アンネの日記 (1995年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンネの日記
監督 永丘昭典
脚本 紺野八郎
ロジャー・パルヴァース
原作 アンネ・フランク
製作 荒木正也
製作総指揮 古谷昭綱
安藤清
後藤亘
長瀬文男
大野茂
音楽 マイケル・ナイマン
撮影 山口仁
編集 尾形治敏
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年8月19日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

アンネの日記』(アンネのにっき、英題:The Diary of Anne Frank)は、1995年に劇場公開された日本のアニメーション映画作品。第二次世界大戦中、実在したユダヤ人少女アンネ・フランクが潜伏生活中に書き続け、今も世界中で読み継がれている『アンネの日記』をもとに製作された。財団法人日本ユニセフ協会推薦作品にもなっている。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦下のオランダアムステルダム。そこに暮らすユダヤ系の人々は、いつくるともしれぬ“反ユダヤ政策(ユダヤ人狩り)”の恐怖に脅えていた。そんな家族の一つ、フランク家の13歳の少女アンネの家族にも、ある日“呼び出し”がかかった。

その日のくる事を予想していたアンネの父オットー・フランクは、あらかじめ用意してあった“隠れ家”へ家族を伴って移り住む。そこはとある事務所の屋根裏部屋。人目のある昼間は息を殺して過ごすような辛い生活の中でも、アンネは両親からもらった日記に希望を書き綴ることによって、その明るさを失わずに過ごしていたのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]