述「総カロリーの制限」も併用する。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがある。
(相対的に)過小な要素を増やす
低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした食物の摂取(カーボパーティ)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を多く含む食物の摂取など。場合によっては保健機能食品によって不足分を補うこともある。手軽なため流行しているが、本来は日常の食事で補うべきものである。
薬剤の禁忌によるもの
疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがある(例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。
同種の栄養素の異なる形態のものを使う
ジュース類など、砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇し、身体はそれに対処するため、膵臓より大量のインスリンが分泌されて血糖を下降させ、血糖値の急激な変動がおこる。この極端な変動は、肥満に結びつきやすいという指摘があり、また心理面に影響し、いわゆる「キレやすい」状態をひきおこすという説を唱える者もいる。米などの炭水化物で糖質を摂取したほうが、血糖値の上昇はゆるやかであり、比較的安定に推移する。
炭水化物や脂肪の摂取を制限する
時間的な制限を行う(例、夕方以降は摂取しない)
現在の食事習慣では、身体的に朝、昼に摂った炭水化物や脂肪で十分であることが多く、運動量が収束に向かう夕方以降に摂取された炭水化物や脂肪は消費されにくいため、これらを制限することにより糖尿病や肥満の防止につながるという考えに基づく。
タンパク質で炭水化物や脂肪を代替する
タンパク質の食事を摂取すると、飢餓抑制ホルモンであるペプチドYY(PYY)のレベルが増大し、高脂肪、高炭水化物の食事と比較して、空腹感も大幅に抑えられるとした[6][7]
食物繊維で炭水化物や脂肪を代替する
野菜海藻全粒穀物などは食物繊維が多く、食物繊維が多いことが消化吸収をゆっくりにし、長時間に渡って空腹感を避けさせる[8]。主として多糖類からなる食物繊維は大腸内の腸内細菌によって嫌気状態で発酵し、そのかなりの部分が酪酸などの短鎖脂肪酸に変換される。大腸の組織の代謝にはこの発酵で生成されて吸収された短鎖脂肪酸が主要なエネルギー源として直接利用され、さらに余剰部分が全身の組織のエネルギー源として利用される。酪酸などの短鎖の偶数脂肪酸は吸収されて体内でβ酸化代謝によりさらにアセチルCoAに分解され、短鎖の奇数脂肪酸はプロピオニルCoAに分解される。アセチルCoAはクエン酸回路でエネルギーとして利用され、プロピオニルCoAは糖新生で利用されることにより、空腹感を軽減する。
脂肪で炭水化物を代替する
アトキンスダイエットでは低炭水化物ダイエットを行っている。通常、食事で炭水化物を摂取し血糖値が上がると、膵臓からインスリンが出されて、血糖グリコーゲンに変換し筋肉などに蓄える[9]。そして、運動するときのエネルギーとしてグリコーゲンを使う。さらに、筋肉に蓄える分が一杯になると、今度は中性脂肪として脂肪細胞に蓄える[9]。そして、血糖値が下がる。しかし、このメカニズムはインスリン抵抗性が高まっていると正常に働かなくなる。肥満になるほどインスリン抵抗性が高まり、インスリンが多く作られ高インスリン血症となる。このため脂肪として蓄えられやすく悪循環になってしまう[10]。また、血糖値が下がり低血糖症になるため、体はエネルギーが足りないと感じ、食欲が出てくる。この状態を「炭水化物中毒」と呼んでいる。インスリンのメカニズムが暴走し、甘いものが見境いなく欲しくなる状態である[11]。また低血糖症の時には気分が優れない。インスリンをつくりすぎて膵臓が疲れると、インスリンを作れなくなり血糖値を下げることができない糖尿病になる[12]。最終的にはインスリンの注射が必要になる。BMIが30以上の高度肥満者を対象にした限定的な研究では、エネルギー制限を行わない高脂質食/低炭水化物食の方がエネルギー制限を行った低脂質食/高炭水化物食よりもより強い体重低下作用が認められている。これはエネルギー制限を行わなかった高脂質食/低炭水化物食でも、それまでの摂取エネルギー量と比較して摂取エネルギー量が減少するために体重が減少したことが原因の一つとして考えられている。[13]

摂取頻度をコントロールする[編集]

一回の摂取量を増加させる
相撲の力士は、一回あたりの食事量を増やす代わりに、一日の食事回数を減らすといわれている。食事間隔を大きく開けることによりその中間が一時的な飢餓状態になり、次回の食事時に栄養吸収率が上がるため、一日の総摂取カロリー数が同じであれば体重増に繋がりやすいと考えられている。
一回の摂取量を減少させる
消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、一回の食事の総量は減少してしまうが、一日の必要カロリー量を維持するために、食事の回数を増加させなければならない。また前述「一回の摂取量を増やす」の逆で、太りにくい体質を目的として取り入れるケースもある。

サプリメントによるダイエット[編集]

様々なダイエット促進成分が配合されている健康補助食品サプリメントをダイエットに用いることで有効的にダイエットを行う方法。
主にダイエットサプリメント含まれている成分はL-カルニチンギムネマ・シルベスタギャバ、など商品により様々である。脂肪燃焼を促すものや摂取するカロリーを抑えるもの等、効能は様々である。
医薬品とは異なり処方箋無しで一般的に購入することができ、副作用なども無いことから近年、世界各国で人気を集めています。値段は1000円程度の物から10000円程度するものまで存在するが、それぞれの効果は一概に言えるものでは無い。

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ Beauty Zion|ダイエット方法
  3. ^ Merriam Webster
  4. ^ a b Etymology Online
  5. ^ フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」2011年3月9日放送分より。
  6. ^ Batterham et al. 2006
  7. ^ XKENKO.COM. “高蛋白(たんぱく)食が空腹感を遠ざける”. 健康と病気の情報!. 2013年8月17日閲覧。
  8. ^ ウィレット 2003, p. 145
  9. ^ a b アトキンス, 橋本 & 荒井 2005, p. 60
  10. ^ アトキンス, 橋本 & 荒井 2005, pp. 61-62
  11. ^ アトキンス, 橋本 & 荒井 2005, pp. 51-53
  12. ^ アトキンス, 橋本 & 荒井 2005, p. 62
  13. ^ 厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室 (2009年5月29日). “「日本人の食事摂取基準」(2010年版) (PDF)”. II 各論 1.エネルギー・栄養素 3 脂質. 厚生労働省. pp. 77-108. 2013年8月17日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]