アカギ 〜闇に降り立った天才〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカギ
ジャンル 麻雀漫画
漫画
作者 福本伸行
出版社 竹書房
掲載誌 近代麻雀
発表期間 1992年4月号 - 連載中
巻数 既刊28巻
アニメ:闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜
原作 福本伸行
総監督 佐藤雄三
シリーズ構成 高屋敷英夫
キャラクターデザイン 梅原隆弘
音楽 タニウチヒデキ
アニメーション制作 マッドハウス
製作 日本テレビ
放送局 日本テレビ
放送期間 2005年10月4日 - 2006年3月28日
話数 全26話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

アカギ 〜闇に降り立った天才〜』(アカギ やみにおりたったてんさい)は、福本伸行による日本の麻雀漫画。『近代麻雀』(竹書房)にて1992年から隔号(月1)連載中。

概略[編集]

同著者作品『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた作品。

他の作品同様、その人気の所以は人間の内面を事細かな心理描写をもって表されているところにあり、2014年現在、福本作品の中で最長連載期間を更新し続けている(単行本数は『賭博黙示録カイジ』シリーズの方が多い)。

心理描写が作品の中心ということだけあって、時に遅々として物語が先に進まないこともある。 著者の福本はテレビアニメ版のガイドブック上でのインタビューで「短くしたいと思っている」と語っていたものの、現在連載中の「鷲巣麻雀編」に至っては、作品内の設定では半荘6回の勝負であるが、「鷲巣麻雀編」が開始されてから15年以上経過した現在(2014年末現在)でも決着が着いていない。

2013年には決着を思わせる決定的な局面を迎えたものの、舞台は「地獄」に移り、「亡者回収マシンルンバ」「亡者もぐらたたき」などが登場する「鬼退治編」に突入。麻雀は完全に中断され、主人公がアカギから鷲巣となり、ブーツを履いた地獄の屈強な鬼たちと、死なない鷲巣たち亡者とのコミカルな戦いが約1年にわたり描かれ続けた。 その後、地獄からの脱出に成功した巨大鷲巣がアカギを求めて地上を攻撃する「進撃の鷲巣編」が近代麻雀誌上にて展開された。

2014年以降、鷲巣は地獄の幻想から目を覚まし、最終6回戦南4局が展開されようとしている(9話以上配牌の描写が続いているため局はまだ開始していない)。

福本は講演会において「鷲巣戦の後もストーリーは続けていく」との旨を発言しており、鷲巣戦終了がすなわちアカギ完結ではないことを示唆していた。

メディアミックス[編集]

1995年柏原崇をアカギ役として起用した『闘牌伝アカギ』(とうはいでんアカギ)、続いて1997年に同じく柏原崇がアカギ役を務めた『雀魔アカギ』(じゃんまアカギ)以上2作がVシネマ作品としてリリースされ、2005年には『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』(とうはいでんせつアカギ やみにまいおりたてんさい)として日本テレビほかにてアニメが放送された。さらに1996年にはVシネマ版、2002年には漫画版、2006年にはアニメ版、それぞれを元にしたコンピュータゲームが制作・発売された。

また、鷲巣を主人公にしたスピンオフ作品『ワシズ -閻魔の闘牌-』が原恵一郎によって漫画化、『近代麻雀オリジナル』2008年7月号から連載されている。

登場人物[編集]

「声 -」は、テレビアニメ版の声優、「演 -」 は、Vシネマ版で演じた俳優を表示。

主要人物[編集]

アカギ / 赤木しげる(あかぎ しげる)
声 - 萩原聖人、演 - 柏原崇
本作の主人公である白髪の少年。
麻雀・その他ギャンブルの天才。才気・精神性・運量、その全てが常軌を逸しており「悪魔」と比喩され、相手を呑み込むその打ち筋は「闇」、「ブラックホール」と銘打たれる。若年ではあるが、数々の修羅場をくぐり抜けていき、裏社会で伝説を築き上げていく。初登場時の1958年で13歳。その後6年後、さらに1年後の姿が描かれる。
狂気と無欲からくる独自の死生観を持ち、自らの判断と信念には一切迷わず命を賭ける。その生き方は死にたがりのようですらあるが、クールさの奥に真の勝負を希求する熱さを秘めている。
南郷(なんごう)
声 - 小山力也、演 - 尾藤イサオ
アカギが麻雀の世界に入るきっかけとなった人物。株の損やギャンブルで300万の借金を背負い借金返済するためにヤクザ相手に命がけの勝負をしていたときに、アカギと出会い命を救われた男。作中で様々な狂人・異才が登場する中、もっとも常識的な人間臭さが目立つ。アカギが市川に勝ったことで400万円(現在の紙幣価値で4000万)の大金を手に入れるもそこで自身とアカギとの勝負師としての違いに気づき、それ以降ギャンブルから足を洗う。その後石川に頼まれアカギに会いにいった。
安岡(やすおか)
声 - 玄田哲章、演 - 寺田農
刑事だが、暴力団ともつながりがある悪徳警官。元々アカギとは追う側と追われる側の立場だったが、アカギの才に触れて以降は対局場を用意するなどアカギのサポート役にまわる事が多い。自分が儲けるためにアカギを利用しているのだが、意外と人情に篤い部分もあるなど憎めない一面も持つ。
鷲巣麻雀ではアカギの下家に入り、鈴木同様基本的にはアカギへの差し込み牌を備える役目。アカギの意図を読み損ね、アカギの足を引っ張る事もある。
『ワシズ』に於いて若き頃の安岡らしき人物が登場している。また、原作・アニメでは刑事を続けていると見られるが、Vシネマでは昭和34年時点で刑事職を辞している。

ヤクザとその代打ち[編集]

竜崎(りゅうざき)
声 - 中田浩二、演 - 小木茂光
川田組のヤクザ。麻雀による素人殺しを生業としており、相当の打ち手と噂される。
南郷と勝負をしていたが、代打ちに入ったアカギの素人ながら並外れた才能に圧倒され、矢木を呼ぶ。アカギ曰く、圧力を背景にして手のすくんだ相手をとってきた二流の打ち手。
原作では市川戦にも同席している。
丸メガネ
声 - うすいたかやす
川田組のヤクザで、竜崎の子分。坊主頭でロイド眼鏡をかけ、図形の柄の入ったシャツを着ているのが特徴。
南郷、アカギとの対局では竜崎の上家に座っていた。アカギがイカサマの役満であがったときに制裁しようとしたが、刑事である安岡が見物していたため竜崎に止められる。アカギが勝ち続けることに危機を感じ、矢木を呼ぶことを竜崎に提案する。
矢木圭次(やぎ けいじ)
声 - 高木渉、演 - 松重豊
川田組が囲っている、アカギが初めて対局したプロの代打ち。竜崎の代打ちとしてアカギと対局する。突如電流が走ったことでアカギの才能を部分的に見抜き、「負けた方が、金の代わりに指を1本切り落とす」という脅しをかけた上、イカサマを用いる等念を入れて追い詰める。しかし逆にアカギにイカサマで反撃を受け、その後は完全に翻弄されてしまい、敗北。後にすぐ市川戦が始まったため、その後の消息や指が切られたかなどは不明。
黒崎(くろさき)
声 - 内田直哉
川田組の若頭。アカギとの対決の為に市川を用意した。対決前にアカギに寝返るよう交渉を行うが実質的に拒否され、アカギが交渉の対価として要求してきた拳銃を譲渡する。その拳銃はアカギが不良グループとの決着をつける為に使用された。
市川(いちかわ)
声 - 田中秀幸
老いた盲目の代打ち。矢木よりも2ランク上の代打ちで、実力はその世界でも五本の指に入ると言われている。矢木戦の5日後に竜崎の代打ちとしてアカギと対局する。徹底的な合理的思考と、自分のツモ山を完全に記憶し自在にすり替えるイカサマを武器に、アカギと死闘を繰り広げるが、最後は合理性を無視したアカギの罠にかかって敗北。黒崎からは「アカギには今後一切及ばない」という烙印を押された。
モデルは俳優の天本英世。『天』の続編である派生作品『HERO -逆境の闘牌-』にも登場している。アカギと対局したときからの時間の経過を考えれば市川本人であるはずがないとひろゆきも考えたが、その真偽は明らかにされなかった。
ニセアカギ / 平山幸雄(ひらやま ゆきお)
声 - 佐藤銀平
安岡が、アカギを騙らせて代打ち業をさせていた偽者。凄まじい記憶力と計算力を持ち、アカギとは違った意味での天才。だが、当のアカギ本人からは「凡夫」と評価される。計算や確率に依存しすぎたその性格が災いし、浦部戦にて惨敗。後に鷲巣麻雀で悲惨な最期を遂げ、ついにアカギ本人と対局することはなかった。
原作では、生きた姿が描かれたのは浦部戦が最後であり、再登場は山中に半分埋められた死体というむごい形だった。アニメでは、鷲巣麻雀で敗北した際に「死にたくない!」と絶叫する場面が描かれた。
川田(かわだ)
声 - 川久保潔、演 - 中尾彬
川田組の組長。安岡の紹介により、ニセアカギを組の代打ちとして迎え入れる。当初は確率を重んじる打ち手であるニセアカギを高く評価していたが、浦部との対局中、ニセアカギに勝負師にとって重要な「今一時の気持ち」の欠如を見出し、浦部の対戦者を本物のアカギに変更する。
石川が全く理解できなかったアカギの不可思議な打ち筋を少なからず見抜くなど洞察力が高い。
石川(いしかわ)
声 - 福田信昭
川田組の若頭。アカギが市川を倒した伝説の夜に居合わせた人物で、ニセアカギの真贋の判定をした。
浦部(うらべ)
声 - 風間杜夫、演 - 古田新太
藤沢組の代打ち。関西弁を喋る。ニセアカギ戦で当初いかにも弱そうに装っていたが、レートを倍増していって最終的に負けを取り返す、豪腕の麻雀打ちだった。ニセアカギと治はまるで寄せつけなかったが、アカギには危険を前にすると立ち止まって様子を見る“保留の麻雀”の本質を見抜かれ、そこに付け込まれて7万点のリードをひっくり返され敗北。
結局3200万の負債に加え、手の両指を折られるなどといった暴行を食らい。その報復でアカギに後の再戦を要求するも「今すぐに再戦し、アカギに勝ったら借金を肩代わり、敗れたら両手首を切断する」という条件の前に屈する。
アカギがいう所。結局浦部は命までかけられる博徒ではないからこそ“保留”の麻雀をし続けるだけの人間で死ぬまで本当の怒りを持てる人間ではないと断言される。
仰木武司(おおぎ たけし)
声 - 二又一成
山東組傘下・稲田組の若頭。元々は鷲巣に高レート麻雀の相手となる若者を紹介する「従順な羊」だったが、鷲巣の弱体化と安岡の誘いから鷲巣に牙を向け、鷲巣の全財産5億円(現在の貨幣価値で約50億円)を奪うため、アカギを刺客として鷲巣麻雀に送り込む。その際アカギが敗れて死んだ場合、自分の腕一本を落とす、という取り決めを鷲巣と行っている。鷲巣の命まで奪うつもりはなく、鷲巣の血抜きが1900ccに達する際には金で済まそうとした。
倉石(くらいし)
声 - 原康義
山東組傘下・倉田組の代貸。角刈りと厚唇が特徴。丁半博打で連勝するアカギに対して危機感を覚えており、逆恨みした壷振りが出した出目を間逆の答えとして、組員が暴挙に出たときにも黙認していたが、それを前後して安岡、仰木が強行突破し、その現場を押さえられる。仰木に「この細事を組長に知られることは恥」と諭されてアカギを引き渡す。

一般人[編集]

治(おさむ)
声 - 佐藤雄大
アカギが働いていた玩具工場の同僚。ソバカスが特徴。アカギの代わりとして川島らに給料を巻き上げられるも、自分がしたことの責任を人のせいにしないその態度をアカギに気に入られ、助けられる。以後アカギに魅せられて、彼と共に工場を辞め浦部との勝負にも同席。しかし仲井からアカギがどれほど別格であるかを語られ、付いていくことを止められた。
川島(かわしま)
声 - 黒田崇矢
玩具工場における治やアカギの先輩。仲間二人(田原:声 - 三宅健太、古谷:声 - 中村悠一)と共にイカサマ麻雀で新入社員の給料を巻き上げていたが、赤木の前に完敗。全財産を失い、暴力で取り戻そうとするもあっさり返り討ちに遭う。
仲井純平(なかい じゅんぺい)
雀荘などで得た金銭で生計を立てている男。強かでさっぱりした性格。九州弁を喋る。アカギの噂を聞きつけ、通し(自他の手牌を通報しあうイカサマ)を用いて彼に勝負を挑むも、敗北。アカギの力の本質を悟り、アカギについて行こうとする治を引き止めた。アニメ未登場。

鷲巣一派[編集]

鷲巣巌(わしず いわお)
声 - 津嘉山正種
アカギ究極の敵とされる、戦後の日本を裏から支配し巨万の富を築いた闇の帝王。1965年8月の時点で75歳。本作の裏主人公的な存在で、後述するエピソードや鷲巣側の目線で物語が進むことがある。
卓越した先見性と頭脳、そして神懸かり的な「剛運」をもつ別名“昭和の怪物”。戦前は内務省の官僚で特高に携わったが、ミッドウェー海戦を機に日本の敗戦を予見し退職。敗戦による日本の有り様を目の当りにしその後の人生を勝ちと定め覚醒する。戦後経営コンサルタント会社「共生」を設立、内務省時代に掴んだコネやスキャンダルを駆使して戦後の日本復興に多大な功績を残すと共に巨財と絶対的な権力を築き上げ、国家を闇から牛耳る「王」となった。しかし老いと死への絶望から狂い、「鷲巣麻雀」を仕立てて若者の命を弄び、それにより若者が敗れ死に絶える様を見ることを最高の愉悦とするようになった。
アカギの悪魔じみた打ち回しに唯我独尊的な傲慢さと死への怯えを突かれ度々してやられるものの、並外れた天運を持つアカギすら「運だけ比べたら話にならない」とまで言われる圧倒的な剛運を誇り、アカギが唯一自分の同類、神懸かり的に手強いと認めた実力者。剛運による好配牌と時折見せる神懸かり的なその打ち筋はアカギとは対極に「太陽」や「ホワイトホール」と銘打たれ、昏睡状態から復帰した際にはアカギから「最強」と評される。
合計1900ccに達する採血に際しては、金だけで済まそうとする白服や仰木に対し、血を抜かずに取り決めを反故にすることこそ鷲巣巌の死であると断じて血を抜かせた。現在、血抜きの影響で昏睡状態に陥り、地獄で大暴れする幻想を見た後、奇跡的に復活。アカギに自身の最強を証明すべく最後の勝負に挑む。
天 天和通りの快男児』での赤木の回想にも登場している。また鷲巣の過去をメインにしたスピンオフ作品『ワシズ -閻魔の闘牌-』の主人公でもある。
鈴木(すずき)
声 - 森川智之
鷲巣の部下の一人。鷲巣麻雀において鷲巣の下家として、鷲巣をサポートする役割を持つ。彼をはじめ鷲巣配下の黒服は、稲田組の黒服と区別するためか白いスーツを着ている。
対局中は自分のアガリは眼中になくひたすら差し込み用の牌を揃えることに従事する。地味ではあるがサポート役としては優秀で、鷲巣の意図を岡本以上に理解して打牌したこともある。
『ワシズ -閻魔の闘牌-』では元特攻隊員で先身性と頭の切れる逸材だった所から、勢力を広げる前の鷲巣がその類い希な資質に目をつけ配下にする過程が描かれた。当時のあだ名は「ハヤブサ」(日本陸軍の戦闘機・のパイロットだったため)。
岡本(おかもと) / 吉岡(よしおか)
声 - 三宅健太
鷲巣の部下の一人で、鷲巣の後ろで対局の様子を見守っている。いざとなれば鷲巣に助言をするが、アカギと鷲巣の対局のレベルについていけていない感があり、助言が逆に鷲巣の神掛かった直感を曇らせる展開が多々ある。鷲巣に仕えて十数年と発言している。アカギとの対局前に鷲巣の不興を買い、杖で殴られたために額に打撲痕があるのが特徴。アニメでは包帯をしている。
単行本8巻で鷲巣に岡本と呼ばれていたが、単行本11巻のナレーション部分では吉岡と呼ばれている(8巻、11巻ともに初版で確認)。だが、単行本18巻~の人物紹介では岡本と表記されている。アニメでは吉岡となっている。
田中(たなか)
鷲巣の部下の一人。鈴木・岡本を除く白服の中では比較的多い登場数だが、目立った言動は少ない。鷲巣の後ろ(岡本の左)で対局の様子を見守っている。
長らく名前は不明だったが、244話にて鷲巣に名前を呼ばれ判明。
酒井(さかい)
鷲巣の部下の一人。作中での描写は少なく、明確な立ち位置は不明(鈴木の後ろの場合が多い)。
仰木の腕が落とされかけた際に、身動きがとれぬよう捕まえていた一人。箱下用点棒を管理する場面もあった。
長らく名前は不明だったが、244話にて鷲巣に名前を呼ばれ判明。
山田(やまだ)
鷲巣の部下の一人。作中での描写は酒井以上に少なく、明確な立ち位置は不明。
仰木の腕が落とされかけた際に、身動きがとれぬよう捕まえていた一人。
長らく名前は不明だったが、244話にて鷲巣に名前を呼ばれ判明。

鷲巣麻雀[編集]

「鷲巣麻雀編」で設定された、「アカギ」作中におけるオリジナルの麻雀ルール。基本的なルールは以下。

  • 面子は鷲巣と対戦者が対面同士、そしてそれぞれのサポート役が各1名ずつ下家に入って計4人。2対2のタッグ戦となるため、互いにサポーターとの間でのコンビ打ちが認められている。
  • 同種牌4牌中3牌がガラス牌で、全員に牌が何なのかわかるようになっている。
  • 洗牌は半自動卓で行われ、山は積まず配牌ドラツモ(リンシャン牌含む)は卓の中央の穴から取り出す。盲牌を防ぐため皮の手袋を右手に着用する。ドラ表示牌は卓の隅に設置された、牌を4個まで収められる専用の台に置かれる。
  • 配牌の後に親がもう一牌引き、その牌をドラ表示牌とする。そのような取り決めだったはずだが、単行本17巻第149話以降はドラ表示牌を最初に引いた後に配牌を行っている。
  • 裏ドラは和了した後、中央の穴から取り出す。
  • 暗カン明カンがいくらあろうと、捨て牌の合計が70牌で流局である。山がないことによる不要な混乱を避けるため。
  • 鷲巣は現金、対戦者は血液を賭ける。レートは通常血液10cc=10万円=1,000点で、持ち点は各20万点(男性成人の平均的な流出致死血量が2000ccのため)。血液は和了時や半荘終了後の清算時、点数に応じ取り戻す事が出来る。
  • 特殊なご祝儀が存在する。本作上では鷲巣と対局者の間で点棒の授受があった場合、それとは別に同額の血液または現金を授受する。どちらを受けるかは和了った側が決める。なお、不聴・チョンボの罰符もこれに順ずるが、供託リーチ棒には適用されない。
  • 半荘終了ごとに清算となる。終了時それぞれ10-30の順位ウマと、トップにはオカとしてさらに2万点が加算される。そして、鷲巣と対局者との点差に応じ、血や金を支払う。生き残るか鷲巣の持ち金を全て奪えば対戦者の勝ち、奪った金を得る。死に至るまで血を失えば対戦者の負けである。対戦者が負けた場合、それまでに得た金は全て没収される。
  • 勝負は半荘6回。
  • メインとなるのはあくまで鷲巣と対戦者の勝負であるため、互いのサポーターが箱割れしても勝負は続行する。その場合、黒い点棒(箱下棒)で箱下清算を行う。

加えて、アカギとの勝負においては、以下の取り決めが追加された。

  • レートを10倍に上げる(血液2000cc=2,000万円=2万点)。
  • 半荘2回が終わった後は各回終了時に、続行か打ち切りかを鷲巣が決められる。
  • アカギが奪われた血液は全て戻すことなく破棄する(5回戦開始前)。
  • 誤ロン、誤ツモがあった場合、チョンボのマンガン払いはアカギ、安岡のアカギ陣営ならアカギの血液を、鷲巣、鈴木の鷲巣陣営なら鷲巣の残金を、それぞれ満貫の点数分支払う(6回戦開始前)。
  • アカギが鷲巣に順位で上回れぬ場合、その清算は金でなく必ず血液で支払う(6回戦開始前)。
  • 6回戦途中で鷲巣は資金が底を突いたため、アカギ同様に清算には血液を用いるようになり、レートはアカギと同じく100cc=100万円=1000点である。

プレイヤーが盲牌防止用の手袋を装着している為、ツモを行う際に指先の感触では牌の表裏を判別出来ない筈だが、それによって非透明牌の表側が他家に見えてしまう等のアクシデントは劇中では発生していない。

鷲巣麻雀のルールをそのまま出来る牌は、2003年に市川屋が“三透牌”として開発、販売開始した[1]。 また、アニメ放送開始の2005年10月から他社が「闘牌伝説 アカギ麻雀牌」の廉価バージョンを発売開始したが、こちらは当初著作者の版権を得ていなかった。

また、セガネットワーク対戦麻雀MJ4 Evolutionにおいて、「ガラス牌ルール」として、同様に同種牌4枚中3枚がガラス牌となったルールにおいてプレイ可能なモードが登場する[2]

アニメのDVD特典映像用に実際にプレイされた際は、透明牌を2枚に減らして撮影された。

単行本[編集]

『アカギ 闇に降り立った天才』 (近代麻雀コミックス 竹書房

  1. 「神域の闘牌」1992年4月24日発売 ISBN 4-88475-574-X
  2. 「異端の闘牌」1992年12月9日発売 ISBN 4-88475-620-7
  3. 「狂躁の闘牌」1993年9月29日発売 ISBN 4-88475-673-8
  4. 「哲理の闘牌」1994年6月27日発売 ISBN 4-88475-723-8
  5. 「狂瀾の闘牌」1995年4月17日発売 ISBN 4-88475-799-8
  6. 「逆理の闘牌」1996年1月27日発売 ISBN 4-8124-5005-5
  7. 「業火の闘牌」1997年7月10日発売 ISBN 4-8124-5138-8
  8. 「羅刹の闘牌」1998年4月27日発売 ISBN 4-8124-5193-0
  9. 「鬼神の闘牌」1999年2月27日発売 ISBN 4-8124-5281-3
  10. 「入神の闘牌」1999年11月27日発売 ISBN 4-8124-5333-X
  11. 「活眼の闘牌」2001年8月27日発売 ISBN 4-8124-5544-8
  12. 「夜叉の闘牌」2002年1月26日発売 ISBN 4-8124-5616-9
  13. 「死魔の闘牌」2002年6月27日発売 ISBN 4-8124-5670-3
  14. 「魔窟の闘牌」2003年3月27日発売 ISBN 4-8124-5792-0
  15. 「捻転の闘牌」2004年2月27日発売 ISBN 4-8124-5917-6
  16. 「邪気の闘牌」2004年9月27日発売 ISBN 4-8124-6022-0
  17. 「激浪の闘牌」2005年6月7日発売 ISBN 4-8124-6187-1
  18. 「曲折の闘牌」2006年2月27日発売 ISBN 4-8124-6436-6
  19. 「震駭の闘牌」2007年1月17日発売 ISBN 978-4-8124-6549-3
  20. 「悪霊の闘牌」2007年7月17日発売 ISBN 978-4-8124-6711-4
  21. 「決死の闘牌」2008年4月26日発売 ISBN 978-4-8124-6820-3
  22. 「魔境の闘牌」2009年2月17日発売 ISBN 978-4-8124-7035-0
  23. 「克己の闘牌」2009年10月5日発売 ISBN 978-4-8124-7165-4
  24. 「急転の闘牌」2010年6月11日発売 ISBN 978-4-8124-7287-3
  25. 「死地の闘牌」2011年7月27日発売 ISBN 978-4-8124-7640-6
  26. 「狂熱の闘牌」2012年7月17日発売 ISBN 978-4-8124-7744-1
  27. 「闇漠の闘牌」2013年7月17日発売 ISBN 978-4-8124-8344-2
  28. 「生滅の闘牌」2013年12月10日発売 ISBN 978-4-8124-8469-2

『アカギ 悪魔の戦術』 イラスト:福地 誠 (近代麻雀コミックス 竹書房)闘牌の解説本。

  1. 1999年05月17日発売 ISBN 978-4-8124-5282-0
  2. 2000年07月27日発売 ISBN 978-4-8124-5420-6
  3. 2001年07月27日発売 ISBN 978-4-8124-5539-5

Vシネマ[編集]

飯田譲治が製作総指揮を担当、監督舞原賢三が、アカギ役を柏原崇が務めた。

闘牌伝アカギ[編集]

1995年製作・発売。

スタッフ
  • 製作・発売:竹書房
  • 原作:福本伸行
  • 製作総指揮:飯田譲治
  • 製作:高橋一平
  • 監督:舞原賢三
  • 脚本:田辺満
出演


雀魔アカギ[編集]

1997年製作・発売。

スタッフ
  • 製作・発売:竹書房、タキコーポレーション
  • 原作:福本伸行
  • 製作総指揮:飯田譲治
  • 企画:伊藤明博、山地浩
  • 監督:舞原賢三
  • 脚本:田辺満
出演


テレビアニメ[編集]

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』と題して、2005年10月4日から2006年3月28日まで日本テレビほかの深夜に放送された。全26話。福本作品では初のアニメ化。現在はDVD-BOX2巻(DVD4枚x2・計8枚)にまとめられ発売中。2007年11月13日より、GyaOにてネットで初めて配信された。

基本的にストーリーは原作と同じだが、10年以上かけて連載された作品を26話に収めて放送したため、原作にあった台詞や場面が一部省略されている。いわゆる深夜アニメはほとんどが視聴率1〜2%という中で、4%前後という高視聴率を記録したが、原作も完結していないため、最終話は勝負の途中(5回戦目直前)で終了した。

ストーリーや麻雀のルール上、おかしな描写が散見できることから製作上のツメの甘さも指摘されている。近代麻雀に掲載された萩原聖人のインタビューで、萩原が第1話を確認したときに、牌描写のミスでアカギがフリテンになっていたことをスタッフに指摘して修正されたとの暴露話があった。なお、このような事態になったのは、制作に携わった韓国人スタッフが麻雀を理解していなかったためとの証言が近麻誌上にある。対戦相手が驚愕したときの顔面が曲線状にゆがむ表現など、原作の特徴を非常に忠実に再現している。福本漫画の代名詞とも言える傍観者の心理的なざわめきを表現した書き文字「ざわ…ざわ…」は通常再現されていなかったが、最終話で遂に「ざわ…」の文字が使われた。

麻雀を得意とする実写系の俳優が数多く出演している事もあり、DVDボックスでは原作者・福本と主な出演者が実際に普通のマージャンや鷲巣麻雀(鷲巣麻雀は福本未参加)を行った特典映像ディスクが付属されていた。本作を放送したCS系放送局・日テレプラス&サイエンス(現・日テレプラス)ではダイジェスト版が放送された。

2007年1月1日早朝(番組表上では2006年12月31日の放送に組み込まれている)、日本テレビでのみ全話を各勝負ごとにまとめて約130分に再構成した総集編『超アニメ!!闘牌伝説アカギ2006特別版』が放映された。番組の随所にはアカギ役の萩原聖人がナビゲーターとして登場、本放送当時の心境を語りつつ、各勝負の状況を解説した。

なお、同じ福本作品で同じ会社からアニメ化されることとなった『逆境無頼カイジ』の主人公伊藤開司も萩原が担当している。また、同作に登場する兵藤和尊も津嘉山が担当している。

声の出演[編集]


ゲスト出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 福本伸行
  • 監督 - 佐藤雄三
  • 監督助手 - 田中洋之
  • シリーズ構成 - 高屋敷英夫
  • キャラクターデザイン - 梅原隆弘
  • 色彩設計 - 大野春恵
  • 美術監督 - 横松紀彦
  • 撮影監督 - 奈良井昌幸、Jung,Hee-mok、Oh,Seong-ha
  • 編集 - 寺内聡
  • 音楽 - タニウチヒデキ
  • 音響監督 - 本田保則
  • プロデューサー - 中谷敏夫、田村学、丸山正雄
  • アニメーションプロデューサー - 篠原昭、白井勝也
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作著作 - 日本テレビバップ、フォアキャスト・コミュニケーションズ

主題歌[編集]

オープニングテーマ「何とかなれ」
歌 - 古井戸
  • オープニングとAパートの間で映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のテレビコマーシャルがオンエアされた。この両作は年代設定が昭和32年頃で、建設中の東京タワーが背景に登場しているという共通点を持つ。
エンディングテーマ
アカギ」(第1話〜第13話)
歌 - マキシマムザホルモン[3]
「S.T.S.」(第14話〜第26話)
歌 - アニマルズ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日
1 闇に舞い降りた天才 高屋敷英夫 佐藤雄三 伊藤智彦 Kim,Dong-joon 梅原隆弘 2005年10月4日
2 資質の覚醒 筆安一幸 田中洋之 Kim,Gi-du 2005年10月11日
3 異端の策略 鹿島典夫 繁田亨 高田晴仁 2005年10月18日
4 本物の無頼 浦畑達彦 増原光幸 長崎健司 Jang,Kil-yong 梅原隆弘
高田晴仁
2005年10月25日
5 裏切りの絶一門 伊藤智彦 Kim,Dong-sik 梅原隆弘 2005年11月1日
6 悪漢の資質 田中洋之 Kim,Gi-du 2005年11月8日
7 無邪気な悪鬼 増原光幸 島崎奈々子 Kim,Dong-joon 2005年11月15日
8 復活の前兆 広田光毅 高橋敦史 若林漢二 Jang,Kil-yong 2005年11月22日
9 天才の真贋 鹿島典夫 繁田亨 高田晴仁 2005年11月29日
10 逆襲の予告 筆安一幸 芦野芳晴 池田重隆 Kim,Dong-sik 2005年12月6日
11 絶望への布石 坂田純一 中村亮介 Kim,Gi-du 梅原隆弘 2005年12月13日
12 偶機の魔法 浦畑達彦 新留俊哉 島崎奈々子 Kim,Dong-jun 高田晴仁 2005年12月20日
13 風雷の軌道 青山弘 若林漢二 Kim,Dong-sik 梅原隆弘 2005年12月27日
14 羅刹の新章 高屋敷英夫 高橋敦史 四辻たかお Jang,Kil-yong 高田晴仁 2006年1月3日
15 逢魔が時 浦畑達彦 増原光幸 池田重隆 Oh,Eun-soo
Kim,Dong-sik
Jang,Kil-yong
高田晴仁
梅原隆弘 2006年1月10日
16 破滅の闘牌 筆安一幸 田中洋之 Jang,Gil-yong
Son,Gil-young
高田晴仁
梅原隆弘
2006年1月17日
17 異才の証明 広田光毅 島崎奈々子 Kim,Dong-jun 高田晴仁 2006年1月24日
18 呪縛の牌姿 新留俊哉 中村亮介 Jang,Hee-kyu 梅原隆弘 2006年1月31日
19 鬼神の昏迷 坂田純一 山内東生雄 Kim,Hyeon-joon
Kim,Dong-jun
高田晴仁 2006年2月7日
20 希望と愚行 浦畑達彦 若林漢二 Oh,Eun-soo
Jang,Gil-yong
梅原隆弘 2006年2月14日
21 一縷の幻想 筆安一幸 伊藤智彦 池田重隆 2006年2月21日
22 作為の足枷 島崎奈々子 Kim,Dong-jun 高田晴仁
梅原隆弘
2006年2月28日
23 剛運の威力 広田光毅 青山弘 佐藤雄三
田中洋之
若林漢二
Jang,Hee-kyu 梅原隆弘 2006年3月7日
24 魔物の意思 芦野芳晴 山内東生雄
島崎奈々子
Kim,Dong-sik 梅原隆弘
高田晴仁
2006年3月14日
25 殺意の誘惑 高屋敷英夫 田中洋之 Jang,Kil-yong
Kim,Dong-sik
2006年3月21日
26 狂気と闇と… 佐藤雄三 2006年3月28日

日テレ雀ニック[編集]

日テレ雀ニック(にっテレじゃんニック)はアニメの本編終了後、1分間放送されたミニコーナー。アニメ公式サイトでもこのコーナーの動画を配信している(よみうりテレビでは当初放送されていなかったが、第13話から放送されるようになった)。オーディションで選ばれた白雀ニック(岡村麻純)、發雀ニック(松木櫻子)、中雀ニック(今野陽佳)の3人でアカギのプロモーションや麻雀のイメージアップを目指す活動をしていた。

主な内容は、雀ニックが雀荘に入ってアカギをプロモーションしたり、アカギに出演している声優のインタビューなど。前半は雀ニックが実際に麻雀をする回もあったが、後半はアカギグッズなどの宣伝が多かった。

原作との相違点[編集]

  • 矢木が吸う煙草の銘柄がしんせいに変更されている。
  • 矢木との対局前に、不正が発覚した場合は腕を一本取るという取り決めがカットされている。
  • 黒崎(黒服)が市川に対しタメ口で話している(原作では「先生」と呼び、敬語で話している)。ただし、原作でも3巻の対局途中で黒崎は市川に対しタメ口で話し、市川は彼に敬語を使っている。
  • 浦部戦でアカギが和了を放棄した後の南二局一本場が省かれている。
  • 浦部戦後はすぐに鷲巣編が始まる為、仲井は未登場。
  • 鷲巣の部下である岡本の名前が、吉岡に変更されている。ただし、原作でも単行本11巻のナレーションで「吉岡」と呼ばれているシーンが一度だけある。
  • 岡本(吉岡)が額に包帯をしている。

放送局[編集]

放送局 放送日時 放送期間 備考
日本テレビ 火曜 24:50 - 25:20 2005年10月4日 - 2006年3月28日 製作局
札幌テレビ 金曜 26:35 - 27:05 2005年10月7日 - 2006年4月21日
中京テレビ 月曜 25:59 - 26:29 2005年10月17日 - 2006年4月24日
よみうりテレビ 月曜 25:43 - 26:13 2005年10月24日 - 2006年4月10日 MONDAY PARK 第1部
日テレプラス&サイエンス 水曜 24:30 - 25:00 他 2006年2月1日 - 7月3日 CS
MONDOTV 火曜 21:00 - 21:30 他 2011年10月4日 - 12月27日 CS 2話連続放送。再放送あり。
日本テレビ 火曜24:50枠
前番組 番組名 次番組
闘牌伝説アカギ 闇に舞い降りた天才

ゲーム[編集]

闘牌伝アカギ(ゲーム)[編集]

1996年にマイクロネットからプレイステーション用・3DO用ソフトとして発売。Vシネマ版を元にしており、ゲーム中ではVシネマの映像をそのまま使用している。

アカギ 〜闇に降り立った天才〜[編集]

2002年12月12日ディースリー・パブリッシャーからプレイステーション2用ソフトとして発売(開発は、)。漫画を元に製作されており、アカギ役を草尾毅、ナレーションを池田昌子が担当。2004年10月14日SIMPLE2000シリーズ Ultimateとして廉価版が発売されている。鷲巣はエンディングに一瞬だけ登場する程度の扱い。

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜[編集]

2006年3月3日カルチャーブレーンからゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売。アニメを元に製作されている。ストーリーモードでは対局開始時にミッションが提示され、達成できないとゲームオーバーになる。また、配牌や自摸牌の流れが再現されている局がある。例を挙げると、ストーリー序盤で三元牌が2枚ずつ配牌される局があり、相手の捨て牌をわざと鳴かずに見逃すと、警察の乱入で対局が中断されている隙に牌をすり替えて手牌が大三元四暗刻聴牌になっているという、原作通りのイベントが発生する。危険牌にカーソルを合わせた時、牌の上に「ざわ」という文字を出すことで絶対に振り込まないという部分を再現している(相手の捨て牌からの予測機能ではなく、100%当たり牌)。

闘牌伝説アカギDS 〜闇に舞い降りた天才〜[編集]

2007年8月9日にカルチャーブレーンからニンテンドーDS用ソフトとして発売。ゲームボーイアドバンス版と同様、アニメを元に製作されている。内容はほぼ同様だが、GBA版になかった鷲巣麻雀が入っている、卓と手牌が別々の画面で同時表示される、イベントシーンがフルボイスになっているなど、DSの機能を活かしつつ改良されている。チーム戦では2キャラ同時に操作し、コンビ打ちができるようになっている。

アカギ鷲巣麻雀[編集]

2014年3月5日イマジニアからスマートフォン向けサービス「auスマートパス」で配信。3D麻雀アプリ。

関連商品[編集]

麻雀牌[編集]

三透牌(さんとうはい)TM[1]
販売:市川屋
2003年より発売開始。鷲巣麻雀ができる日本製麻雀牌。手袋、ドラ表示台、専用卓は付属していない。
闘牌伝説 アカギ麻雀牌
販売:(有)せいらく
2006年より専用牌として発売開始。© 福本伸行 / 竹書房・VAP・4cast・NTV

テレビアニメ[編集]

闘牌伝説アカギ DVD-BOX 覚醒の書
2006年3月24日発売、1〜13話収録
特典映像『夢の闘牌・アカギ杯グランプリファイナル』(約135分)(参加者:福本伸行/萩原聖人/風間杜夫/玄田哲章)※通常の麻雀
闘牌伝説アカギ DVD-BOX 羅刹の書
2006年5月24日発売、14〜26話収録
特典映像『鷲巣麻雀最強位決定戦』(約122分)(参加者:萩原聖人/津嘉山正種)※鷲巣麻雀ルールによる一対一勝負

パチスロ[編集]

アカギ〜永続の闘牌〜
2008年10月、藤商事より発売

パチンコ[編集]

CR闘牌伝説アカギ 狂気編/覚醒編
2008年11月、奥村遊機より発売
CR闘牌伝説アカギ2 死闘編/狂気の沙汰編/神域編
2012年10月、奥村遊機より発売

その他[編集]

  • 大戦乱!!三国志バトル - gloopsMobageで提供しているソーシャルゲームに2014年8月より期間限定で描き下ろしカードが登場した。
  • 戦国大戦 - セガのアーケードトレーディングカードゲームに2014年9月以降稼働のバージョン3.0より赤木しげると鷲頭巌がそれぞれ真田幸村と徳川家康に扮した描き下ろしカードが登場した。声優はアニメ版とは異なる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 市川屋. “三透牌”. 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ 雀荘モードの雀荘「廃倉庫」が該当。
  3. ^ メンバーの一人であるマキシマムザ亮君はアカギのファンである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]